【後編】花江夏樹、西山宏太朗がコンビで!?『GETUP! GETLIVE!(ゲラゲラ)』 2nd LIVEレポート

掲載/更新 0
【後編】花江夏樹、西山宏太朗がコンビで!?『GETUP! GETLIVE!(ゲラゲラ)』 2nd LIVEレポート
【後編】では、ドラマパートと終盤の定期ライブの模様をお届けします! 声優の花江夏樹さん、西山宏太朗さん、豊永利行さん、石川界人さん、阿座上洋平さん、熊谷健太郎さん、小西克幸さんの7人による、声優×二次元芸人プロジェクト『GETUP! GETLIVE!(ゲラゲラ)』2nd LIVE東京公演が開催。夜公演ライブレポートです。
『GETUP! GETLIVE!』は、芸人を志す若者が集う養成所「SSS(スーパースタースクール)」を舞台に、お笑いに青春をささげたコンビたちを描いた作品。
誰もが「俺の相方が世界で一番面白い」と熱い想いを胸に秘め、マイクの前に向かいます。

2020年2月9日(日)、日本教育会館一ツ橋ホールにて、声優×二次元芸人プロジェクト『GETUP! GETLIVE!(ゲラゲラ)』2nd LIVE東京公演が開催され、花江夏樹さん(上原淳也役)、西山宏太朗さん(東沢楓役)、豊永利行さん(町田瀬那役)、石川界人さん(大野虎之助役)、阿座上洋平さん(喜多見蓮役)、熊谷健太郎さん(狛江一馬役)、小西克幸さん(唐木田七緒役)といった、豪華声優陣が出演しました。

本記事では、笑いあり感動ありの夜公演ライブレポートの【後編】として、トラマパートと終盤の定期ライブの模様をお届けします!

【前編】はこちらから! 

※記事内の画像は大阪公演のものです。

「6-シックス-」解散の危機?

ドラマパートは、声優陣が台本を手に演じるリーディングライブ形式
1st LIVEでは上原淳也と東沢楓で結成した共振系幼馴染コンビ「スターダスト」がお笑い芸人として踏み出すまでの過程が描かれましたが、今回は彼らの先輩である「6-シックス-」がメインとなりました。
「菊一文字」の大野に対抗心を燃やす“低温度インテリ眼鏡”の喜多見と、“超絶怒涛の太鼓持ち”の狛江によるイマドキ関東芸人の「6-シックス-」。

彼らはお笑い芸人としての限界を感じ、新たな一歩を踏み出そうとします。その葛藤する様子や、相方を思いやるあまりに本音を隠してしまう狛江の距離感が、観客の心を揺さぶります。

お互いに率直な気持ちをぶつけ合うシーンでは、客席から鼻をすする音が漏れ聞こえてきました。
「6-シックス-」解散を阻止したい「スターダスト」と、コンビの問題は本人たちが解決すべきと考える「菊一文字」の町田の対比も見どころのひとつ。
一見ドライに見える町田ですが、言葉の端々からお笑いや相方に真剣に向き合っている様子が伝わってきます。
普段は喜多見と衝突することの多い大野。しかし心の底では「6-シックス-」をライバルとして認めているとも取れる言葉を口にします。
声を荒げながら喜多見にお笑いに対する価値観をぶつける場面は、手に汗握ってしまうほど圧巻でした。

38 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません