山田ジェームス武&宮城紘大 舞台「メサイア トワイライト ―黄昏の荒野―」開幕レポート!

掲載/更新 0
山田ジェームス武&宮城紘大 舞台「メサイア トワイライト ―黄昏の荒野―」開幕レポート!
2月7日より「メサイア」シリーズ最新作の舞台が公開に!山田ジェームス武さんや宮城紘大さん、そして新キャラクターを演じる輝馬さんの活躍は?
「メサイア」シリーズ最新作となる、舞台「メサイア トワイライト ―黄昏の荒野―」が2019年2月7日 東京・池袋サンシャイン劇場にて開幕を迎えました。開幕当日に行われた、ゲネプロでのステージショットをお届けします!
世界規模の軍縮協定により、兵器による戦争がなくなり情報戦が激化した世界に生きるスパイの男たちを描いた「メサイア」シリーズ。

これまでの作品では、特別公安五係に属するスパイであるサクラ候補生たちの姿が中心となって描かれてきましたが、今作では映画『メサイア―幻夜乃刻―』(2018年11月公開)の直後、北方連合対諜報戦訓練校「ボスホート」の訓練生であるサリュート(山田ジェームス武さん)にスポットを当てた物語となっています。

「ボスホート」で課される、サリュートへの卒業ミッション

今作の主人公となるのは、北方連合の国家実験場として外界からは隔絶された、閉鎖都市「オデッサ65」で生まれ育った男・サリュート(山田ジェームス武さん)。

北方連合対諜報戦訓練校「ボスホート」に属するエリート訓練生となったサリュートは、これまでの物語で行動を共にしてきたスーク(宮城紘大さん)、そして今作より登場する新キャラクター・ガラ(輝馬さん)とともに、「ボスホート」における卒業ミッションである「ビーツの祝祭」へと臨みます。

 舞台「メサイア トワイライト ―黄昏の荒野―」1

スーク(宮城紘大さん)、サリュート(山田ジェームス武さん)

これまでのサクラ候補生たちが個々に挑んできた卒業ミッションとは異なり、「ボスホート」での卒業ミッションは、それぞれが北方連合の利益となることを考えて行い、その成果を訓練生で競い合うというもの。サリュート、スーク、ガラはそれぞれの思惑を持って行動を開始しますが、スークには加えてある指令が下ることに……。
北方連合の政策によって辛い生活を強いられながらも、なぜ北方連合に尽くして戦う道を選んだのかなど、多くの謎を背負うサリュート。

これまで2年間に渡ってサリュートを演じ続けてきた山田さんの強いまなざしは、サリュートが今作でみせる覚悟を象徴するよう。より磨かれたアクションも満載に、「ボスホート」でもエリートと称されるだけの力を発揮していきます。

舞台「メサイア トワイライト ―黄昏の荒野―」4

ガラ(輝馬さん)

また今回の卒業ミッションでは、ガラが登場したことによって、スークがサリュートに対して抱いている想いが見える場面も。自身の考えをあまり言葉にしないサリュートに比べ、様々な場面で感情をあらわにするスークの言葉から、2人の関係が浮かび上がります。

そしてガラの言動にも北方連合の戦闘員として生き抜くための覚悟が滲み、輝馬さんの堂々とした立ち姿とともに、その強さを印象付けていました。
32 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません