高崎翔太&井澤勇貴の高校時代はモテた?モテない? 劇場版『えいがのおそ松さん』舞台挨拶詳細レポート

掲載/更新 0
高崎翔太&井澤勇貴の高校時代はモテた?モテない? 劇場版『えいがのおそ松さん』舞台挨拶詳細レポート
4月19日に開催された劇場版『えいがのおそ松さん』の舞台挨拶に「おそ松さん on STAGE」より高崎翔太さん&井澤勇貴さんが登壇! おふたりのトークの詳細を、ボリュームたっぷりでレポートします♪
IMAGE
舞台「おそ松さん on STAGE」からおそ松役・高崎翔太さんとF6おそ松役・井澤勇貴さんが登壇した、劇場版『えいがのおそ松さん』の舞台挨拶。

まず『えいがのおそ松さん』が「ぴあ映画初日満足度ランキング」で1位になったことを知らされた高崎さんと井澤さんは、「ありがとうございます!」と観客に感謝を伝えつつ、「俺たち関係ないけど、いや関係なくはないけど喜んで良いですよね?」と笑いを誘っていました。

おじいちゃんも観に来たおそ松さん

高崎翔太&井澤勇貴の舞台挨拶詳細レポート! 劇場版『えいがのおそ松さん』 画像

向かって左:高崎翔太さん、右:井澤勇貴さん

舞台挨拶前に『えいがのおそ松さん』を一緒に観たというおふたり。
本編の感想を聞かれると、高崎さんは「とっても面白かったです」と満面の笑みで答え、井澤さんに「小学生の作文みたい」と言われていました(笑)。

井澤さんは「『おそ松さん』っていつもは日常生活の話だけど、劇場版はファンタジー要素もあって新鮮でした。“思い出の自分”に六つ子たちが『今のままで良いよ』とアドバイスするシーンがとても好きです」と述べ、高崎さんも「泣けましたね」と同意。
さらに高崎さんは、劇場版にのみ登場する六つ子の同級生・高橋のぞみ(CV.佐藤利奈さん)について、「とびきり美人でもない感じがちょーどいい。ほんとちょーどいいのよ」と力説していました。
ファンの方たちからムービーチケットを大量にもらい、実は一人で劇場版を観に行ったという高崎さん。そこに「本当のおじいちゃんがいた」そうで、井澤さんに「どんなおじいちゃんだ」とつっこまれていましたが、まとめると「客層の広さに驚いた」ということだったようです。
また、エンドロールで泣いていたら劇場がすぐに明るくなってしまい、とても恥ずかしかったそう。

舞台版トッティ・赤澤遼太郎さんの××を目撃!

次に劇場版のお気に入りシーンを聞かれたふたり。
高崎さんは「カバみたいな女の子がヨーヨーをしてるシーンがめっちゃ好き」と語り、井澤さんは「みんなの顔が好き。特にトッティがトッティに怒る顔とか、急に冷めた感じになったりするところが」と、おふたりともピンポイントでお気に入り部分を述べていました。
また、高崎さんは、「おそ松さん on STAGE」でトッティを演じる赤澤遼太郎さん鏡の前でトッティの顔真似(目が飛び出し血管が浮き出る顔)を頑張っていることを明かし……「あの顔しようとしてんの!? 無理でしょ!」と井澤さんもびっくり。
舞台挨拶開始直後からユニークな回答でみんなを笑わせていた高崎さんも、赤澤さんのその姿には「舞台で顔芸って大丈夫か!?」と戸惑ったそうです。

植田圭輔さんと相談「おそ松さんで食べていくには……」

24 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません