橋本祥平らの煌めきがオーバードーズを起こす!? 舞台『KING OF PRISM –Shiny Rose Stars-』ゲネプロレポート

掲載/更新 0
橋本祥平らの煌めきがオーバードーズを起こす!? 舞台『KING OF PRISM –Shiny Rose Stars-』ゲネプロレポート
舞台作品としては2年ぶり2作目となる『KING OF PRISM –Shiny Rose Stars-』が、2020年2月20日より東京・TOKYO DOME CITY HALLにて公演されました。この舞台『キンプリ』では、橋本祥平さん演じる一条シン、横井翔二郎さん演じる太刀花ユキノジョウらエーデルローズの新たなプリズムスタァたちが脚光を浴びました! ゲネプロレポートをお届けします。

脚本・青葉譲「チヤホヤされて書いちゃった」も嘘ではない!?

“応援上映”という文化を広く知らしめたことでも有名な『KING OF PRISM』(通称・キンプリ)
女児向けTVアニメ『プリティーリズム・レインボーライブ』内で結成された男性プリズムスタァユニット・Over The Rainbow(通称・オバレ)のプリズムショーに感化され、成長していく主人公・一条シンを中心とした物語で、劇場版に留まらずTVアニメ化もされた人気シリーズです。

今作の舞台の脚本を手掛けたのは、『キンプリ』シリーズの脚本を一貫して担当している青葉譲さん。
初日会見では「(オバレの3人だけでなく)候補生の7人もずっと僕のことをチヤホヤしてくれていた。それが嬉しくて、今回は7人が活躍するストーリーを書いちゃいました。」と茶目っ気たっぷりに発言。その言葉に違わず、新たなプリズムスタァたちの“煌めき”と“愛”が詰まった作品でした。

その2時間50分(体感は5分)の熱い舞台の様子をじっくりとお届けします。
今回の舞台『KING OF PRISM –Shiny Rose Stars-』は2部構成。
前半はTVアニメのストーリーの前日譚後半はTVアニメ全12話分のストーリーを凝縮したプリズムショーとなっていました。

ちなみに、TVアニメ全12話では、一条シンをはじめとしたエーデルローズの“候補生”と謳われていた7人のメンバーが一人前のプリズムスタァとして成長していく姿が描かれています。

己を高めるストリート系で新たな魅力が開花

舞台前半は、速水ヒロ(杉江大志さん)がプリズムキングになった後のオリジナルストーリー。
神浜コウジ(小南光司さん)もハリウッドから戻ってきており、ヒロ、仁科カヅキ(大見拓土さん)とともにOver The Rainbowとして相変わらず活躍しています。
冒頭で繰り広げられるオバレの全力のプリズムショーが、観客の心を“嬉し恥ずかし”な『キンプリ』の世界に誘ってくれました。
ヒロたちの活躍で盛り上がりを見せる男子プリズムショー競界ですが、さらなる発展に向け、ストリートデュオ大会「KIDUNA climax」が開かれることになり、シン(橋本祥平さん)たちプリズムスタァは2人1組で大会に臨むことに。
31 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません