まるで疑似デート?下野紘の“甘美な声”を堪能してきた♥「ポーラ美術館コレクション展」レポート

掲載/更新 0
まるで疑似デート?下野紘の“甘美な声”を堪能してきた♥「ポーラ美術館コレクション展」レポート
9月18日(土)から開催中の『ポーラ美術館コレクション展 甘美なるフランス』の音声ガイドを務めるのは人気声優・下野紘さん!「そばでお話しているような音声ガイド」とは一体……? さっそく堪能してきました♪
日本屈指の西洋絵画コレクションを誇る人気美術館『ポーラ美術館』から、特に人気の高い印象派~エコール・ド・パリの時代にフランスで活躍した画家28名による絵画を厳選し、アール・ヌーヴォーとアール・デコの化粧道具を合わせた『ポーラ美術館コレクション展 甘美なるフランス』展が東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて9月18日(土)から始まり11月23日(火・祝)まで開催されています。

本展での音声ナビゲーターは声優・下野紘さん!
スペシャルコメントで『僕と一緒に展覧会を回るような、僕がそばでお話しているような音声ガイドになっている』「ポーラ美術館コレクション展 甘美なるフランス」公式サイトより引用)とご本人からの説明のとおり、画家になりきっての作品の紹介、下野さんと一緒に展示室内を回っているかのような感覚が楽しめる要素が詰まった、ファン必聴の音声ガイダンスがある今回の展覧会。

さっそく見ていきましょう♡

耳元の声に胸キュン♡音声ガイダンスは必須!

本展は『女性像』『パリ』『旅』の3つのテーマがあり、『女性像』では時代とともに変化するファッションやヘアメイク、ライフスタイルを反映した作品を、『パリ』では近代化による進化を経たパリの移り変わりを表した作品を、そして『旅』は産業革命によって鉄道など交通手段が進化するとそれまで行けなかった田舎や行楽地でのレジャーが定着し、そこでインスピレーションを受けた自然豊かな色彩あふれる作品が、とテーマに沿って展示されています。

また音声ガイドは入口にて1台600円で貸し出し。館内を進むとまずは〈睡蓮〉などで有名な印象派を代表するクロード・モネの絵画が目に入ります。
33 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません