【詳細レポ】鈴木裕斗MC&島﨑信長、天野七瑠らが“ゆめライブ”を初披露!『DREAM!ing』AGFステージ

【詳細レポ】鈴木裕斗MC&島﨑信長、天野七瑠らが“ゆめライブ”を初披露!『DREAM!ing』AGFステージ
池袋にて開催された乙女たちの祭典「アニメイトガールズフェスティバル(AGF)2018」。11月11日に島﨑信長さん、古川慎さん、小林裕介さん、天野七瑠さん、鈴木裕斗さんが登場した『DREAM!ing』のスペシャルステージについて詳細レポートをお届けします!
5人がステージに登場して挨拶をすると噴水広場ステージは大歓声に包まれ、熱気はいきなり最高潮に! キャスト陣はそんな空気を満喫しつつ、鈴木さんのMCのもと1人ずつ挨拶していきます。

望月悠馬役の島﨑さんは「こんなに上下左右から見られることはあまりないので、色々な角度から楽しんでもらいたいと思います!」。
花房柳役の古川さんは高所から観覧するファンを心配しつつ「AGF初参加です!」と元気に手を振ります。
白華時雨役の小林さんは「大いに楽しんでほしいんですけど、風紀だけは乱さないでくださいね!」。
ビアンキ由仁役の天野さんは満面の笑みで「どんどん盛り上げていきますので、よろしくお願いします!」とファンの歓声に応えました。

キャスト陣が語る『DREAM!ing』の魅力とは?

 『DREAM!ing』の舞台は、全国から才能ある生徒たちが集う“東雲(しののめ)学園”。2人1組のペアで行う“ゆめライブ”を成功させてファンを獲得し、主席を目指すキズナ育成ゲームとなっています。いわゆる主人公のようなプレイヤーキャラクターはおらず、ライブの成功に不可欠な“ふたりの絆”をサポートするのが目的。“レッスン”や“バトル”でレベルを上げると、時にコミカル、時に切なく展開するフルボイスのストーリーをたっぷり堪能できちゃいます!

ポイントとなるのが、各キャラクター同士の相性や関係性が重要となる、この“ゆめライブ”。今回のステージに揃ったのは悠馬&柳の候補生ペア、時雨&由仁の兄弟ペアで、ゲーム内では、個性豊かな16人の主席候補生が登場します。

演じるキャラクターの見どころについて聞かれると、島﨑さんは「この姿はちょっと東京に馴染んでシュっとした後なんです。実は鹿児島の離島から来た子で、最初はすごくモサくて方言も出てしまって。方言は教えてもらいながら収録したんですが、”東雲学園”とか”ゆめライブみたいな固有名詞は一般的なアクセントにしようと話し合いました」と収録時の裏話を披露。そんな彼がどのように都会に馴染んでいくのか、柳との出会いでどのように成長していくのかが注目ポイントとなります。

古川さんは「プレイしてくださった方なら分かると思うんですが、柳は登場が……」と、衝撃のシーンを再現。すでに遊んでいるプレイヤーは、ステージに倒れこむ古川さんの後姿に包丁が見えたのではないでしょうか。
彼はこのゲームで1、2を争うプレイボーイで、女の子とイチャイチャするのが大好きなんです。でも彼にはどうしても幸せにしたい人がいて、その目的ために都会に出てきたばかりの悠馬くんを巻き込んで……。基本的にはとても優しくて、普段の柳と、目的を叶えようとする柳のギャップが面白いんじゃないかなと。最後に、取り憑かれていたものから解放されたお芝居が好きでした」とじっくり語ってくれました。

小林さんは演じている時雨について「とても真面目な生徒会の一員で、規律にも厳しい子です。でも、実はマフィアの跡取りで……普段は優しいんですけど急に“シチリアの海に沈めますよ”みたいなダークな発言をし始めます。ペアは柴咲真也くんで、由仁という弟がいます。」と解説。一筋縄ではいかないキャラクターですが、そこが紐解かれていく部分を楽しめるようです。

天野さんはまず「見ていただいて分かる通り、見た目が天使なんですよ!」と力強く断言。「お兄ちゃんの時雨が大好きっ子で、好きすぎて黒い力を使ってイタリアから追いかけてきてしまいました」と紹介。純粋であるがゆえの残酷さも秘めていて、演じるのは難しかったそうです。
22 件
A3 600DL3

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは