EXILE橘ケンチ、北園涼 歪んだ愛が絡み合うーー舞台『魍魎の匣』ゲネプロレポート

掲載/更新 0
EXILE橘ケンチ、北園涼 歪んだ愛が絡み合うーー舞台『魍魎の匣』ゲネプロレポート
アニメ化もされた京極夏彦氏の人気作を舞台化した作品、『魍魎の匣』 が2019年6月21日(金)に上演。EXILE/EXILE THE SECONDの橘ケンチさんや北園涼さんが出演することでも話題の本作の、ゲネプロレポートをお届けします!
2019年6月21日(金)~7月7日(日)、東京・神戸で舞台『魍魎の匣』が上演!

京極夏彦さんが手掛ける小説「百鬼夜行シリーズ」の舞台化である今作は、アニメ化もされている人気エピソード『魍魎の匣』を完全再現。“匣(はこ)”を使った演出で、会場を巻き込みます。

本記事では、6月21日(金)に行われたゲネプロの様子をお届けします!

舞台『魍魎の匣』ゲネプロレポート 橘ケンチ 画像

中禅寺秋彦役:橘ケンチさん/EXILE/EXILE THE SECOND

ある少女の事件が引き寄せる、もうひとつの事件

ときは1952年。ある少女が武蔵小金井駅のホームで誰かに背中を押され、列車に轢かれたことから、物語は始まります。
劇場に響く列車のブレーキ音が予感させる、不吉な未来。事件時その場に居合わせた刑事・木場修太郎(内田朝陽さん)は、被害者の柚木加菜子(井上音生さん)と一緒にいた同級生の楠本頼子(平川結月さん)に事情聴取を行います。

橘ケンチ主演舞台『魍魎の匣』ゲネプロレポート 画像

(左)柚木陽子役:紫吹淳さん、(右)木場修太郎役:内田朝陽さん

事情聴取によると、もともと引っ込み思案で友達の少ない頼子が、加菜子に「それぞれが生まれ変わりだ」と声をかけられたことをきっかけに交流を深め、2人で最終電車に乗り、湖を見に行くところだったそう。
木場は、少女2人の “歪んだ愛”に巻き込まれるまま、加菜子が治療を受ける美馬坂近代醫學研究所に足を運びます。

美馬坂近代醫學研究所で木場が出会ったのは、柚木加菜子の姉・陽子(紫吹淳さん)と陽子の父であり所長の美馬坂幸四郎(西岡德馬さん)。そんななか、加菜子が一瞬のうちにいなくなってしまうことから、新たな事件の扉が開きます。

“匣”に魅せられた男たちの行方とは……

橘ケンチ主演舞台『魍魎の匣』ゲネプロレポート 画像2

左から関口巽役:高橋良輔さん、鳥口守彦役:高橋健介さん、中禅寺敦子役:加藤里保菜さん

武蔵小金井駅で起こった事件の謎が深まる一方で、売れない小説家・関口巽(高橋良輔さん)、編集記者・鳥口守彦(高橋健介さん)中禅寺敦子(加藤里保菜さん)は「武蔵野連続バラバラ殺人事件」を追いながら道に迷い、“匣”のような見た目の美馬坂近代醫學研究所で木場と遭遇。

橘ケンチ主演舞台『魍魎の匣』ゲネプロレポート 画像3

(左)久保竣公役:吉川純広さん

30 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません