家族を描く『仮面ライダーリバイス』。和田雅成は25年前の物語をどう演じた?

掲載/更新 0
家族を描く『仮面ライダーリバイス』。和田雅成は25年前の物語をどう演じた?
「令和ライダー」3作目である『仮面ライダーリバイス』。そのスピンオフ『リバイスレガシー 仮面ライダーベイル』では2.5次元舞台でも人気の和田雅成さんが主演を務めます。異色ともいえる“家族”を描く本作を和田さんはどう演じたのでしょうか?
IMAGE
石ノ森章太郎の手により生み出された『仮面ライダー』。2021年でその誕生から50年を迎え、仮面ライダー生誕50周年記念作品として制作されたのが『仮面ライダーリバイス』です。

「昭和」「平成」と受け継がれてきた仮面ライダーの系譜は「令和」になってからも途切れることなく、『仮面ライダーゼロワン』『仮面ライダーセイバー』に続く「令和ライダー」3作目として大きな人気を博しています。
そんな『仮面ライダーリバイス』よりスピンオフ作品が誕生しました。『リバイスレガシー 仮面ライダーベイル』です。

DVD『仮面ライダーリバイス VOL.1』

DVD『仮面ライダーリバイス VOL.1』

主人公・五十嵐一輝の父親である五十嵐元太の若き日を主人公にした作品であり、オリジナル作品の前日譚が語られる作品。その主演を務めるのは、舞台『戦国無双』シリーズや『舞台刀剣乱舞』シリーズで人気の2.5次元俳優・和田雅成さん。

5月22日、東映特撮ファンクラブ(TTFC)にて最終話が配信された本作ですが、28日には本作全5話を一本化した特別バージョンの上映が予定されていたり、メイキング映像の配信が決まったりととまだまだ盛り上がりを見せる予感。
本稿ではオリジナルの『仮面ライダーリバイス』を振り返りながら、和田さんが演じる五十嵐元太とは何者なのかに迫ります。
※記事の特性上、ストーリーに触れています。気になる方はご注意ください。

一匹狼は過去のもの?家族が描かれる『仮面ライダーリバイス』

『リバイスレガシー 仮面ライダーベイル』を語るには、まず『仮面ライダーリバイス』のストーリーをお話しする必要があります。少しだけお付き合いください。
『仮面ライダーリバイス』は、“一人で二人の仮面ライダー”というものをコンセプトに製作された作品で、両親が営む銭湯の「しあわせ湯」の跡継ぎ息子である五十嵐一輝(前田拳太郎さん)が主人公。
家族で幸せな毎日を過ごしていた一輝ですが、ある日突然、周囲には見えない悪魔・バイス(木村昴さん)の姿を目視できるようになってしまったことから数奇な運命をたどることになるのです。

弟の大二を守るためバイスと契約した一輝。フェニックスの研究者であるジョージ・狩埼により“リバイスドライバー”を渡された一輝とバイスは、それぞれ仮面ライダーリバイと仮面ライダーバイスに変身し、デッドマンズの送り込む悪魔たちとの壮絶な戦いを繰り広げていくことになります。
32 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません