宮野真守、梶裕貴が登壇!映画『二ノ国』AnimeJapan 2019ステージ詳細レポート

掲載/更新 0
宮野真守、梶裕貴が登壇!映画『二ノ国』AnimeJapan 2019ステージ詳細レポート
2019年3月23日(土)AnimeJapan 2019にて、2019年夏、全国ロードショー予定の映画『二ノ国』のスペシャルステージが行われ、原案・脚本の日野晃博さん、声優の宮野真守さん、梶裕貴さんが登壇しました。主演の山﨑賢人さんへのカメラ越しの呼びかけも!? ステージの様子をお届けします。
『イナズマイレブン』『妖怪ウォッチ』などで知られるレベルファイブによるRPGゲーム『二ノ国』シリーズを原作とした映画『二ノ国』。
レベルファイブ代表の日野晃博さんが自ら製作総指揮・原案・脚本を務めるほか、『おもひでぽろぽろ』の原画を手掛けた百瀬義行監督、数々のジブリ作品の音楽を手掛けた久石譲さんという日本を代表するクリエイター陣が集結し制作される、超大作アニメーション映画です。

2019年3月23日(土)AnimeJapan 2019では、日野さん、エスタバニア王国の参謀ヨキ役の宮野真守さん、妖精族ダンパ役の梶裕貴さんが登壇し、映画公開に先駆けたスペシャルステージが行われました。

梶「マジックマスターをめくる時はワクワクします」

まずステージに登壇した日野晃博さんは、「(先日の制作発表会後、)今までのレベルファイブ作品のファン層とは違う層からも多くの反響をいただき、驚いています」と語り、確かな手ごたえを感じている様子。『二ノ国』はジブリ作品に関わるスタッフ陣が原作ゲーム制作の段階から多く関わっていらっしゃることからも、映画化は大きな目標だったと目を輝かせました。

その反面、シナリオは非常に苦労したそうです。現実と隣り合わせなのに全く違うもう1つの世界"二ノ国"が存在し、2つの世界を行き来する主人公たちがやがて"究極の選択"を迫られるという本作――謎や伏線が多く、最後にはどんでん返しもあるというストーリーに期待が高まります。
続いて、日野さんに呼び込まれて登壇したヨキ役の宮野真守さん、ダンパ役の梶裕貴さんはそれぞれ「一ノ国(現実世界)出身の宮野真守です」「同じく一ノ国出身の梶裕貴です」と作品の世界観に沿って挨拶。
キャスティングの理由について聞かれた日野さんが「レベルファイブの別作品でもご一緒しているので個性や芝居をよく知っていて……」と話し出すと、すかさず宮野さんが「超次元なサッカー作品ですね!」とツッコミ、登場早々に会場を笑わせました。
出演が決まった時の気持ちについて、宮野さんは「大作に出演できることが嬉しいし、原作ゲームの段階から壮大なファンタジーの世界観が出来上がっているので、それを映画でさらに広げていけるように全力を注ぎたい」と熱い気持ちを語りました。
もともと原作ファンでもあるという梶さんは出演にあたり、ニンテンドーDS専用ソフト『二ノ国 漆黒の魔導士』をプレイし直したそうで、「マジックマスター(※)をめくるときのワクワク感が懐かしかった」と興奮を隠せない様子でした。

※DSソフトに付随される魔法指南書で、プレイ時は実際にこの書物を参照しながらゲームを進めていく。

宮野「皆で賢人を支えよう!」

宮野さん演じるヨキはエスタバニア王国の魔法宰相。王の参謀であり、冷静沈着で頭の切れるキャラクター。一癖二癖あり、宮野さんの多彩な芝居にぴったりな役だと日野さんは太鼓判を押します。台詞数もかなりあるそうで、気合が入る宮野さんでした。

一方で梶さん演じるダンパはパンダのような柄の妖精族。1人だけ等身の違うキャラクターを任されたことに動揺する梶さんですが、日野さんは「梶裕貴が人外の役というのが面白い!」と微笑みました。彼(?)はエスタバニア王国の姫のお世話役という役どころです。
24 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません