真田佑馬「心をポカっと温かく」梅津瑞樹・北川尚弥ら出演『27 -7ORDER-』開幕オリジナルレポート!

続いて、演出の丸尾さんに「この公演の見どころは」という質問が送られ、この舞台のきっかけの話に。
丸尾「真田くんと初めて会った時にどういう舞台にしよう、という話になり、“愛と暴力とセックス”みたいな」
(真田さん、膝に手をついて笑う)
丸尾「そういう尖った舞台にしてやろうと、いう話から始まったんです。でも、昨日どんな舞台なんだろうと思ったら“親と夢と仲間”というあったかーい舞台になっていて(笑)」
真田「僕の人柄ですかね(笑)」
丸尾「でもこれが、僕たちが今大切にしてることなのかな、と思っています」
と、この作品とこの作品のカンパニーが持つ温かさを感じさせるやり取りも。
さらにこの後、“二役”について質問が飛ぶと、
真田「難しいです。でも、出番が終わってハケてまた出てくるのではなく、着替える瞬間も舞台上にいる形なので、そこもぜひ見てもらいたいです。一瞬で父親になって、一瞬でまた息子に戻って、というその切り替えもすごく面白いなと僕は思っています。その中で父と息子がどうやって人生を歩んでいったのか、楽しんでいただけたら嬉しいなと思います」と、時を超えた父と息子を演じる思いを語ってくれました。
また、今作はバンドシーンが見どころの一つ
定本「実際にスタジオに入って練習しましたよね」
真田「スタジオの中、汗で蒸気がすごくなって煙みたいに(笑)。でも、(練習の)最後にバンドを指導してくださった方がひと言“バンドっていいな”ってつぶやいてくれたんです。すごく印象的でした」
とバンド練習のエピソードを披露。今作に登場する曲のうち「Love Shower」「27」といった楽曲は真田さんの作詞・作曲によるもの。こちらも舞台の見どころ(聴きどころ)ポイントになっています。
20 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは