和合真一、木村敦、柏木佑介ら出演! おにぎりの具材が擬人化!? ウィズステージ第4弾『結ひの忍』写真掲載&ゲネプロレポート

和合真一、木村敦、柏木佑介ら出演! おにぎりの具材が擬人化!? ウィズステージ第4弾『結ひの忍』写真掲載&ゲネプロレポート

2017年11月23日(木)、東京・六行会ホールで“忍者×おむすび”をキーワードにしたシナリオゲーム『結ひの忍』の舞台化作品、ウィズステージVol.4『結ひの忍』がついに開幕! ウィズステージならではの客席を巻き込んだエンターテインメント性の高い舞台となっていました。今回はこちらのゲネプロをレポートするとともに、今回で4回目の上演となるウィズステージの魅力にも迫ります。

舞台でストーリールート選択!? ウィズステージの魅力 

ウィズステージVol.4『結ひの忍』

ウィズステージは、"観客は登場人物の一員"という設定でストーリーを展開し、キャストが客席に向けて語りかけたり、観客自身に物語の展開を選ばせる“ifセレクト”を行ったりと、まるで舞台に参加しているかのような演劇を演出し、上演する舞台制作ブランドです。
乙女ゲームの選択肢を選んでいるような感覚も楽しめる、新感覚のエンターテイメントとなっています! 

これまでのウィズステージでは、お客様が気兼ねなく参加できるように、客席に予めペンライトが用意されていましたが、今回は指輪状のフィンガーライトが入場時に配られました。これで、観客は手ぶらで来場しても何も問題ありません! 
あとは劇中でキャストからいくつかの選択肢が与えられた後、「○○がいいと思う人はライトを振って!」という指示が出されるので、あなたが望む選択肢でライトを掲げればいいだけ! このフィンガーライトは記念にお持ち帰りOK! ご観劇の記念にぜひ。

おにぎりの具材の擬人化とは。『結ひの忍』シナリオ紹介

原作の『結ひの忍』は、Ameba、mixiゲーム、GREEで配信されているカード式シナリオゲーム。
”忍者×おむすび”をキーワードに、明太子、しらすなどのおにぎりの具材の擬人化(!?)として話題となりました。

物語の舞台は広大な領地と豊かな資源、そして春夏秋冬の四季を同時期に有する平和な国――稲穂ノ国。
その平和の影で活躍するのが、”おひつの里”をはじめとする特殊な里で生まれ育った“結忍(ゆいにん)”たちです。

ウィズステージVol.4『結ひの忍』

稲穂 光(汐谷文康さん)と稲穂 錦(新澤典将さん)

今回の舞台では、二つの国を治める殿となった双子、稲穂 光汐谷文康さん)と稲穂 錦新澤典将さん)の誕生日を祝う生誕祭が開催されるところから始まります。
7日間にわたる生誕祭の式典の数々に飽き始めた双子のもとに、先代・旭が遺した宝の噂が届きます。その噂とは“美しく輝く一対”を天守閣に持っていくと、宝の扉が開く……というもの。
光と錦の命令により、“美しく輝く一対”を探し、噂にまつわる調査を進める結忍たち。果たして結忍たちは、無事に生誕祭の最終日を迎えることができるのでしょうか? 

ウィズステージVol.4『結ひの忍』

野沢菜(小谷嘉一さん)/わかめ(立原寛也さん)

冒頭で分かりやすくゲームのおさらいと、今作のあらすじの紹介があるため、初めての方も安心して楽しむことができます。

なるほど、おにぎりの具材の擬人化だから、稲穂ノ国が舞台で、お米自体が1番権力を持っているのか……と納得(笑)。
とにかく登場人物が多い本作ですが、おにぎりの具材の擬人化とあって、それぞれのキャラクターが何の擬人化で、何と繋がりが強いのかを考えながら見ると、キャラの個性やそれぞれの人間関係(おにぎり関係?)が分かりやすいのです!

具材の特性が外見にも性格にも!? 個性豊かな結忍たち!

ウィズステージVol.4『結ひの忍』

本作では原作ゲームにも登場する魅力的な結忍が沢山登場します。 

46 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!