『えいがのおそ松さん』ツッコミだらけの6つ子キャスト舞台挨拶!感動した人は騙されてる!?

掲載/更新 0
『えいがのおそ松さん』ツッコミだらけの6つ子キャスト舞台挨拶!感動した人は騙されてる!?
劇場版「えいがのおそ松さん」の大ヒットを記念した舞台挨拶が3月31日(日)に東京・丸の内ピカデリーにて行われました。この日は、おそ松役の櫻井孝宏さん、カラ松役の中村悠一さん、チョロ松役の神谷浩史さん、一松役の福山潤さん、十四松役の小野大輔さん、トド松役の入野自由さんの6つ子オールキャストがそろって登壇。豪華キャスト陣が大集合した、貴重な舞台挨拶の様子をお届けします!
IMAGE

「深い作品なのかも?」(櫻井さん)「騙されてる!」(神谷さん)

今作の舞台挨拶で6つ子の担当キャスト全員が揃うのは今回が初めて!
おそ松役の櫻井孝宏さんが「1回は揃えば格好がつくと思ってたんですが、ついにその日が来ました」と挨拶すると大きな拍手が起こりました。

本編を見た印象は?の質問に、今作を何回か観たという櫻井さんは「なんかすごい深い作品なのかも?すごいメッセージが隠されているのでは?と、ついに思い始めました。あまり良くないコンディションかもしれません」と話し、場内は爆笑の渦に。

『えいがのおそ松さん』6つ子オールキャスト舞台挨拶 写真1

櫻井孝宏さん、中村悠一さん、神谷浩史さん、福山潤さん、小野大輔さん、入野自由さん

カラ松役の中村悠一さんは「1回しか観てないので、まだその境地じゃないですが、櫻井さんがそう言うと不安になってきました」と便乗し、さらに皆の笑いを誘います。

神谷浩史さんの「最後うっかり感動させられて『いい話観たな』と思うけど、『違う!松原秀(脚本家)が適当に書いた脚本だ!』と。騙されてる!と気づくまで時間がかかりました。でもまだ皆さん気づいてない時間でしょうから、良い作品だなって感想です」とのコメントに共演者からのツッコミが飛び交い、とにかく笑いが途切れません。
福山潤さんが「テレビで冒頭だけオンエアされたのを観ていたら、ちょっと印象が違うなと。僕も劇場ではまだ観てないので、皆で、一人で、と観る環境によって変わると思うので劇場で観たらまた印象が違うのかなと思います」と語ると、
小野大輔さんは「そんなちゃんとしたこと言うんだ?」と困り顔。そして「すごい楽しかった!『全部盛り』みたいな!」と十四松のようなコメントを!

また入野自由さんの「今までの『おそ松さん』の好きなところも、全然訳が分からないところも全部入っていて。人によって笑うところが違う作品だと思うので、自由なタイミングで笑って楽しんでもらえたら」とのコメントに、場内から大きな拍手が沸きました。

福山潤さんは石油王イチ推し!

次に、今作で気になったキャラクターを聞かれると、福山さんは「石油王が本当に好きで。どうしても劇場版に出て欲しかったので、本当に少しだけしか出てこないんですけど、あの!一点集中で良いんですよ!」と石油王推しを強調!

そして櫻井さんの「やっぱり僕はダヨーンかな」との言葉にはキャストから「グロテスク過ぎる」「気持ち悪かったね」との感想が。櫻井さんは客席に「皆さんも『気持ち悪かった』って言っていいんですよ!?」と呼びかけました。
続けて18歳の役を演じる上で難しかったことは?との質問が出ると、神谷さんは「他の皆さんには特に指示がないのに、僕の場合『高い声で』って指定があったんです」と明かすと、福山さんからは「当人はそんなにいじられないのに、チョロ松は本編の中ですごくイジられるんですよね」とのコメントが。

神谷さんも「気持ち悪かったよね。チョロ松はずっと気持ち悪いですけど、今回『気持ち悪い』が突き抜けた結果、もう面白くなってきました。ありがたかったです、こんなにイジっていただいて」と澄ました笑顔を見せました。
26 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません