石井孝英、大塚剛央、財木琢磨、染谷俊之登壇! 超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』第1話先行上映会レポート

石井孝英、大塚剛央、財木琢磨、染谷俊之登壇! 超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』第1話先行上映会レポート
2019年1月10日(木)から放送される超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』。放映に先立ち、第1話の先行上映会が開催されました。アニメの世界(2次元)と実写の世界(3次元)を行き来しながら展開する本作品、石井孝英さん、大塚剛央さん、財木琢磨さん、染谷俊之さんらキャストが登壇した第1話先行上映会の模様をレポートします。

好きなおせち料理は? 新年らしい自己紹介から始まるキャスト挨拶

第1話の上映後、MCの天津向さんの呼び込みで登壇したキャスト達。
石井孝英さん(白山純平役)大塚剛央さん(緑ヶ丘流星役)財木琢磨さん(黄川田剛役)は、役柄通りの学ラン姿、教師である桃谷総司役染谷俊之さんは白衣姿での登場に、第1話を観終わったばかりの客席も天津向さんも「(さっきの)まんまやん!」と思わずため息が。

そして最初の挨拶では、何故か自己紹介に加えて好きなおせち料理を答えることに(笑)。石井さんの「かまぼこ」、大塚さんの「昆布巻」というセレクトに対し、染谷さんからは「渋い!」と声が上がります。
ここで「数の子にマヨネーズ!」と勢いよく答えた財木さん、おせちはあまり得意ではないという染谷さんに、数の子マヨの美味しさを超アピール(笑)し、客席は笑いに包まれました。
続いて、本作品のアニメパートはキャスト自身のフルモーションキャプチャーで撮影されているという事で、撮影時のエピソードを。
石井さん「いろんな器具を付けるんですけど、精密に動きが反映されるだけあって、器具を付けるだけで10分~15分位かかりました」

また、実写パートでは、実写でありながらアフレコを行っているそうで、その時の印象を問われた石井さんは、
「映画などの吹き替えのアフレコでは、実際の外国語の音声を耳元で聞きながら台詞を言うのですが、それと同じ感覚で。実際、自分達が撮影時に演技した音声をそのまま聞きながらアフレコするという、不思議なアフレコを経験しました」と。

ここで財木さんから声優としても活躍し、アフレコ経験のある3人に、「どうだった?」と質問が。
3人とも一様に「いや、難しかった~!」と声が上がります。
「(撮影時に)なんでこんな芝居したんだろ俺とか、編集されてるから(呼吸の)間とかもないから死ぬほど難しかった!」
と染谷さんは苦労を語っていました。

DHS1

画面左より、財木琢磨さん(黄川田剛役)、石井孝英さん(白山純平役)、大塚剛央さん(緑ヶ丘流星役)、染谷俊之さん(桃谷総司役)

23 件
aichu

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは