鈴木拡樹「幽助(崎山つばさ)が帰ってきた!と肌で感じました」 舞台『幽☆遊☆白書』囲み会見、詳細レポート!

鈴木拡樹「幽助(崎山つばさ)が帰ってきた!と肌で感じました」 舞台『幽☆遊☆白書』囲み会見、詳細レポート!
舞台『幽☆遊☆白書』東京公演が公演中! 本記事では崎山つばささん、郷本直也さん、鈴木拡樹さん、橋本祥平さん、荒木宏文さんらが登壇した囲み会見の模様をお届けします。9月4日からの大阪公演の前におさらいしておきましょう♪
IMAGE
■関連記事■
【速報】崎山つばさ、鈴木拡樹ら出演 舞台『幽☆遊☆白書』ゲネプロ写真を公開!

コミック累計発行部数5,000万部を超える大ヒットマンガ『幽☆遊☆白書』(著:冨樫義博)が舞台化!
1990年から1994年にわたり「週刊少年ジャンプ」(集英社)にて連載、アニメ化もされた普及の名作が2019年8月28日より開幕しました。

キャストには浦飯幽助役・崎山つばささん、蔵馬役・鈴木拡樹さん、飛影役・橋本祥平さん、桑原和真役・郷本直也さん、コエンマ役・荒木宏文さんら豪華な面々が集結!

そんな本作品のゲネプロ公演が同日に行われ、崎山つばさん、郷本直也さん、鈴木拡樹さん、橋本祥平さん、荒木宏文さんが囲み会見に登壇。それぞれが開幕を迎えた心境や意気込みなどを答えてくれました。

今回は、ゲネプロ前に行なわれた囲み会見のレポートをお届けします。
5人の本作品に寄せる思いが伝わった会見の様子をご覧ください♪

「『こんな舞台見たことない!』と思える作品」(崎山さん)

――初日を迎えた今の心境をお聞かせください。

浦飯幽助役・崎山つばささん(以下、崎山) 稽古は一ヶ月くらいでしたが、本当にあっという間でした。この作品を『演劇』として観てもらいたいですし、2.5次元作品としても楽しんでもらえればと思います。原作を知っている方には『懐かしいな』と、初めて見る方には『こんな舞台見たことない!』と思ってもらえるような作品になっていると思います。

桑原和馬役・郷本直也さん(以下、郷本) 原作が大好きな方にも『ここの場面は、こうなったんだ!』と思って頂けるところもありますし、初めて見る方にも、とても見やすい内容になっているのでは?と思います。とても良いチームワークで毎日稽古をしてきたので、そんなチームワーク感も本番に影響していると思います。かなり楽しめる作品になっていると思いますので、よろしくお願いします。

蔵馬役・鈴木拡樹さん(以下、鈴木) 稽古初日に感じたことですが、僕も小さい頃に読者であり、アニメの視聴者でもありました。稽古場で、一番最初に幽助がしゃべり出した時に「『幽☆遊☆白書』が帰ってきた!」というのを、すごく肌で感じました。

これから見てくださる方にも、同じ気持ちになっていただけるんじゃないかなと思って、とてもワクワクしています。“新しくなっても、どこか懐かしさを感じる『幽☆遊☆白書』”を届けたいなと思っておりますので、よろしくお願いします。
20 件
令和の沼2019アンケート実施中

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは