演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞稽古場レポ公開♪ 醍醐虎汰朗&赤名竜之輔インタビューで居候告白?

掲載/更新 0
演劇「ハイキュー!!」〝飛翔〞稽古場レポ公開♪ 醍醐虎汰朗&赤名竜之輔インタビューで居候告白?
ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“飛翔”の、稽古場公開取材が行われました! 主人公・日向翔陽を演じる醍醐虎汰朗さん、影山飛雄役の赤名竜之輔さん、脚本・演出のウォーリー木下さんによる会見も行われ、新生への意気込みを語ってくれました。
IMAGE

11月1日(金)に開幕を迎える ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“飛翔”。シリーズ初となる稽古場公開取材が行われました。
シリーズ8作目となる本作、今回から主人公・日向翔陽を演じる醍醐虎汰朗さんをはじめとする烏野高校メンバーが全員新キャストとなり、「新生烏野」の始動に注目が集まっています。

公開稽古のあとには、主人公の日向翔陽役の醍醐虎汰朗さん、影山飛雄役の赤名竜之輔さん、そして脚本・演出のウォーリー木下さんが出席し、集まった取材陣に向けて囲み会見も行われました。

新しい舞台セットを駆け巡る30名のキャストたち!

これまでの演劇「ハイキュー!!」とはイメージが変わった新しい舞台セットになる本作。
稽古場のセットを見るだけもその舞台上の変化が感じられ、奥行だけでなく、上下の移動も激しいものになりそうだなと想像させられました。

この稽古場セットをところ狭しと走り回る30名ほどのキャストたち。メディアの取材スペースはその稽古スペースの目の前にあるために、キャストの皆さんの汗が飛んでくるかのような臨場感。
稽古直前まで「ここはこういう感じで」「これでいいですか?」と、動きの確認をし、コミュニケーションを取って真剣さと柔らかな笑顔が交差する場となっていました。そんな中、この日公開されたのは、「オープニング」と「伊達工業高校戦」の前半部分
オープニングシーンでは烏野高校のメンバーだけでなく、登場人物全員によるダンスシーンが繰り広げられました。まだ完成には至っていないため、それぞれ自分の動きや周りとの距離感を確認しながらという面はあったものの、その迫力と熱気は十分に本番を感じさせる雰囲気。
本番でのプロジェクションマッピングを交えたシーンでは、どのような展開ととなるのか、見ているだけで、期待感の高まる場面となりました。

また、伊達工業高校との練習試合の場面では、試合の展開をアクロバティックな振り付けで見せていく演劇「ハイキュー!!」ならではの演出を存分に見せてくれました。
その中で印象的だったのは、「試合」を生み出していくための細かな確認作業
例えば歩き方や手の持っていき方、リズムやちょっとしたタイミングなど、丁寧に確認し合う姿もあちこちで見られ、なるほど、あの舞台で見せてくれる「試合」の迫力は、こういう積み重ねから生まれているんだ、と改めて知ることのできる一幕でした。

日向翔陽役/醍醐虎汰朗「“飛翔”っていうタイトルが僕らとリンクしている」

――稽古が始まって、今の感想、心境などを聞かせてください。

醍醐虎汰朗(以下、醍醐) 僕は今少し焦っています。今まで体験したことのない動きであったり、体の使い方を一からやっている状態なので、すごくワクワクしているのと同時に、最初のうちには感じなかった「意外と時間ないんだ」という焦りを感じようになりました。
赤名竜之輔(以下、赤名) 僕も焦りはあって、今日こうして一部分ですけど、通すのもまだ何回目かで、「こんなにキツいんだ」ということを実感していて。あとは、日向と影山の関係性はすごく深いものですけど、稽古期間の間で深めないといけないので、そういう部分でも焦りはあります。
醍醐 そこは余裕だろ(笑)。
赤名 今、(醍醐さんの家に)居候してるんです(笑)。
醍醐 そうです。僕の家にずーっといて。
赤名 台本読んだり……。
醍醐 一緒にね。毎日一緒にいるので、彼女か!って(笑)。
赤名 (笑)。でもあと2週間で本番がはじまるので、もっともっと気を引き締めて頑張りたいと思います。
――新キャストの稽古をつけていていかがですか?

ウォーリー木下(以下、ウォーリー) ゼロから、今までやってこなかったメソッドを取り入れているので、僕も手探りでやっていますが、こういうのって、ずっと停滞していても、ある瞬間にガッと勢いに乗ったりする。
ダンスやパフォーマンス、芝居は、ある瞬間を超えるとできるようになる瞬間が来るので、今はまだそこにいってないと思うんですけど、きっとできると信じて作っております。

――演劇『ハイキュー!!』は運動量が多いことでも有名ですよね。オープニングもかなり激しいダンスを取り入れていますが。

醍醐 疲れることには疲れます。でも、前作まで日向役を演じていた須賀(健太)くんから「キツいほう(を選ぶの)が面白い」と言われたので、しんどいっていう理由で「これはできません」というのは、まだ使わないようにしています。けど、通し稽古をしたらどうなっちゃうんだろう? というのは今すごく思います。
赤名 僕も今、通し稽古をしてビックリしました。こんなにキツいんだと思って。
醍醐 汗も止まらないしね(笑)。
赤名 稽古中もどんどん疲れは溜まると思うので、自分のメンテナンスはちゃんとしないとな、と思います。
18 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません