植田圭輔「ヒロキは"喜怒哀楽のお化け"です」|舞台『pet』―壊れた水槽―、初日囲み会見レポート

植田圭輔「ヒロキは"喜怒哀楽のお化け"です」|舞台『pet』―壊れた水槽―、初日囲み会見レポート
2018年12月5日(水)舞台『pet』―壊れた水槽―が初日を迎えました。三宅乱丈の『ペット リマスター・エディション』を原作に植田圭輔さんが舞台版、アニメ版ともに主演のヒロキを演じることでも話題の同作品。舞台版には、桑野晃輔さん、谷佳樹さん、萩野崇さんら実力派キャストが集結しました。こちらの記事では初日会見の様子をお届けします。

「『ペット』という作品は、実は僕らの生きている世界の延長線上の世界なのではないか」(谷佳樹)

本作は他者の記憶を操る特殊能力を持った"ペット"と呼ばれる青年達によるSFヒューマンドラマとなっています。
演じられる皆さんは本作に対してどのような印象をお持ちでしょうか?


ヒロキ役:植田圭輔さん
初めて読んだ時は、率直な感想として「難しくて理解できない……」と思いました。
ですが、噛めば噛むほどと言いますか、読めば読むほど、話を理解すればするほど、互いの存在に依存し合っている様子など、それぞれのキャラクターの人間関係が色濃く見えてきました。
普段"2.5次元"と呼ばれる作品とは一味違う、気合いの入った社会派な作品になりそうだなと思っています。

司役:桑野晃輔さん
僕も第一印象としては、なかなか難しい物語だと感じ、舞台にするとどうなるのかなと思いました。
しかし実際に稽古に入ってみて台本を読み解いていくうちに、人間の欲望や執着や嫉妬、実は観ていただくお客様が私生活で感じうる気持ちが沢山出てくる作品だと感じました。
そういったところに共感していただける作品になっているのではと思います。

悟役:谷佳樹さん
人の記憶の中に潜りこむという能力は確かにSFですが、そういった力が本当に現実世界に存在するんじゃないか、
実は僕らの生きている世界の延長線上の世界なのではないか
と思わせるようなリアリティを追求している作品です。
役者同士が高めあいながら、熱量を持って、この世界をお届けしたいと思っています。

林役:萩野崇さん
第一印象としては映像向きの作品だと感じましたが、稽古を重ねるにつれて、非常に演劇的な作品だと感じるようになり、今日の初日を迎えるのがすごく楽しみになりました。
非常に面白い作品になったと思います。

桂木役:君沢ユウキさん
『pet』という作品には、"ヤマ"と"タニ"という言葉が出てきます。
"ヤマ"は自分を形成する1番幸せな記憶、"タニ"はいわゆるトラウマのような記憶で、そんな"ヤマ"と"タニ"のは皆にあるものだと思います。
起承転結なストーリーの中、喜びや葛藤といった人間ドラマが見どころの作品です。

ロン役:伊勢大貴さん
作品を読み解いていくと、1人1人の登場人物のルールや目的がはっきりしていて、そしてそれが変わっていく様子が全5巻の中で丁寧に描かれている作品だと思いました。
絵のタッチも、気合いが入るシーンは線が細くなるのが独特で、三宅先生はどんな気持ちでこのシーンを描いたのだろう、などと考えてしまいました。
舞台上でも、原作に込められた想いを表現できるように頑張りたいです。

ジン役:あまりかなりさん
重厚な内容だけれども、自分が生きていく中でこういうことってあるよね、人間ってこういうものだよね、と共感できる部分もあり、 もしかしたらこの作品が伝えたいことはすごく単純なことなのかもしれない、と感じました。
そんな原作を舞台で表現できることがすごく面白く、本番の幕が開くのが楽しみです。

「桂木とロンは好感度ゼロな役どころなので、徹底的に好感度下げてやろうと思っています(笑) 」(君沢ユウキ)

ご自分が演じられる役はどのようなキャラクターですか?

植田:
僕が演じるヒロキは、とにかく司に依存しまくっています。
感情を振り切っている"喜怒哀楽のお化け"のようなキャラクターです。
皆さんそれぞれ、お化けをお持ちだと思うんですが、ヒロキはそんな感じです(笑)!

桑野:
司は言葉を巧みに操って、その場の空気を支配し、人の心を操ってしまうようなキャラクターです。
役者冥利に尽きる役をいただいたなと感じています。稽古期間は「このままじゃダメだ」と思うこともあり、必死に役に食らいついてやってきました。
今までにないくらい台詞量が多くて……つまり一言で言うなら"台詞お化け"でございます(笑)。

谷:
悟はヒロキたちと同じく、恐れと蔑みを込めて"ペット"と呼ばれている特殊能力を持った存在です。 作中ではヒロキと対になる存在で、ある種ライバルのようにも見えるかもしれません。
ヒロキと悟は似ているようでも、違った境遇で生きてきました。悟の人生をどれだけ深く掘り下げて表現できるかが今回の僕の使命だと思っています。
えー……一言で言うなら……出てこないよー……。

植田:
金髪ピアスお化け?

谷:
いや見たまんま(笑)! "金髪ピアスお化け"ということで、よろしくお願いします……。
20 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは