溝口琢矢熱演! 舞台『ジョン万次郎』ゲネプロレポート公開

溝口琢矢熱演! 舞台『ジョン万次郎』ゲネプロレポート公開

舞台『ジョン万次郎』が、6月14日(木)より上演開始! 初日には、主演の溝口琢矢さんをはじめ、荒木宏文さん、石原壮馬さん、正木郁さん、山下聖菜さん、細貝圭さんら6名による囲み会見が行われました。当日のゲネプロレポートをお届けします。

緊張とワクワクが隠せない囲み会見! 

歴史上の人物や出来事を深く取り上げる『もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ』の第6弾となる舞台『ジョン万次郎』が、6月14日(木)、EXシアター六本木(東京)にて初日を迎えました。初日公演の前には、多くの取材陣を集め、囲み会見と公開ゲネプロが行われました。

舞台『ジョン万次郎』は、若手実力派俳優で『仮面ライダー』シリーズなどで活躍した溝口琢矢さんが主演。万次郎の波乱万丈の人生を描いた作品です。
囲み会見で溝口さんは、「ジョン万次郎は周りの人に支えられて成長していった人物です。色々な人から色々なものを吸収して、彼がどう成長していったのかを見て頂けたらと思います」とコメント、緊張感を見せながらも今日から始まる公演にワクワク感を隠せない表情を見せていました。

溝口琢矢熱演!舞台『ジョン万次郎』ゲネプロレポート numan(ヌーマン)

左より、山下聖菜(キャサリン/鉄役)、細貝圭(ホイットフィールド船長役)、荒木宏文(武市半平太/ジョリー役)、溝口琢矢(ジョン万次郎役)、石原壮馬(五右衛門役)、正木郁(寅右衛門/福沢諭吉役)ら6名。

「Never give up!」異国の地で強く生き抜く青春時代

囲み会見が終わり、公開ゲネプロのためにEXシアターの客席につくと、まず目を引くのが、舞台上にしつらえられた大きな階段状のセット。時に遭難する船になり、時に家になり、その都度目の前に迫力の展開を作り上げていました。

物語は、万次郎たち土佐の漁師たち一行が荒波の中遭難する場面からスタート。たどり着いた島で数ヵ月過ぎたある日、遠くに捕鯨船が。最初は初めて見る異国人に「人食い鬼じゃー!!」と慌てふためいたものの、万次郎は「あの人たちの言葉を覚えたいんじゃ」と持ち前の好奇心旺盛な性格からグイグイとメリケン(アメリカ)人たちと距離を縮めていきます。ハワイ島を経て、彼らとの生活を重ねる中で、ホイットフィールド船長(細貝圭)から耳にした言葉「Never give up」が、万次郎の胸に強く刻まれることになります。

文化の違いや差別による苦しみに遭いながらも、少年から青年への日々を異国の地で生き抜く万次郎の姿は、観る者を一気に引き込んでいきます。

溝口琢矢熱演!舞台『ジョン万次郎』ゲネプロレポート numan(ヌーマン)

漂着した無人島で生活する万次郎をはじめとする土佐の漁師たち。助けとなるメリケン(アメリカ)の捕鯨船が遠くに見える!

溝口琢矢熱演!舞台『ジョン万次郎』ゲネプロレポート numan(ヌーマン)

文化の違いや差別による苦しみに遭いながらも、少年から青年へ成長していく万次郎。

溝口琢矢熱演!舞台『ジョン万次郎』ゲネプロレポート numan(ヌーマン)

ホイットフィールド船長(細貝圭)に励まされる万次郎(溝口琢矢)。万次郎の養父となった船長は、あらゆる場面で万次郎を勇気づけ、導きます。

決死の覚悟で帰国し維新の志士と歩む! 時代に翻弄され迸る激情

 異国の地で生き抜いた10年後、決死の帰国を果たした万次郎を待ち受けていたのは幕末の動乱期。メリケンでの経験や知識は時代に活かされつつも、その経験により、時代に翻弄されることになります。
この作品ではジョン万次郎はほとんどの場面に登場します。そのため、それを演じる溝口琢矢さんの重圧は大きいはずですが、まっすぐで生き生きとした少年性から、困難に打ち克つ青年の逞しさまで、見事に表現していました。

万次郎とともに歩む五右衛門を演じた石原壮馬さんなど、同世代の俳優たちの正面からぶつかっていく姿や、ジョリーと武市半平太という二役を見事に演じ切った荒木宏文さん、また、勝海舟の軽やかで人情味あふれる人柄を笑いを交えて演じた山崎樹範さんの存在感もこの作品の大きな見どころ。
ちなみに、勝海舟とジョン万次郎の思わず笑ってしまうコントのようなワンシーンもあり、おそらく本番での日々の変化も楽しみな場面の一つになるはずです。

囲み取材では、「ジョン万次郎は、初めてアメリカに渡った日本人として有名ですが、学校の授業では習わない部分や知られていない部分も多かったりします。その中で、今回、舞台を通して“こうした人生を歩んだ人なんだ”ということが伝わったらいいなと思います」とコメントしていた溝口さん。その言葉通り、ジョン万次郎の人生に驚かされ、出会った人たちとの交流の深さにその都度、心動かされます。

物語の終盤、“開国”に向けて揺れ動く日本の中で、ジョン万次郎が思いの丈を吐き出すように語り尽す場面は圧巻。感情を爆発させ、溢れる思いを叫びつつけるジョン万次郎の姿は、今を生きる人への大きなメッセージとしても響いてくるはずです。

溝口琢矢熱演!舞台『ジョン万次郎』ゲネプロレポート numan(ヌーマン)

役人たちに囲まれる武市半平太(荒木宏文)。左には捕縛された岡田以蔵(輝山立)の姿が……?

溝口琢矢熱演!舞台『ジョン万次郎』ゲネプロレポート numan(ヌーマン)

万次郎が思いの丈を吐き出すように語り尽す姿に圧倒されます。

30 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!