ドラマ『推しの王子様』のリアル。乙女ゲーム会社って実際どうなの?「推しの露出で議論に」「壁ドンにダメ出し」

掲載/更新 0
ドラマ『推しの王子様』のリアル。乙女ゲーム会社って実際どうなの?「推しの露出で議論に」「壁ドンにダメ出し」
女子に今話題の、乙女ゲームの制作を題材としたドラマ『推しの王子様』。実際の乙女ゲーム制作現場からの反応は?「あるある」や「意外な事実」を聞いてみました。
IMAGE
2021年7月15日より毎週木曜22時~放送中のドラマ『推しの王子様』。乙女ゲーム制作会社の社長である日高泉美(比嘉愛未さん)が、ダメなイケメン・五十嵐航(渡邊圭祐さん)を一流の男に育てる物語です。

あまり表に出ない乙女ゲームの制作現場をリアルに反映し、「わかりみある」と評判の本作。
ドラマと比べて実際の現場はどうなのか? 実際に働いている人や過去に働いていた経験がある人たちに聞いてみました。

※複数の会社の体験談を基にしています。特定の会社を示すものではありません。

皆オタクは当たり前! 男性社員の"壁ドン"実践も

主人公・愛泉の部屋でひときわ目を引くのが、推しキャラであるケント様の‟祭壇”
そしてオフィスでは、お城オタク、アイドルオタクなど違う趣味を持つ社員たちがグッズを手に語り合っています。
その風景には特に「わかる!」と共感した人が多いようで……?

「部屋や職場のデスクは、推しのフィギュアや限定グッズでいっぱい。
泉美のように家にはもちろん祭壇があるので、極力誰も呼びません(笑)」

「映画オタ、相撲オタ、2.5次元オタ……皆ジャンルは違えど何らかのオタク
ちなみに自分はドラマのマリ(佐野ひなこさん)みたいに、女の子の地下アイドルの追っかけをしています。
有給休暇を取る時も、上司には取得理由を‟ライブ”と伝えていますよ」

中には推しの等身パネルを玄関に飾って、毎朝「行ってきます」を言うのが日課、という人も!
また、愛泉の会社には、光井倫久(ディーン・フジオカ)や有栖川遼(瀬戸利樹)といったイケメン社員も在籍。
実際、男性が乙女ゲームを手掛けることはめずらしくないそうですが、たまに‟恥ずかしいお願い”をされることも……?

「男性は結構多くて、中には元モデルやコスプレイヤーも。
『推しの王子様』のように男性が企画した乙女ゲームもありますし、男女関係なく日々‟ときめくシチュエーション”や‟女性が求めてるもの”について議論を交わしてます。
たまに、違う、そうじゃない!と男性が怒られることもありますが(笑)」

「男性社員にはゲームのイベントCGの参考用に、壁ドンやバックハグをした写真を撮らせてもらいます。
男女でやるのはアレなので、ヒロイン役も男性で……でも、ポッキーゲームをお願いした時はさすがに恥ずかしそうでした(笑)」

男性社員にキャラクターのコスプレをしてもらって、生配信やイベントに出てもらった時は大好評でした。
キャラクターより人気になるんじゃないかと心配したほどです」

大事なのは、男性も女性も人を喜ばせる乙女ゲームを作りたい思いは同じ、というところ。
男性だからこそ頼られるシチュエーションが多いことも、よくわかりました。

"キュン"するネタはどう絞り出している?

1話で泉美が副社長の光井に言う、「現実の男は理想通りにいかないし、ひどいやつも多い」。
乙女ゲームのキャラクターはまさに‟王子様”といった素敵な男性があふれていますが、現実と比べてしまうことはあるのでしょうか?

「ときめきストーリーには実体験を反映することも結構あるので、現実の男性とどちらが上か?という考えはあまりないです。
‟寒いと言ったらポッケの中で手を繋いでくれた”、‟電車に乗るとき上司が手を引いてくれてドキっとした”など……。
奇抜なシチュエーションを作り出すより、‟わかる~!”に近づけるイメージです」
20 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません