イケメンすぎ…宝塚版『シティーハンター』にズキュン!次は『ジョジョ』を熱望する声も

イケメンすぎ…宝塚版『シティーハンター』にズキュン!次は『ジョジョ』を熱望する声も
2次元作品の実写化が決まると、キャラの再現度を厳しく見てしまう人は多いのではないでしょうか? しかし先日公開された宝塚版『シティーハンター』のビジュアルには絶賛の声が続出。原作ファンからも好意的な感想が相次いでいました。
実写化と言われて真っ先に心配するのがキャラのビジュアル。やっぱり推しのイメージが違うとガッカリしてしまいますよね。そんな中、宝塚歌劇団による2次元作品の舞台化は好評なことが多いようです。

最近、もっとも注目されたその作品とは?

足の長さまで再現!?

昨年宝塚による舞台が発表された北条司先生の名作『シティーハンター』。同作の主人公・冴羽獠といえば、新宿でスイーパー(始末屋)として生きるハードボイルドな男です。

体格も身長180cm以上の男らしい体つきで、女性だらけの宝塚がどう再現するのか注目が集まっていました。
11 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは