まるで異世界転送!?『仮面ライダーバース バースX誕生秘話』が大いに楽めたわけ

掲載/更新 0
まるで異世界転送!?『仮面ライダーバース バースX誕生秘話』が大いに楽めたわけ
『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』に登場した仮面ライダーバースXの誕生秘話を描く『オーズ10th 仮面ライダーバース バースX誕生秘話』。オーズ版“異世界転送”ともいえる本作の感想を古参ファンのライターがお伝えします!
『仮面ライダーオーズ/OOO』完結から10年を迎えた2022年。『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』と題された映画が公開となり、ファンは劇中で語られた“いつかの明日”が実現したとして大いに歓喜しました。

10年ぶりの続編である同作では、仮面ライダーオーズ=火野映司と彼の相棒でありグリードのアンク、2人による“共闘”が実現。懐かしのキャラクターたちが一堂に会した、まさに“お祭り”といった様相を呈する作品でした。
しかしながら、約1時間で描かれるストーリーの中ではどうしても描き切れない部分というのもありました。それが仮面ライダーバースの物語です。『復活のコアメダル』の中で仮面ライダーバースは、人類の最後の希望としてレジスタンス軍の主力戦力として躍動。最終的には強化形態である仮面ライダーバースXという姿も披露しました。

『仮面ライダーバース バースX誕生秘話』メインビジュアル

©東映特撮ファンクラブ ©石森プロ・東映

『仮面ライダーバース バースX誕生秘話』メインビジュアル

このバースの進化はいかにして実現したのか……映画を観ていて疑問に思ったファンも多いことでしょう。

そんなファンの疑問に回答を示してくれる作品が、現在、東映特撮ファンクラブ(TTFC)で配信されている『オーズ10th 仮面ライダーバース バースX誕生秘話』です。

『仮面ライダーオーズ』2代目ライダー“バース”とは?

まずは『仮面ライダーオーズ/OOO』から振り返りましょう。同作は2010年から2011年までテレビ朝日系列で放映された「平成仮面ライダー」第12作。物語の主人公は、ちょっとのお金と明日のパンツさえあれば十分に生きていけると考え、世界中を放浪する火野映司です。

彼がひょんなことから人の欲望によって生まれた怪人であるグリードと相対することになり、同じくグリードであるアンクの導きにより仮面ライダーオーズへと変身し、熾烈な戦いへと身を投じていく姿が描かれました。

 『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』メインビジュアル

©2022 石森プロ・バンダイ・東映ビデオ・東映

『仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル』メインビジュアル

そんな『仮面ライダーオーズ』内で“2号ライダー”としての役割を担った仮面ライダーバースは、TVシリーズに先がけて、2010年の映画『仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&W feat.スカル MOVIE大戦CORE』で初登場(※)を飾りました。鴻上生体研究所が開発した生体強化スーツを身に纏うことで、グリードたちとの戦闘が可能になります。

※TVシリーズでは第16話で初登場
オーズがコアメダルの力で変身するのに対して、バースはセルメダルの力を利用。そのため大量のセルメダルを消費して戦わなければなりませんが、メダルの力を最大限引き出した際のパワーはオーズに引けを取らないと言っても過言ではありません。

『仮面ライダーバース バースX誕生秘話』より

仮面ライダーバースXの秘密とは一体…!? 

『仮面ライダーバース バースX誕生秘話』より


当初、仮面ライダーバースはかつて医師として世界中を飛び回っていた経験を持つ伊達明(演:岩永洋昭)が自身の手術の費用を稼ぐために変身していましたが、のちにライドベンダー隊の一員として活躍していた後藤慎太郎(演:君嶋麻耶)へとバトンが渡され、二代目バースとしてグリード討伐に大きく貢献しました。
37 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません