櫻井圭登、末原拓馬、三上俊ら出演!"浪漫活劇譚『艶漢』第ニ夜"公開ゲネプロレポート

櫻井圭登、末原拓馬、三上俊ら出演!"浪漫活劇譚『艶漢』第ニ夜"公開ゲネプロレポート
尚月地さんによるマンガ『艶漢』原作の舞台"浪漫活劇譚『艶漢』第ニ夜"が2017年12月13日(水)に六本木・俳優座劇場で開幕しました。キャストは、櫻井圭登さん、末原拓馬さん、三上俊さんらが出演。ここでは上演初日公開ゲネプロのレポートをお伝えします。

"浪漫活劇譚『艶漢』第ニ夜"が開幕!

浪漫活劇譚『艶漢』第ニ夜

尚月地さんによるマンガ『艶漢』を原作した舞台"浪漫活劇譚『艶漢』第ニ夜"が2017年12月13日(水)に六本木・俳優座劇場で開幕しました。

原作マンガ『艶漢』は、柳腰の美少年で傘職人の吉原詩郎と、真っ直ぐで正義感の強い巡査・山田光路郎、詩郎の兄貴分で絶大な色香を放つ吉原安里を中心に、アンダーグラウンドな物語が繰り広げられます。
エログロが激しい世界感に実写化不可能と言われていましたが、満を持して2016年3月に第一弾"浪漫活劇譚『艶漢』"が上演。演出、脚本、舞台美術、衣装、メイク、役者の演技力によって見事忠実に表現され、大きな話題となりました。

第二弾の今作では第一弾に引き続き、櫻井圭登さん(吉原詩郎役)、末原拓馬さん(山田光路郎役)、三上俊さん(吉原安里役)、田上真里奈さん(六口役)、林野健志さん(橘伸三役)らが続投。新たに野田裕貴さん(若林剣一役)、狩野和馬さん(湯上役)、村田亘さん(佐倉春澄役)、加藤良輔さん(内海明人役)が加わり、より一層『艶漢』の世界観を豪奢に描きます。

ここでは"浪漫活劇譚『艶漢』第ニ夜"のゲネプロレポートをお届けします。

詩郎と光路郎の深い信頼関係、彼らにさまざまな魔の手が押し寄せる

浪漫活劇譚『艶漢』第ニ夜

今作では次々と起こる行方不明事件を光路郎と詩郎が探っていくことから物語が展開していきます。
光路郎は手がかりを探す中、元罪人たちを集めては更生を勧める慈善塾を開く湯上の元に訪れることに。
そこでは人は罪を犯しても、変っていける! と断固として意見を変えない湯上がいて、さらには元罪人たちがうろつくきな臭い場所。
人を疑いきれない無防備な光路郎と、悲惨な生い立ちゆえに人を疑ってかかる詩郎の考えがぶつかってしまいます。


浪漫活劇譚『艶漢』第ニ夜

今作の詩郎は、自分の醜い過去や中身を知られたくない! という気持ちが全面に出ているように思えます。
全てを伝えてしまいたくて、でも伝えてしまったら捨てられてしまうのでは、呆れられてしまうのでは……そして自分の過去に巻き込んでしまうのでは、という葛藤が生じるのです。

そんな詩郎を察する光路郎は、まさに太陽のような存在。
高い背をかがめて顔を寄せる光路郎に、きっと詩郎も救われたことが何度もあったのでしょう。




浪漫活劇譚『艶漢』第ニ夜

詩郎と光路郎に訪れる魔の手は、味方だと思っていた警察仲間・若林からも伸びます。
若林お得意のエロい妄想に、詩郎と光路郎、さらには春澄までが犠牲に。抱き合ったりまさぐったり頬をスリスリしたり……。
なかでも若林が詩郎を全裸にひん剥いて、柳腰を撫で回し、詩郎を喘ぎに喘がせるシーンは見もの。舞台の見どころの1つといっても良いでしょう。



浪漫活劇譚『艶漢』第ニ夜

六口にもぜひご注目ください。
純白ナース美女と字面はとても良いですが、内面はとにかくドS。原作で安里を高いヒールで踏みつけたり、酷く罵ったりしていますが、舞台でも遺憾なく発揮されていました。
前作を見ている人ならわかると思いますが、今作ではさらにしっくりとくるドS加減。ですが、安里のことがどうしようもなく大切で仕方がないのが手に取るようにわかります。



27 件

Comment

コメントはまだありません

この記事のタグ