広告をスキップ

東京・大阪にて待望の再演!! 千秋楽にはライブ・ビューイング開催も! 舞台『クジラの子らは砂上に歌う』初日挨拶&公開ゲネプロレポート

砂の海に浮かぶ漂泊船“泥クジラ” チャクロは、まだ見ぬ外の世界に思いを馳せていた

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』

砂がすべてを覆い尽くす世界。砂の海に浮かぶ巨大な漂泊船“泥クジラ”で暮らす人々の多くは、印(しるし)と呼ばれる、感情を発動源とする超能力“サイミア”を操る、30歳前後で亡くなってしまう短命の種族だった。
下界から閉ざされた”泥クジラ”で短い一生を終える住人たちは、外の世界を知らずに生活していた。
印の少年・チャクロ(赤澤燈)は、祖父から“ハイパーグラフィア(過書の病)”と言われたほど、記録したい衝動を抑えられない病を持つ、泥クジラの記録係。
一方、スオウ(崎山つばさ)は、数少ない無印(むいん)のひとり。印と違い長生きができるため、次期首長の呼び名も高い、リーダー候補だった。「あーあ、もっと泥クジラの記録が残っていたらな。なぜ、泥クジラは砂の海に沈まないの? 海の底には何があるの? もっと記録が残っていたらな。だから俺は未来のために書くんです!」とチャクロ。泥クジラでの日常を記録し続けているチャクロは、まだ見ぬ外の世界に思いを馳せていた。
初演から原作ファンの評価が高かった赤澤さん演じるチャクロ。優しくてキュートな少年ぽさも健在です。

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』

リコスとの出逢いが、泥クジラの運命を大きく変えることに!!

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』

ある日、流れてきた廃墟船で傷ついたひとりの少女(前島亜美)を保護したチャクロ。そのシーンと共に、舞台テーマ曲『スナモドリ』が流れ、登場人物ひとりひとりの紹介と幻想的なオープニング映像が映し出された。
サミ(高橋果鈴)は、その感情がない少女を“リコス”と名付けて仲良くしようとする。チャクロたちはリコスを泥クジラの一員として歓迎し、スオウは、まずはこのことを長老会に報告することにしたのだった。
チャクロたちにとって、リコスの存在が外の世界への憧れをより強いものとするが、その出会いがチャクロの、そして泥クジラの運命を大きく変えることになる……。

オルカがアパトイアを使って泥クジラを襲撃しようとしていた!!

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』

そんな折、泥クジラでは、規則を破ったものに対して“体内”という場所で謹慎するという厳しい掟があった。
謹慎期間が解けたオウニ(財木琢磨)たちの立会いをしたスオウは、オウニにもリコスの存在を話した。人一倍、外の世界への憧れが強いオウニは過敏に反応し、長老会の決定で拘束されるはずだったリコスを連れ出した。
オウニは道案内のためチャクロも道連れにリコスが流れ着いた島へと向かった。そこには“ヌースリコス”という魂の塊があり、「この生き物は人間の感情を食べる」と、リコス。さらに、「あなた方が知りたがっている外の世界の人は、感情のないアパトイアを使って戦争を続けている」と話し、外の世界に憧れを持っていたオウニは愕然とする。
その、感情を持たない人形兵士・アパトイアを率いる軍団を指揮するオルカ長官(伊万里有)の作戦は、まさに今、決行されようとしていた。アパトイアながらも感情過多の異端児・リョダリ(伊崎龍次郎)たちは泥クジラを襲撃しようとしていたのだ。
そんな中、3年ぶりの発光するバッタの群れ“飛行”を喜ぶ泥クジラの人々。お互いに好意を持っているチャクロとサミも幻想的な光景に目を奪われるのだった。

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』

その後、泥クジラの人々が一方的にアパトイアたちに襲われ、サミはチャクロの身代わりとなり撃たれ……。リコスから襲撃者は彼女の祖国・帝国の軍隊であること、そして、7日後にまた襲撃されるということが聞かされたチャクロたち。
そして新首長となったスオウは長老会から、帝国と泥クジラの悲しい歴史を聞かされた。そして、「泥クジラを砂の海に沈め、最後の首長として、誇りある死を目指してくれ」と指令される。感情を持ち始めたリコスは、兄・オルカを裏切り、帝国と戦うことを心に決め、スオウはチャクロたち泥クジラの人々と長老会とは別の決断をする。
戦う力は弱いけれど、首長として人一倍強い意思を持つスオウ。崎山さんの演技が、原作のスオウをよく表現していました!!

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』

舞台では、巨大な砂漠や泥クジラと呼ばれる漂泊船が登場する壮大なスケールの世界観や、財木さん演じるオウニなど、登場人物の個性も活き活きと描かれ、そして“サイミア”と呼ばれる超能力を使った戦いのシーンも2.5次元舞台ならではの演出でした。
また、舞台上に角度をつけた砂の表現や、幻想的な照明、白い布を多用した躍動感ある演出も、原作の持つファンタジーで繊細な情景を再現して描かれていました。

まとめ

ゲネプロ前に行われた初日挨拶にはチャクロ役の赤澤燈さん、リコス役の前島亜美さん、オウニ役の財木琢磨さん、オルカ役の伊万里有さん、シュアン役の有澤樟太郎さん、リョダリ役の伊崎龍次郎さん、サミ役の高橋果鈴さん、ネリ/エマ役の大野未来さん、スオウ役の崎山つばささんが登壇しました。

