ミュージカルリズムステージ『夢色キャスト』開幕!|ゲネプロレポート ──WELCOME TO THE SHOW!

ミュージカルリズムステージ『夢色キャスト』開幕!|ゲネプロレポート ──WELCOME TO THE SHOW!

170万ダウンロードを超える人気ミュージカルリズムゲーム『夢色キャスト』(通称:夢キャス)がついに舞台化! 2018年2月7日(水)~2月11日(日)までAiiA 2.5 Theater Tokyoにて全8公演が行われます。公演初日に先立ち行われたゲネプロの模様とキャストコメントをお届けします。

幕開きから一気に劇場はDCTに! 白燕尾のキャストが華やかに舞う

「君にこの続きを書いてほしい。君がこの作品を完成させて欲しいんだ。」

演劇界で巨匠と呼ばれた脚本・演出家である朝日奈真が設立した、男性の俳優だけで構成されるミュージカル劇団"夢色カンパニー"。

不慮の事故で創立者の朝日奈真が亡くなってから2年。
父の跡を継いで主宰を務める朝日奈響也(あさひな・きょうや 演:西川俊介)とその幼馴染である橘蒼星(たちばな・そうせい 演:鶴田亮介)は、公園での偶然の出逢いから夢色カンパニーの座付き作家として新たに新米脚本家の彩瀬まどか(あやせ・まどか 演:君島光輝)を迎え入れる。

実績も経験もないまどかに、藤村伊織(ふじむら・いおり 演:鈴木身来)新堂カイト(しんどう・かいと 演:α-X‘s敦貴)桜木陽向(さくらぎ・ひなた 演:高岡裕貴)城ケ崎昴(じょうがさき・すばる 演:α-X‘s遥城)雨宮仁(あまみや・じん 演:丸山龍星)ら夢色カンパニーのキャストたちは反発したり戸惑ったり。

そこへスポンサーから、次回公演は朝日奈真の新作でないと出資はしないとの通告が下る。
すでに亡くなっている朝日奈真の新作などできるはずもない。夢色カンパニー存続の危機に、響也は、父・朝日奈真の未完成の遺稿をまどかに渡す。


……と、原作アプリをプレイしている方ならおなじみの展開で舞台は始まります。

夢色キャスト舞台画像1

まず幕開きは、夢キャスといえばこの楽曲、『CALL HEAVEN!!』
幕が上がると原作アプリ内で何度も目にしたことのある、あの白燕尾にシルクハットで登場する夢色カンパニーのキャストたち。
一気に会場は夢色カンパニーの拠点であるDCT(ドリームカンパニーシアター)に。
これぞ"夢キャス"! の再現に思わず息を呑む脚本家の方も多いのではないでしょうか。

夢色キャスト舞台画像2

夢色キャスト画像3

まどかに父・朝日奈真の遺稿を渡す響也。

「できるかできないかじゃない。君が書きたいか書きたくないかだ。」

響也の言葉に後押しを受け、悩みながらも遺稿を元に『The AUDITION』の脚本を書き進めるまどか。
様々な事情を抱える個性豊かな夢色カンパニーのキャストたちとも打ち解け、次第に彼らとの信頼関係も深まっていきます。
そして練習を重ね、やがて夢色カンパニーは公演に向けて一つににまとまっていくのです。

夢色キャスト画像4

夢色キャスト舞台画像5

夢色キャスト舞台画像6

夢色キャスト画像7

根を詰めすぎて倒れてしまったまどかを見舞うキャストたち。 原作アプリ内でもあまり見ることの出来ないキャスト同士のコミカルなやり取りは必見です。

夢色キャスト舞台画像8

24 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

人気ランキング

特集記事一覧

ドラマ/舞台の人気ランキング

用語集 気になる用語をCHECK!!