ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」”はじまりの巨人”ゲネプロレポート

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」”はじまりの巨人”ゲネプロレポート

4月28日(土)日本青年館ホールにてハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝はじまりの巨人"が開幕! 2015年11月からシリーズ5作品目(再演を含むと6作品目)を上演し、今作ではいよいよ春高予選の模様を描きます。果たして烏野高校は勝ち上がることができるのか――!? ゲネプロレポートから見どころをお送りします!

次世代"小さな巨人"対決!!

物語は夏の東京合宿後からスタート! 合宿で大きな進化を遂げた烏野高校のメンバーたち。日向翔陽(須賀健太さん)影山飛雄(影山達也さん)も新たな技を手に入れ、ついに春高予選に挑みます。しかし、春高に出場するためには超高校級エース・牛島若利(有田賢史さん)がいる白鳥沢学園高校を倒さなければいけません。ひょんなことから牛島と遭遇した日向と影山は、宣戦布告をしますが――!?

タイトル〝はじまりの巨人"とあるように、今作は日向が幼い頃に憧れてバレーボールを始めたきっかけでもある〝小さな巨人"に改めてスポットが当たります。日向と同じく〝小さな巨人"に憧れる和久谷南高校の中島猛(柳原凛さん)は、そのプレイスタイルから今最も〝小さな巨人"に近いと言われる存在。日向と中島、どちらが次世代の〝小さな巨人"となるのか……。文字通り〝空中戦"となる二人の戦いは圧巻です!

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」”はじまりの巨人”ゲネプロレポート numan(ヌーマン)

縁の下の力持ち……縁下力に注目!

烏野高校の2年生・縁下力(川原一馬さん)は、同級生の田中龍之介(塩田康平さん)西谷夕(渕野右登さん)に比べると地味で目立たない存在。しかし、和久谷南高校との戦いでは、負傷した主将・澤村大地(田中啓太さん)に代わって試合に挑むことに!

縁下の中で負い目となっている過去の出来事をはじめ、突然の出番に戸惑い萎縮する彼の心情が舞台上で細やかに描かれます。強いだけではない、弱さも持ち合わせた彼だからこそ見えるもの、できることがある――。試合の中で見せる彼の成長と、初演から縁下を演じ続けてきた川原さんの想いのこもった熱い演技は、多くの人の胸を打つことでしょう。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」”はじまりの巨人”ゲネプロレポート

烏野、条善寺、和久谷南、各高校のカラーを引き出す演出!

さまざまな表現でスピーディーに展開する試合シーンは、演劇「ハイキュー!!」の魅力の一つ。前半で烏野高校は、〝誰よりも遊ぶ"をモットーにしたお祭りチーム・条善寺高校と戦います。主将・照島遊児(船木政秀さん)を中心とした型にはまらないプレイスタイルに、日向たちは翻弄されることに……。そんな条善寺高校のプレイスタイルを、舞台上では激しいアクロバットで表現。条善寺メンバーの身体能力の高さが存分を活かした演出となっています。

一方、後半戦の相手となる守りと連携に優れたチーム・和久谷南高校はヒップホップ系のダンスを中心とした演出。キレのある揃った動きでチームの団結力を表現します。さらに東京予選の音駒高校と梟谷学園高校の試合も、鏡を使った新しい表現で描かれます。
同じバレーボールの試合でも、ここまでカラーの違う試合となるとは驚き! また、その試合の中で披露されるそれぞれの技、そして演出にも注目です!!

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」”はじまりの巨人”ゲネプロレポート numan(ヌーマン)

史上最多33名の個性豊かなキャスト!

今作は史上最多となる33名のキャストが出演し、キャラクター総数は60を超えるそう! 烏養繋心コーチを演じる林剛史さんが祖父・烏養一繋監督を演じるなど、クスッと笑える配役もあるので、キャラクターの隅々までぜひチェックしてみてくださいね♪

さらに青葉城西高校の及川 徹(遊馬晃祐さん)岩泉一(小波津亜廉さん)、伊達工業高校の青根高伸(新井將さん)二口堅治(木村敦さん)といった面々も映像で登場します。ステージ上との掛け合いも絶妙で、より効果的にスクリーンの彼らの存在を光らせていました!

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」”はじまりの巨人”ゲネプロレポート numan(ヌーマン)

18 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!