以下、キャストコメント

■赤澤燈さん(チャクロ役)
初演から僕はチャクラ役を演じさせていただいていますが、昨年からアニメも放送され、再演ということは、この作品がとても盛り上がっているということ。そしてこんなに素敵なキャストとスタッフさんと今こうして舞台を作れているということは、とても奇跡的なことだと思っていて何より感謝しております。この舞台を初演から背負ってきた身として、初演のメンバーの思いやここにいるみんなと新しい『クジ砂』を作って、来てくれるお客さんのために、お客さんの心の記録にずっと残るような舞台にしていきたいと思います。

■前島亜美さん(リコス役)
私も初演に引き続き出演させていただきますが、2年という時間が経って、『クジ砂』、そして、砂の海に出会えたことを心から嬉しく思っております。この2年の間で『クジ砂』への愛が本当に深くなりました。その上でみんなの成長を持ち寄って、さらに新しいキャストの皆さんと新しく、より深い『クジ砂』を届けようと日々稽古をしてきました。観てくださった皆さんが誰かのことを思うような素敵な時間にできるように、カンパニーみんなで精一杯頑張りたいと思います。

■財木琢磨さん(オウニ役)
誰一人ケガをすることなく、この公演を大阪の千秋楽まで頑張っていきたいというのと、オウニは泥クジラの中ではヒーロー的存在だなと思っていまして、最後まで強く戦っていきたいと思ってます。

■伊万里有さん(オルカ役)
オウニが泥クジラのヒーローであれば、僕(が演じるオルカ)は帝国側のヒーローでございます。オウニ役の財木くんとの戦いがあるので、そこが見どころかなと思います。そして僕は再演から参加させていただくのですが、初演を観て本当に感動して、“この作品いいな”と思っていた舞台に立つことができたので本当に嬉しいです。

■有澤樟太郎さん(シュアン役)
僕も再演からの参加になるのですが、シュアンという色気あり、魅力のあるキャラクターを演じるにあたって、稽古中、何度も苦戦することがありましたが、稽古を重ねるたびに、皆さんのアドバイスをいただきながら解消されていき、今は120パーセント自信を持っています。見どころは、僕が観ても涙ぐんでしまうシーンがたくさんありますし、オウニやシュアンの強い者同士の戦いも見どころにしたいと思います。

■伊崎龍次郎さん(リョダリ役)
約2年前はこの劇場で客席から観ていたのが、今はこの場に立っているのがとても不思議な気持ちと幸せな気持ちの両方で、役者をやっていて良かったなという気持ちでいっぱいです。その気持ちを千秋楽までぶつけたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

■高橋果鈴さん(サミ役)
私自身、『クジ砂』の世界観が好きだったので、この世界観の中で演じてみたいとずっと思っていた作品に今回出演できたことは、夢が叶ってとても嬉しい気持ちでいっぱいです。サミというキャラクターは、泥クジラの中でも元気で明るくて、でもちょっとワガママなところや、しっかりした部分も持っている子なので、サミちゃんのいろんな表情を出せていけたらなと思いますし、人と人との関係性も見せていけたらと思います。

■大野未来さん(ネリ/エマ役)
この作品の再演ができたということは、本当にこの作品を愛して、支えてくださる皆さまがいてのことだと思います。この感謝をしっかり忘れずに、最後までこのカンパニー全員、誰一人抜けることなく頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします。

■崎山つばささん(スオウ役)
千秋楽までキャストみんなが全力で生きていくことは間違いないと思っています。再演ですが、ひとりひとりが一から作り上げて、チャクロがサミのことをどう思ったりとか、人が人を思う気持ちを細かいところまで作って今日を迎えています。なので、そんな細かい部分まで観ていただけたらいいなと思いますし、記録というものがとても大事な今回の作品ですが、皆さんにも心の記録として、この舞台を持って帰っていただけたらいいなと思い、演じたいと思います。最後までよろしくお願いいたします。

東京公演は1月25日(木)~28日(日)まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyo、大阪公演は2月2日(金)~4日(日)まで大阪・サンケイホールブリーゼにて行われ、2月4日(日)の千秋楽は全国の映画館にてライブビューイングも実施される。また、オリジナル楽曲CD付きのDVDとBlu-rayが4月18日(水)に発売されることが発表された。

取材・文●富田陽美(トリーヌ)

■DATA

舞台『クジラの子らは砂上に歌う』
公演期間 【東京】2018年1月25日(木)~28日(日)
【大阪】2018年2月2日(金)~4日(日)全13公演
※2月4日(日)17時30分~ ライブ・ビューイング開催決定!
キャスト 赤澤燈/前島亜美/財木琢磨、伊万里有、有澤樟太郎、伊崎龍次郎/高橋果鈴、大野未来/崎山つばさ ほか
劇場 【東京】AiiA 2.5 Theater Tokyo
【大阪】サンケイホールブリーゼ
原作 梅田阿比『クジラの子らは砂上に歌う』(秋田書店「月刊ミステリーボニータ)
脚本・演出 松崎史也
公式サイト http://kuji-suna-stage.com/
Copyright ©梅田阿比(月刊ミステリーボニータ)/舞台「クジラの子らは砂上に歌う」製作委員会/引地信彦

IMAGE

numan編集部

声優、アニメ、舞台、ゲームまで!オタク女子のための推し活応援メディア

オタ腐★幾星霜