EXILE橘ケンチが京極夏彦の家で…!? 舞台『魍魎の匣』囲み会見レポート 北園涼ら出演

掲載/更新 0
EXILE橘ケンチが京極夏彦の家で…!? 舞台『魍魎の匣』囲み会見レポート 北園涼ら出演
EXILE/EXILE THE SECONDの橘ケンチさん主演の舞台『魍魎の匣(もうりょうのはこ)』 が2019年6月21日(金)、東京・天王洲銀河劇場にて開幕! 北園涼さんら他キャストも登壇した、ゲネプロ囲み会見の様子をお届けします。
IMAGE
京極夏彦氏による小説「百鬼夜行シリーズ」のなかでも人気の高い、『魍魎の匣(もうりょうのはこ)』が舞台化!
主人公・中禅寺秋彦役EXILE/EXILE THE SECONDのメンバーである橘ケンチさんが、美男子でありながら常識外れのキャラクターが原作で人気の探偵・榎木津礼二郎役北園涼さんが演じることでも話題です。

橘さんを筆頭に、内田朝陽さん、高橋良輔さん、北園涼さん、高橋健介さん、紫吹淳さん、西岡德馬さんらキャストが揃った、ゲネプロ囲み会見の様子をお届けします!

舞台『魍魎の匣』囲み会見レポート EXILE橘ケンチ、北園涼ら出演 写真1

(上段左より)高橋健介さん、内田朝陽さん、高橋良輔さん、北園涼さん(下段左より)松崎史也さん、紫吹淳さん、橘ケンチさん、西岡徳馬さん

“歪んだ愛”によって、どのような“匣”が開くのか……?

――初日へ向けた意気込みをお願いします。

橘ケンチさん(中禅寺秋彦役)
いよいよ初日を迎えますが、1ヶ月積み上げてきた稽古や思いを、お客様に届けられることを嬉しく思っています。どのような匣が開くのか楽しみにしていただきたいです。

内田朝陽さん(木場修太郎役)
残酷な表現やホラー要素もありますが、文学的で言葉が面白くて。橘さんをはじめ、役者さんの皆さんが色っぽい作品だと思います。舞台を観て何か感じていただけるように務めたいと思います。

高橋良輔さん(鳥口守彦役)
素敵な言葉を台詞としてたくさんいただいておりますので、一つ一つ大切に、皆さんにお届けできたらと思っております。

北園涼さん(榎木津礼二郎役)
舞台で行われていることではありますが、身近に起こり得る内容になっています。なので、観ていただいたお客様が何を思って帰るのかが楽しみです。フラストレーションとして、子供のようにはしゃげたらと思います。

高橋健介さん(鳥口守彦役)
個人的な話なのですが、最近は歌・ダンスのある舞台が多かったので、久しぶりの「言葉が多い作品」です。それが魅力の一つだと思うので、言葉としての楽しさを味わっていただけたら嬉しいです。
紫吹淳さん(柚木陽子役)
(これまで出演した)舞台は「愛」をテーマにした、ハッピーな作品が多かったのですが、そう言った意味で、今回は「歪んだ愛」というか……。こんな愛の表現があるんだな、と、私自身の扉を開いていただいた気持ちがあります。

西岡德馬さん(美馬坂幸四郎役)
魍魎の匣という作品は傑作なのですが……。北園さんが「あり得る」と言っていましたが、「あり得られたら困る」と思うほど人間の発想ではなかなかできない仕組みになっているので、その仕組みに負けないように芝居をしないといけないなと感じています。
個人的には、エネルギーある演技を皆さんにお見せしたいです。

演出・松崎史也さん
フィクションやエンターテインメントの大きな役割の一つに、現実世界を生きる人の支えや生きる力になることがあると思っているのですが、そんな思いが加わればな、と思います。
橘ケンチの代表作になると思っていますし、このメンバーでシリーズを続けたいと思うくらい、充実した稽古でした。幕が開いてからの評価にもよると思うので、宣伝お願いします!(笑)

舞台『魍魎の匣』囲み会見レポート EXILE橘ケンチ、北園涼ら出演 写真2

舞台『魍魎の匣』ビジュアル

京極夏彦先生のお宅へ訪問!思わぬプレッシャーも

――京極夏彦先生とのエピソードなどはありますか?

橘さん
僕はこの舞台を通じてはじめてお会いしたのですが、今年が作家生活25周年ということで、舞台化を喜んでくださって。なんと、顔合わせにもわざわざ来てくださり、ありがたい言葉をいっぱいいただきました。
その中でも感動したのは「皆さんの思う『魍魎の匣』をやってください。それが面白ければ何もいうことはないです」で……。その言葉に責任やプレッシャーも感じましたが、これだけ先生に託していただいたので、改めて気合いが入りました。

そのあと、幸運にも先生のご自宅に伺わせていただく機会がありまして。僕も本が好きで、先生の書斎は日本一の噂と前から聞いていたのですが……ものすごい書斎でしたね。今まで先生が生きてきたなかで手にとってこられた本が全て保存されていて、昔お金がないときに売ってしまった本も、お金ができたら買い直していたそうで。先生のそんなスタンスが『魍魎の匣』の役柄に生きているんだろうなと思いました。

僕の役は先生の立ち振る舞いや考えでできていると思いますし、他のクセがあるキャラクターも出てきますが、随所随所に先生のエッセンスが息づいていると感じました。
――プレッシャーは感じなかったのでしょうか。

内田さん
もちろんありますよ! ケンチさんのお話にもあるように、先生が顔合わせにも足を運んでくださって。「新しい魍魎の匣を観たい」とおっしゃっていたのですが、それがまたプレッシャーになりまして……(笑)。
本が印象に残っていた僕は「新しいものを!? 何を言うんですか!」と思ったのですが、できるのは一生懸命やることとだ、と。稽古でたくさんもがきました。

高橋さん
ご挨拶するときに、言葉にならない気持ちになりました。プレッシャーを感じながら稽古に出て、今ここに立たせていただいているのですが、プレッシャーを感じすぎて舞台上で固くなってもしょうがないですし、今は楽しんで最後までやっていけたらと思っています!
北園さん
もちろん緊張しました。あんなに緊張した顔合わせは初めてだと思うほど、鮮明に覚えています。こんなにも素敵なキャストの方々とお芝居ができること、舞台に立てること、とても嬉しいですし、稽古を経て作り上げてきたものを出せたらと思います。

高橋さん
僕は情報解禁のタイミングで共演するキャストを知りまして。とあるスタッフから「気合いを入れないとまずいメンバーが揃いました」と言われたんです。そこで、今まで関わってきた同世代の方よりも気合いを入れなきゃな、と。本当にありがたかったのですが、一度ご飯になれば全員参加していただけるという、なんとも素敵な……。

内田さん
いつも幹事をやってくれましたよね?

高橋さん
最年少だったので!(笑) ありがたいキャストの皆さんのもとで、いい刺激を受けながらやらせていただきました。本番に入ってからも得るものがあると思うので、本番を通して一回り、ふた回り大きくなれたらなと思います。
20 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません