2.5次元ダンスライブ『S.Q.S』Ep2振り返りレポート!殺陣や花鳥風月衣装などに注目

2.5次元ダンスライブ『S.Q.S』Ep2振り返りレポート!殺陣や花鳥風月衣装などに注目
2.5次元に存在する架空の芸能事務所である『ツキノ芸能プロダクション』、通称・ツキプロ。さまざまなタレントが所属しているツキプロの中の、SolidSとQUELLの2ユニット『SQ(スケア)』のCDシリーズを原作に舞台化したのが、2.5次元ダンスライブ『S.Q.S(スケアステージ)』です。ここでは、11月11日に千秋楽を迎えたEpisode 2『星芒の彼方-月野百鬼夜行綺譚-』(以下、Ep2)をポイントごとに振り返りたいと思います。

千秋楽を迎えたS.Q.S Ep2の振り返りレポート! numan1

上段左から
■SolidS(ソリッズ)
村瀬大(がしゃどくろ)役:小林涼さん、奥井翼(烏天狗)役:瀬戸啓太さん、篁志季(酒呑童子)役:日向野祥さん、世良里津花(雪女)役:阿部快征さん

下段左から
■QUELL(クヴェル)
和泉柊羽(蛟)役:田中稔彦さん、堀宮英知(白蔵主)役:中尾拳也さん、久我壱星(鎌鼬)役:山中健太さん、久我壱流(鎌鼬)役:山中翔太さん  

妖刀村正役:下村青さん

ついにSolidSとQUELLも異世界へ“すってんころりん”!?

千秋楽を迎えたS.Q.S Ep2の振り返りレポート! numan2

Ep1はタイトルが「はじまりの時」ということで、“現在”の彼らとユニット結成前の“過去”の回想を織り交ぜたストーリーでした。
今回のEp2は「お当番」である志季と翼、柊羽と英知のそれぞれのコンビににスポットを当てていましたが、ツキプロお馴染み(?)の“すってんころりん”で妖怪の住む世界が舞台に。
じつは本作は月野百鬼夜行舞台版三部作の三作目。7月28日、29日に行われた『ツキプロ文化祭』で上演された夏夢祭、10月18日~11月4日まで上演されていた『ツキステ。』第6幕 紅縁の世界観と繋がりがあるので、気になる方はぜひこちらも見ることをオススメします!

さて、Ep2の物語は現代からスタート。
妖怪に扮装したSolidSとQUELLでMVの撮影をするということで、長野へやって来た一行。不思議な鈴の音に誘われてか、翼と英知が沼に落ちてしまいます。
気がついた2人がいたのは妖怪が住む世界。ここで2人は現代のSolidSとQUELLのメンバーと同じ名前と同じ姿をした妖怪たちと出会います。翼は志季と、英知は柊羽と交流し、元いた世界の志季と柊羽との違いを感じつつも、絆を感じるように……。

千秋楽を迎えたS.Q.S Ep2の振り返りレポート! numan3

▲公演はREDとBLUEの2バージョンがあり、こちらはVer.REDのワンシーン。あやかしの志季と人間の翼が2人きりで酒を飲みながら語り合います。

今回の見どころはやはり人間とあやかしという壁を超えて描かれる関係ではないでしょうか。それ故に生まれる葛藤や悲しみが物語のなかでカギとなっていきます。シリアスなパートは多いですが、もちろん笑えるシーンも。

千秋楽を迎えたS.Q.S Ep2の振り返りレポート! numan4

▲「お当番」の4人のシーンも掛け合いのテンポが良く、笑えるものでした。

Ep1に登場した「喫茶くべる」が、「茶屋くべる」としてあやかしの世界にも登場! ここは本編とは全く関係ない日替わりパートで、店長の「ほりのダー」こと堀ノ宮大地と看板娘のお犬がとにかくはっちゃけます。本編との落差に戸惑った方もいたのではないでしょうか(笑)。

見応え抜群の殺陣

千秋楽を迎えたS.Q.S Ep2の振り返りレポート! numan6

▲本作で一行の前に立ちふさがったのがこの村正。

1幕の芝居パートにはEp1にはなかった殺陣があったのですが、8人の武器にもそれぞれの個性が出ていました。たとえば双子の鎌鼬(かまいたち)兄弟の壱星は扇で風を起こし、壱流は鎌で戦います。大の武器は自身の身長ほどもある長い槍でしたが、それを軽々と扱う姿が決まっていました。

さらに、酒呑童子の志季と蛟の柊羽の殺陣には目を瞠るものがありました。ゲームっぽく例えると志季はパワータイプ、柊羽はスピードタイプといったところでしょうか。どちらも扱う武器は刀ですが、見せ方がまったく違うんです。
志季の刀さばきは力強く、且つ勢いがあります。一方の柊羽の動きは流麗で、殺陣の動きがそのまま2人のダンスに通じるものがありました。殺陣の最中の表情の作り方もそれぞれの個性を感じさせるなど、見れば見るほど引き込まれるシーンの連続でした。

また、どちらも刀を振る姿が踊っているかのようで、手に汗握るはずの殺陣のシーンにもかかわらず、思わず見惚れてしまった人も多いのではないでしょうか。
32 件

Comment

コメントはまだありません

この記事のタグ