『イケメン革命』の初舞台をレポート! フェンリルたちとの恋の魔法にかかったら元の世界に戻れない!?

『イケメン革命』の初舞台をレポート! フェンリルたちとの恋の魔法にかかったら元の世界に戻れない!?

2018年1月10日(水)より、銀座の博品館劇場にて、舞台『イケメン革命◆アリスと恋の魔法 THE STAGE  Episode 黒のエース フェンリル=ゴッドスピード」が開幕しました。 『イケメン革命◆アリスと恋の魔法』ば、シリーズ累計ダウンロード数1700万回を超える『イケメンシリーズ』のひとつで、『不思議の国のアリス』をモチーフにしたファンタジー恋愛アプリゲーム。初の舞台化に、否が応にも期待が高まります!

アリスが迷い込んだ不思議な世界”クレイドル”が広がる舞台

今回の初舞台では、黒の軍のエース・フェンリル=ゴッドスピードの物語を中心に、敵対する赤の軍とのドラマティックな抗争が描かれ、アクションあり、歌あり、笑いと涙もある、勢いのあるステージになっています。

舞台『イケメン革命◆アリスと恋の魔法 THE STAGE  Episode 黒のエース フェンリル=ゴッドスピード」

オープニングでトランプの紋章を掲げる黒の軍と赤の軍、両軍が一堂に会するシーンがあるのですが、ああ、フェンリルが……レイが……ランスロットが……そこにいます!
ここはクレイドルなんだなと、一気に革命の世界に誘われます。
フェンリル=ゴッドスピード役、宮城紘大さんは細身がら血の気が多く、好戦的でやんちゃなフェンリルを体現していますし、 レイ=ブラックウェル役の堂本翔平さんは、ちょっとクールな視線がまさに!
ランスロット=キングスレー役の塩川渉さんは、ミステリアスな金髪姿がハマっていて、気品と威厳の中に苦悩をのぞかせます。また、これまでは同い年や年下の役が多い印象がある橋本真一さんは、大人の魅力と色気溢れるシリウス=オズワルドを演じており、役柄とのギャップを感じさせません。
一曲目の全員集合に始まるダンスナンバーから心を掴まれてしまいます。

舞台『イケメン革命◆アリスと恋の魔法 THE STAGE  Episode 黒のエース フェンリル=ゴッドスピード」

物語の舞台はゲームと同じく19世紀ロンドン。室龍規さん演じる白ウサギに似た紳士ブラン=ラパンを追いかけたアリスが迷い込んだのは、 魔法が発達した世界クレイドルでした。
元の世界に戻れるのは満月の夜だけ。そのためアリスは不本意ながら一カ月間クレイドルに滞在しなければならなくなります。

そして、ブラン=ラパンはアリスにこう忠告します。「いいかい、アリス。元の世界に帰りたいなら絶対にかかってはいけない魔法が一つある。 それはこの世で最強にして最古の魔法……恋だよ」と。

観客席も舞台の一部に! 雨の中の優しいエスコート

フェンリルは、アリスに、クレイドルで過ごす間に三つの約束を守るように言い聞かせます。
1、月が満ちるまでは思い切り楽しむこと
2、最後は笑ってさよならすること
3、決して、恋なんてしないこと
しかし! ”恋はご法度”だと知りながらも、アリスは徐々にフェンリルの優しさに惹かれていってしまいます。

舞台『イケメン革命◆アリスと恋の魔法 THE STAGE  Episode 黒のエース フェンリル=ゴッドスピード」

傘を使ってのミュージカルシーンでは、アリスとフェンリルの掛け合いがめっちゃかわいい! 雨の中、フェンリルに相合傘で優しくエスコートされれば、誰だって恋に落ちちゃいますよね。胸キュン必至です。
ふたりのデュエット曲だけでなく、思わず口ずさみたくなるような印象深いナンバーも多く、ミュージカルを満喫できます。

舞台『イケメン革命◆アリスと恋の魔法 THE STAGE  Episode 黒のエース フェンリル=ゴッドスピード」

このシーンに限らず、客席にキャストの皆さんが下りてきてダンスをするシーンがあるのも、本作の魅力のひとつ。
クレイドルのキャラクターたちが自然に側にいたり、動いているので、目が合いそうになったり(思わず逸しました……)。彼らが席の横を通ったときになんだかいい匂いがしたり!? と、まさにクレイドルの世界を体感します。

30 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!