中村優一、鮎川太陽らが熱演! 舞台『NORN9 ノルン+ノネット』ゲネプロレポート

中村優一、鮎川太陽らが熱演! 舞台『NORN9 ノルン+ノネット』ゲネプロレポート
2018年10月17日(水)より、オトメイトの人気乙女ゲーム『NORN9 ノルン+ノネット』の舞台が開幕! 主演の中村優一さんをはじめ、9名のメイン男性キャラクター、そして3名のヒロインを演じる個性豊かな役者が揃いました。こちらの記事では、物語の見どころとゲネプロでのキャストコメントをお届けします。

自分の"能力"に苦悩し、迷い、ぶつかり合う少年少女たち

2016年にはテレビアニメ化もされたオトメイトの人気乙女ゲーム『NORN9 ノルン+ノネット』がついに舞台化。

“能力者”と呼ばれる特殊な力を持った少年少女たちが、“世界”と呼ばれる組織によって召集され、飛行船“ノルン”に乗って旅をする物語です。
乙女ゲームでありながら、ヒロインが3人存在し、1人のヒロインに対して3人ずつの攻略対象キャラクターがいることが大きな特徴となっています。
過去の記憶を持たない少女、こはる(築田行子さん)は、ある日“旅人”に“こはる”という名前を与えられ、17歳になる年に“ノルン”に乗るよう教えられます。

17歳になった彼女は、自分を迎えに来てくれた結賀駆(中村優一さん)の手をとり、“ノルン”に乗船することに。

駆は植物を自在に扱える能力を持っており、その能力で植物を育てたり、時には攻撃から皆を守ったりもできます。そんな駆の能力をうらやましく思うこはる。彼女の能力は、駆の能力とは正反対の力なのです――。
36 件
aichu

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは