【速報】ミュージカル『薄桜鬼 志譚』中河内雅貴、和田雅成、赤澤燈ら会見レポート

掲載/更新 0
【速報】ミュージカル『薄桜鬼 志譚』中河内雅貴、和田雅成、赤澤燈ら会見レポート
2019年4月5日(金)日本青年館ホールにて、ミュージカル『薄桜鬼 志譚』風間千景 篇が幕を開けました。この4月で7周年となる『薄ミュ』シリーズ最新作より、中河内雅貴さん、本西彩希帆さん、和田雅成さん、山﨑晶吾さん、赤澤燈さんによる囲み会見の様子をレポートします。
IMAGE
2018年に10周年を迎えたオトメイトによる人気乙女ゲーム『薄桜鬼』
ミュージカル『薄桜鬼』シリーズは2012年4月に幕を開け、丁度7周年の節目となります。そんな記念すべき時期の開幕となった今回は、新選組と相対する"鬼"の一族の頭領、風間千景が主役となります。

4月5日(金)、ミュージカル『薄桜鬼 志譚』風間千景 篇の初日公演を前にゲネプロ取材が行われました。
今回ヒロイン・雪村千鶴を演じるのは、秋元康プロデュースの"劇団4ドル50セント"に所属している本西彩希帆さんなんと芸能界入りのきっかけが2014年に観たミュージカル『薄桜鬼』だったということで、憧れていた千鶴役を演じるプレッシャーと期待を語りました。

そんな初々しい本西さんと、続投キャストとなる中河内雅貴さん和田雅成さん山﨑晶吾さん、そして新キャストの赤澤燈さんによる囲み会見の様子をお届けします。

新選組も"いいとこ取り"で見どころ沢山

Q.本番への意気込み、見どころは?

風間千景 役:中河内雅貴さん
1年前の土方歳三編の出演を経て、今回は風間千景編に出演させていただきます。
前回は、和田雅成演じる土方を影ながらサポートしつつ、サポートされつつでしたが、今回は(主演ということで)非常に台本の分量が多くて……。
タイトなスケジュールの中、皆でしっかりと手をつないで、力を合わせてここまで来ましたので、あとはお客様に喜んでいただけるように毎公演舞台の上で生き続けるのみだと思っています。
それぞれがそれぞれの信念をもって生きているのが『薄桜鬼』という作品の魅力だと思っています。今回は、今までの『薄桜鬼』にはない結末が待っていますので、楽しみにご覧いただきたいです。


雪村千鶴 役:本西彩希帆さん
稽古場で皆で協力しながら作ってきたものをお客様の前にお届けできることが幸せです。
私の憧れであり、目標であり、夢であったミュージカル『薄桜鬼』で大好きな千鶴ちゃんを演じられることに誇りをもって精一杯頑張りたいと思います。
見どころは……すべてだと思っています!

(中河内さんが「そうだよね!」とフォロー、かわいらしい場面でした。)


土方歳三 役:和田雅成さん
原作を知らない方にも楽しんでいただけたらと演出の西田さんと共に作品を作ってきました。
"新選組"として生き抜いた彼らの姿をしっかりお届けできたらと思います。


沖田総司 役:山﨑晶吾さん
1年前にも沖田総司役としてこの舞台に立たせていただいたのですが、初心を忘れずに、初めてこの役と向き合った時の気持ちで頑張っていけたらと思います。


斎藤 一 役:赤澤燈さん
僕は今回からミュージカル『薄桜鬼』に参加させていただきます。
長く続いてきた作品、出来上がっている座組に途中から入っていくのはプレッシャーもあるのですが、この座組は過去を顧みずに今を生きていて、新キャストも入りやすい現場にしていただき、しっかり稽古してこられました。
風間篇とはいえ新選組もある意味"いいとこ取り"で見どころが沢山あるので要所要所観ていただければと思います。

(赤澤さんのコメントを受けた和田さんから「ちゃんとしたコメント!俺が言ったことにしてくれません?」と報道陣に呼び掛けがあり、笑いが起きました。)

平成最後の月、桜が咲いて、散る季節にぴったりの作品

Q.お客様にひとこと!

斎藤 一 役:赤澤燈さん
僕は今回からの参加ですが、ミュージカル『薄桜鬼』としては"新しいものを"ということで作ってきました。座組の皆と、歴代キャスト・スタッフの方々の胸を借りて、精一杯今回の『薄桜鬼』を皆様にお観せできればなと思っております。


沖田総司 役:山﨑晶吾さん
切っちゃう方も切られる方もそれぞれの人生があるので、様々な登場人物の生き様を観ていただいて、お客様の心に何か響くものがあるように、皆様の背中を押せるように、頑張っていきたいと思います。


土方歳三 役:和田雅成さん
セリフ量も多く、殺陣も非常に多い舞台です。1本の舞台を誰1人欠けることなく終えるというのは簡単なのようで難しいことなので、まずはそこを目指して頑張っていきたいと思ってます。


雪村千鶴 役:本西彩希帆さん
今回初参加させていただいて、さらに『薄桜鬼』が好きになりました。
きっと観に来てくださったお客様にもより一層、ミュージカル『薄桜鬼』を大好きになってもらえるような作品に仕上がっていると思います。
ぜひ劇場に足を運んでいただけたら嬉しいです。劇場でお待ちしております。


風間千景 役:中河内雅貴さん
平成最後の月、桜が咲いて散るこの時期にぴったりな作品で主演でやらせていただけることがなんとも感慨深いです。
僕は昔の日本青年館でもいわゆる"2.5次元作品"に出演していました。その頃から2.5次元界がこんなに大きくなって、ミュージカル『薄桜鬼』もこんなに長く続く作品になっている、ということは、これからの時代にとって意味のあることだと個人的に思います。
今回、新しくなった日本青年館ホールでミュージカル『薄桜鬼 志譚』の公演できることが非常に嬉しいです。後輩たちに背中を見せて、しっかりと前に進んでいきたいと思います。よろしくお願いします!

まとめ

根強い人気を誇りながらも、常に進化を続けるミュージカル『薄桜鬼』シリーズ。風間千景が主演ということで、鬼の一族の天霧九寿(兼崎健太郎さん)不知火匡(末野卓磨さん)と、新選組とのライバル関係も色濃く描かれ、一層見ごたえのある作品となりました。中河内さんが語った「今までにない『薄桜鬼』の結末」はぜひ劇場でお確かめください!

numanでは後日、ゲネプロ詳細レポートも掲載予定!そちらもお楽しみに!

作品情報

11 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません