”めいこい”荒木宏文、橋本祥平、北川尚弥ら出演! 歌劇『明治東亰恋伽~月虹の婚約者~』ゲネプロレポート

”めいこい”荒木宏文、橋本祥平、北川尚弥ら出演! 歌劇『明治東亰恋伽~月虹の婚約者~』ゲネプロレポート

歌劇『明治東亰恋伽~月虹の婚約者~』の東京公演が、8月25日にシアター1010で開幕。荒木宏文、橋本祥平、遊馬晃祐、北川尚弥、吉岡佑、汐崎アイル、橘龍丸らが出演する本公演の初日に先駆けて、24日に囲み取材と公開ゲネプロが行われました。その模様をレポートします!

歌劇『明治東亰恋伽』第2弾! 新キャラクター横山大観や新楽曲が彩るステージ

本舞台は、ゲーム『明治東亰恋伽』を原作とした歌劇『明治東亰恋伽』の第2弾。
物語は、ヒロインである女子高生・芽衣(鈴木桃子)が、赤い満月の夜に出会った自称・奇術師チャーリー(声の出演:安里勇哉)によって、明治時代へタイムスリップしてまうところから物語が動き出します。

鹿鳴館のパーティーに迷い込んでしまった芽衣の目の前には、菱田春草(橋本祥平)川上音二郎(遊馬晃祐)泉鏡花(北川尚弥)小泉八雲(汐崎アイル)横山大観(橘龍丸)といった歴史上の偉人たちが列席していました。時代を超えてやって来た芽衣は、警察官の藤田五郎(吉岡佑)に怪しまれてしまうのですが、森鴎外(荒木宏文)が「親戚だ」と、窮地から救ってくれます。鴎外と芽衣、これが二人の心が引き寄せられる第一歩でした。

自由気ままさと、その奥にある思慮深さを持つ鴎外を丁寧に演じる荒木宏文さん。不思議な魅力を秘めた純粋でまっすぐな女の子・芽衣を演じる鈴木桃子さんの二人を軸にラブストーリーは、華やかなダンスと歌に彩られて展開していきます。
芽衣がこの時代で過ごせるのは約1ヵ月後の満月の夜まで。限られた時間の中で、互いに惹かれあいながらもすれ違ってしまう鴎外と芽衣。恋心を抱きながらも現代での記憶に縛られ、葛藤する芽衣の心情は観る者の心を締め付けていきます。

舞台めいこい1

舞台めいこい2

王道&胸キュンのストーリー、好評の”行水日和”も楽しく歌いあげて

王道のラブストーリーが胸に迫る展開の中でも、思わず笑ってしまうようなシーンやドキドキする胸キュンの場面も次々に挟み込まれます。
例えば、前作の歌劇『明治東亰恋伽~朧月の黒き猫~』でも好評だった鴎外の“行水”シーンが本作でも登場。
今回は、舞台上を裸で動き回る鴎外をアンサンブルキャストが洗濯物で隠すという演出。
チラッと見え隠れする鴎外の姿はキュン度高め。八雲先生による“物の怪講義”は歌とともにユーモラスに物の怪に関するキーワードを紹介する展開。また、役者の音二郎が“女形”音奴として登場するシーンは演じる遊馬さんの見事な変身っぷりに心奪われます。

他にも見どころの一つとなっているのが、日替わりで行われるコーナーです。音奴が指名した二人による“お座敷遊び対決”。ちなみに、この日のゲネプロでは、鏡花×藤田による腕相撲対決が行われました。毎公演何が起こるかわからない白熱した戦いも見逃せません。

舞台めいこい3

舞台めいこい4

舞台めいこい5

クロスオーバーしていく鴎外と芽衣、鏡花と音二郎の思い

鴎外と芽衣の切ないラブストーリーとともに、音二郎と鏡花、それぞれの思いもこの物語に厚みを持たせてくれます。役者として鏡花の作品に入り込む音二郎に「帰ってこられなくなる」と心を寄せる鏡花。音二郎が「鏡花ちゃん」と呼ぶと鏡花が怒るというルーティンも微笑ましい一幕でした。
鴎外と芽衣の思い、鏡花と音二郎の思いが同時に一つの舞台でクロスオーバーしていく演出は、舞台上の世界に引き込まれます。鴎外にとって忘れえぬドイツでの恋、芽衣が抱える過去への思い。それぞれの出来事が今にどう影響を与え、二人の思いはどう交わっていくのでしょうか――。

舞台めいこい6

18 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!