安里勇哉さん主演・舞台『蛇の亜種』|ゲネプロレポート&キャストコメント公開

安里勇哉さん主演・舞台『蛇の亜種』|ゲネプロレポート&キャストコメント公開
6月6日(水)~11日(月)に、東京・シアターサンモールで上演される舞台『蛇の亜種』。初日に行われたゲネプロレポートとキャストインタビューをお届けします! インタビューは主演の安里勇哉さんをはじめ、ダブルキャストで演じられる5人のヒロイン、宮下貴浩さん、私オムさんが登壇。舞台への意気込みなどを語ってくれました。

安里さんと5人の女優陣が演じる"1人"のヒロイン――安里さんの"ナイト"っぷりにキュン!

2014年の初演より人気と話題を集め、今回で5度目の再演となる舞台『蛇の亜種』は、シリアスな展開とコミカルな笑いが交じりあう逃亡劇です。
安里勇哉さんが演じるのは、暴力団の組員・マムシ。彼が所属する組の組長は、血のつながらない少女たちを引き取っては自分の娘のように育てていました。しかしそれは慈悲の心からの行動ではなく、自分の欲望を満たすため……。
その被害者となっていたのは、安倍乙さん演じるチホという少女でした。夜な夜な繰り返される虐待に耐えかねた彼女は、とうとう自らの手で"父親"を殺してしまいます。
現場にいたマムシは、チホの手を引いて逃げ出しました。
そんな2人は執拗に追跡する組員たちに追い詰められていき……?
24 件
A3 600DL3

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは