小南光司、赤澤遼太郎らによる“エモい”過去の物語も|『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Destruction × Road~ゲネプロレポート

掲載/更新 0
小南光司、赤澤遼太郎らによる“エモい”過去の物語も|『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Destruction × Road~ゲネプロレポート
大人気ゲームアプリ『あんさんぶるスターズ!』の舞台化シリーズ最新作、『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Destruction × Road~の東京公演が、品川プリンスホテル ステラボールにて絶賛公演中! 朔間零役の小南光司さんらシリーズの初演からUNDEADを演じている4名のキャストを中心にした今回の『エクストラ・ステージ』、その魅力に迫ります。
2015年4月にリリースされ、現在はTVアニメも放映中の大人気ゲームアプリ『あんさんぶるスターズ!』。その舞台化シリーズは2016年6月に始まり、今作でライブ公演『あんステフェスティバル』を含めると7作目となります。

『エクストラ・ステージ』と呼ばれるこのシリーズは、Trickstarを主役とする物語本編のサイドストーリーとして上演されており、今作ではUNDEADが主役です。学院で最も“過激で背徳的”と謳われるこのユニットのメンバーを演じるのは小南光司さん(朔間零役)、赤澤遼太郎さん(大神晃牙役)、奥谷知弘さん(羽風薫役)、瑛(あきら)さん(乙狩アドニス役)の4名。2016年の初演から変わらず演じ続けているメンバーが、体当たりで挑んだ『エクストラ・ステージ』となりました。

初演キャストが時系列を遡り挑むUNDEADの“追憶”

小南光司、赤澤遼太郎らによる“エモい”過去の物語も|『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Destruction × Road~ゲネプロレポート

【写真左から】宮澤佑さん(蓮巳敬人役)、小南光司さん(朔間零役)、赤澤遼太郎さん(大神晃牙役)

第1幕は羽風薫の回想から、1年前の物語である「追憶*それぞれのクロスロード」が描かれます。
今は“おじいちゃん口調”で、やる時はやるものの普段は気だるげな印象が強い朔間零は、ほんの1年前は生徒会長として夢ノ咲学院の頂点に立っていました。鋭い視線、荒々しいパフォーマンス……今まで観たことのなかった彼の姿は、かつて“五奇人”と呼ばれていたオーラが滲み出ます。

“震撼しやがれ愚民ども……!”

このフレーズは、大神晃牙お決まりの煽り台詞。しかし今作の冒頭でこの台詞を荒々しく吠えるのは、過去に晃牙が憧れ、心酔した朔間零その人です。
そんな零を文字通り“ワンコ”のように追いかけ慕っているのが大神晃牙。赤澤さん演じる晃牙のまっすぐでキラキラした瞳を見ていると、どんなにうっとうしくても邪険に扱えない零の気持ちも分かるかもしれません。

地元の不良達が集まるライブハウスを“父親から任された”と語るのは、羽風薫。まだUNDEADに所属する以前の薫が、圧倒的なオーラを纏う零や、零に憧れて共にステージに立つ晃牙を見つめる姿は印象的でした。

そして零が“アラビアらへんの恩師に預けられた” 1年生のアドニスは、登場早々にオカリナで晃牙と蓮巳敬人(宮澤佑さん)のギター×三味線のセッションに参加するというインパクトを見せます。少したどたどしい日本語も過去編ならでは。

小南光司、赤澤遼太郎らによる“エモい”過去の物語も|『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Destruction × Road~ゲネプロレポート3

【写真左から】赤澤遼太郎さん(大神晃牙役)、小南光司さん(朔間零役)、瑛さん(乙狩アドニス役)、奥谷知弘さん(羽風薫役)、

UNDEAD 4人それぞれの過去が描かれる第1幕。現在の時間軸に戻る第2幕では、かつての“朔間零”の面影を追う晃牙や、少しずつアイドルとして本気になっていく薫、友人ができ学院に馴染んできたアドニス、そして、退化してしまったようで、それでいてなお、かつてのカリスマ性が見え隠れする零の姿が見られます。

初演から演じてきた4名が1年前の彼らを演じたことは、初期から応援してきたファンには非常に“エモい”ことであったようにも思います。初日の囲み会見で晃牙役の赤澤さんが「それぞれのキャラクターが1年前に誰と出会って、何を思って、どう成長して変わっていったのか、注目していただきたい」と語りましたが、まさにその言葉を実感できるのが今作の構成となっていました。

“正義のヒーロー”流星隊は1人ぼっちから5人組へ

“悪は許さない戦隊ヒーローユニット”、流星隊も5人も揃って活躍します。
第1幕では暑苦しいほど明るいユニットリーダーの守沢千秋(佐伯亮さん)が冴えない眼鏡姿でおどおどと登場し、ユニットの意外な過去が明らかに。
老舗の強豪ユニットでありながら、1年前はやる気のないメンバーばかりだったかつての“流星隊”と、そんな中でも必死に足掻いていた千秋。まっすぐな心根は変わらないものの、自信がなく、やや挙動不審さが目立ちます。

朔間零と同じ変わり者であり実力者“五奇人”の1人として数えられる深海奏汰(堀海登さん)は、海洋生物部の部長としても活躍。部員である薫と神崎颯馬(神永圭佑さん)をたしなめたり、千秋とはしゃいだり、零と語らったり……ユニットの隔てなく、今作で最も多くの人物と関わる1人かもしれません。
31 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません