新生ミュージカル『薄桜鬼 志譚』囲み取材レポート|舞台写真も多数公開!

新生ミュージカル『薄桜鬼 志譚』囲み取材レポート|舞台写真も多数公開!
2012年に上演されて以来、多くの観客を魅了してきたミュージカル『薄桜鬼』。11作目となる本作では新生ミュージカル『薄桜鬼 志譚』と改め、新たな演出家、新たなキャストを迎えスタートを切りました。本公演は新神戸オリエンタル劇場で開催された神戸公演のほか、東京・明治座での特別公演も開催。 今回は、新キャストとなる和田雅成さん(土方歳三役)、中河内雅貴さん(風間千景役)、山﨑晶吾さん(沖田総司役)、続投となる納谷健さん(斎藤一役)、井俣太良さん(近藤勇役)が登壇した明治座での囲み取材の様子をお届けします。

「『薄桜鬼』に新しい風を吹かせます」

――神戸公演を終えた感想をお願いします。

土方歳三役 和田雅成さん(以下、和田):公演前からわかっていたことではありますが――初日のカーテンコールを終えた際にこの『薄桜鬼』という作品はとても愛されているんだなと改めて感じました。ファンの皆様が愛をもって観てくれていて、それに応えるように役者のみんなもいい顔を引き出されていって。その瞬間に新しい『薄桜鬼』が生みだせように思います。

風間千景役 中河内雅貴さん(以下、中河内):久しぶりに2.5次元舞台の舞台に帰ってきて、多くの皆様に支えられている舞台に立てる喜びを実感しました。この作品を愛してくれている皆様、新たにこの作品に出会った皆様、そしてこれから観ていただく皆様にも楽しめるエンターテイメントなお芝居となっています。神戸公演では精いっぱい力を出して、一人一人に良さを伝えらえるように頑張ることができたんじゃないかなと思います。明治座でもこの想いを届けたいです。

沖田総司役 山﨑晶吾さん(以下、山﨑):同じく僕もこの作品が愛されていると改めて感じましたし、その半面、責任も感じました。神戸公演を終えても油断せず、初心を忘れずに頑張っていきます。

斎藤一役 納谷 健さん(以下、納谷):僕が出演させていただくのは前回に引き続き2作目なので、今までの『薄桜鬼』を引き継ぎ、新旧の懸け橋となるよう努めてきました。今回は新シリーズ『志譚』となり全体が新しくなったなか、今までの『薄桜鬼』を愛してれていた皆様が神戸公演で『志譚』を認めてくださったのを感じることができました。

近藤勇役 井俣太良さん(以下、井俣):この作品のすごいところは、公演を重ねれば重ねるほど役者たちがパワーを増していくこと。神戸公演でもステージを重ねていくほどにどんどん役者が鬼の顔になり、覚悟を持って挑み、さまざまな感情を手に入れているのを観ることができました。来場してくれた皆様もそれを受け取ってくれたのか、たくさんの温かい拍手をいただけて本当にほっとしました。
19 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは