浴衣姿も最高!寺島惇太、仲村宗悟ら「声福大作戦~LIVE&READING~」夜公演レポート【GOALOUS5】

掲載/更新 0
浴衣姿も最高!寺島惇太、仲村宗悟ら「声福大作戦~LIVE&READING~」夜公演レポート【GOALOUS5】
熊谷健太郎、小松昌平、寺島惇太、仲村宗悟、深町寿成の男性声優5人を起用したグループ「GOALOUS5」が、7月3日(日)に福生市民会館 大ホールにてイベントを開催! その夜公演を写真つきでレポートします。
2022年7月3日(日)、男性声優5人を起用したグループ「GOALOUS5」(ゴーラスファイブ)が、福生市民会館 大ホールにて「声福大作戦~LIVE&READING~」を開催。熊谷健太郎、小松昌平、寺島惇太、仲村宗悟、深町寿成らメンバーが勢ぞろいし、歌あり朗読ありトークありと、盛りだくさんだったイベントの、夜公演の模様をお届けします。
■「GOALOUS5」とは?

「GOALOUS5」(ゴーラスファイブ)は、人気男性声優の熊谷健太郎さん(ブルー)・小松昌平さん(グリーン)・寺島惇太さん(イエロー)・仲村宗悟さん(ホワイト)・深町寿成さん(ピンク)による5人組グループ。

声の力で人々を虜にし「世界声福(征服)」を目指すダークヒーローをコンセプトとして2019年5月より活動。
毎週水曜日の17時よりWEB番組「GO5チャンネル」(YouTubeおよびニコニコ動画)を配信しているほか、楽曲展開やリアルイベントも展開しています。また、2次元キャラクター化プロジェクト「MISSION:GO5(ミッションゴーゴー)」も展開中。

久々のライブパフォーマンスに熱狂! トークには始終爆笑?

サイレンの音が響き渡る中、登場した「GOALOUS5」。まずはテーマソング第3弾の「MIRAGE SHOW」のライブパフォーマンスからスタート!
かっこよさはもちろんのこと、時には笑い(!)も起こるライブパフォーマンスに、会場の構成員(ファンの名称)もペンライトを振り応援します。
「久しぶりにリアルイベントが開催されてめでたいじゃん? 乾杯しない?」という仲村さんの一声で、乾杯をすることに。GOALOUS5は拳を、構成員はペンライトをグラスに見立てて、大きく振り上げます。

小松さんが「会場に集まっているのは、皆さん悪の構成員ということでよろしいですか?」と投げかけると、ちらほら手を挙げない人が……!? 「昼にもそういう人がいましたが、声福(征服)は完了しているので。そういう方々は、夜もそうなることでしょう」と不思議な表現をすると、メンバーからは「何も考えないでしゃべり出したでしょ(笑)」とツッコミが。

あなたはどっち派? 白熱(?)のディベートで熱い討論!

続いてはトークコーナー「悪のゴーラストーク」! 画面に3つのトークテーマが表示され、「聞きたいトークテーマ」を会場の構成員によるアンケートで決定します。
最初のテーマは、「占いやスピリチュアル信じる?」。仲村さん・深町さん・小松さんによる信じる側、熊谷さん・寺島さんの信じない側の2チームに分かれ、ディベート形式でトークを展開。

相手を納得させなければならないということで、それぞれ信じる側・信じない側になりきって討論が開始!
信じる側の意見として、「占いの線引きを知りたい」「当たる当たらないが気になる、運のゲームじゃない」と話す深町さん。

「人間は不安定だから占いを求める。必要としない人は、占いではない、別のところでそれを補ってる。だから占いを悪と見るのではなく、心が強く生きていける人が増える世の中に変えていかなければならないんじゃないでしょうか」という仲村さんのコメントには、熊谷さん・寺島さんも思わず「素晴らしい!」と拍手。
「反論は3つくらい思いつきますけど」と寺島さん。
しかし終了時間がきてしまい、反論許されぬまま決を取った結果、「信じる側」が勝利しました!
ここで寺島さんと仲村さんがいったん舞台袖へ、残った3人で「全員武士で犬派or猫派トーク」をすることに。3人とも実際は犬派寄りだということで、「これは3人で架空の猫派の侍を倒すしか……?」とざわつく3人。これはどちらかと言えば犬派・猫派にしようという話になり、深町さんが猫派に立候補。1対2でディベート。

全員武士設定ということで、「~でござる」「もののけというのは……」など、言葉遣いや言い回しの癖が強めで、意見とは違うところが気になってしまう……!
終了の合図が鳴ったところで、浴衣に着替えた寺島さんと仲村さんが「裏でボコボコにされて身ぐるみ剥がされちゃった」と、冗談を交えて登場。一応決を取ったものの、仲村さんが「争いは醜いよ! どっちも良いということで!」とまとめ、「引き分け」に。
40 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません