イケメン忍者たちがメロメロにされて……⁉ 舞台『忍び、恋うつつ』囲み取材レポート!

掲載/更新 0
イケメン忍者たちがメロメロにされて……⁉ 舞台『忍び、恋うつつ』囲み取材レポート!
オトメイト原作の舞台『忍び、恋うつつ』が2019年1月18日(金)、新宿村LIVEにて初日を迎えました。猿飛咲助役の原野正章さん、霧隠蔵人役の秋葉友佑さんらキャストが華やかな忍者姿で甘い台詞を次々と紡ぎます。こちらの記事では、囲み取材の様子をレポートいたします!

「メロメロの術にかかった時のギャップを見てほしい」(秋葉友佑)

――ご自身の役の紹介と、初日の意気込みをお願いします。

猿飛咲助役:原野正章さん
ツンデレ系お馬鹿忍者ということで、一流の忍術学校に通う男の子ですが、歌舞伎役者でもあります。
百年に一度の天才、真田十勇士の再来と言われている生徒の1人で、男の子の憧れが詰まった役をいただいたと思っています。
この作品の魅力であるメロメロの術で、女の子がときめく台詞も沢山言いますので、しっかりやりたいと思います!


霧隠蔵人役:秋葉友佑さん
クールで貧乏な忍者で、口数が少ない役ですが、ヒロインのメロメロの術でメロメロになってしまった時のギャップをぜひお客様に楽しんでいただきたいと思います。
大好きな弟の忠人との接し方にも注目していただきたいです。

(左)霧隠忠人役:一ノ瀬竜さん、(右)霧隠蔵人役:秋葉友佑さん

由利鎌清役:武子直輝さん  
鎌清は普段は真面目な学級委員ですが、実はムッツリな一面があります。"忍び"なのですが、ご覧の通り、あまり忍ぶ気がない髪形や服装となっています(笑)。  
艶やかに戦う姿や、メロメロの術のシーンでは各キャラクターのイメージカラーを使った個性的な演出も楽しんでいただきたいです。

由利鎌清役:武子直輝さん

我来也役:堀之内仁さん  
我来也は中二病ショタ忍者です。原作のネタバレになってしまうので、あまり詳しくは語れないのですが……とある闇を抱えて生きているキャラクターです。  
今作でもそんな一面が見え隠れします。孤立しがちですが、人と関わること自体が苦手なのではなく、構ってほしいから中二病になっているというかわいらしい子です。よろしくお願いします。

我来也役:堀之内仁さん

穴山大介役:鷲尾修斗さん  
僕の演じる穴山大介は見た目と違ってチャラ男系妖艶忍者なんですが(笑)。  
(他キャスト:「おいおい!」「見た目通りだろ!」)  
沢山の2.5次元作品に出させていただいていますが、新宿村LIVEならではのお客様との距離の近さを生かした2.5次元をお見せすることが出来るのではないかと思っています。  
ピンマイクをつけずに地声でのお芝居を見ていただける機会というのは、あまり2.5次元ではないかと思いますので、ぜひ劇場に足を運んでいただいて観ていただきたいです。  


真田幸影役:宮元英光さん  
ここにいる皆とは違い、先生という立場になります。  
めちゃめちゃ強くて、芯の通った人物ですが、メロメロの術にかかると、ズルい大人の色気を出します。  
そこを見せていけるように、頑張ります!  

真田幸影役:宮元英光さん

霧隠忠人役:一ノ瀬竜さん  
弟系年下忍者というキャッチコピーで、何でもできる兄ちゃんの蔵人と対照的に、忍術が使えない子ですが、元気で、明るく、純粋な子です。  
今回が初めての2.5次元作品になります。作品に、役に忠実に演じられるように頑張りますので、よろしくお願いします。
27 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません