木村良平「もうこの曲でやめる!」もアカペラの魅力は達成感にあり!小野賢章、八代拓らも出演『アオペラ -aoppella!-放送部 〜公開生配信スペシャル~』

掲載/更新 0
木村良平「もうこの曲でやめる!」もアカペラの魅力は達成感にあり!小野賢章、八代拓らも出演『アオペラ -aoppella!-放送部 〜公開生配信スペシャル~』
2022年12月14日(水)、東京・中野のなかのZERO小ホールで『アオペラ -aoppella!-放送部 〜公開生配信スペシャル~』が開催。イベントには、木村良平さん、小野賢章さん、八代拓さんほか、広報部員4名の、総勢7名が登壇。重大発表から始まり、キャラクターに関する初出しのマル秘情報など、盛りだくさんイベントとなりました。
12月14日(水)、東京・中野のなかのZERO小ホールで、『アオペラ -aoppella!-放送部 〜公開生配信スペシャル~』が開催されました。イベントには、鈴宮 壱(すずみや はじめ)役の木村良平さん、柊迫 侃(ふきさこ すなお)役の小野賢章さん、反郷 粋(はんごう すい)役の八代 拓さんほか、アオペラ広報部員である東雲林檎さん、白石風哉さん、茂木 篤さん、花村賢吾さんの4名が登壇。

なかなか分かってもらえない…!アカペラの難しさと達成感

まずは本イベントでMCを務める木村さんと小野さん、八代さんがステージに登場。

自己紹介をしたあと、キャラクターと同じポーズを取る小野さん。それに続き、八代さんも同じく自己紹介後にポージングを決めます。「今後VadLipはこれ(ポージング)をやっていく方向ですか?」と笑う八代さんに、「見切り発車だけどやっていこうか。あと4人の許可を得なきゃ(笑)」と返す小野さん。そんな2人に、「VadLipはみんなやってくれそうだね。」と木村さん。
話題は8月に公開された、小野さん・八代さんが所属する「VadLip」のJ-POPアカペラカバー「踊/怪物」の話題に。
【声優アカペラ】J-POPカバー「踊/怪物」歌唱:VadLip【アオペラ MV】
収録が大変だった分感動もひとしおということで、小野さんも八代さんも「これやったんだ!」と自分から周りに発信しているそう。ですが4thを担当する八代さんは、特殊な動きをしているため、あまり声をわかってもらえず、「で、お前のパートどこ?」と聞かれることが多いのだとか。

また、最初に「踊/怪物」の音源が届き、自分のパートを聴いたところ「知ってるはずなのにまったく知らない曲だった」と苦笑い。実際、この日も裏で八代さんは自分のパートを口ずさんでいたそうで、それを聞いた小野さんも「まったく聞いたことない曲だった(笑)。もしかして怪物かな? と聞いちゃった」と言います。
結局、八代さんは耳だけでは覚えることが難しかったそうで、「弾ければ歌えるでしょう!」と思いつき、家にあった鍵盤を弾きながら覚えたそうです。それを受け木村さんも「(曲を)覚えている時は、もうこの曲で『アオペラ』やめる! 最後だ! って思うんだけど、合わさったものを聴くと、“やって良かった”って思うよね」と、達成感が勝るそうです。

重大発表! VadLipも参戦する「アオペラ5」発売決定!

トークが終わると、まず初めに重大発表が!
2023年3月に『アオペラ』5枚目となるCD「アオペラ5」発売決定のお知らせがされると、会場から大きな拍手が!
「アオペラ5」では、リルハピとFYA'M'はもちろんのこと、小野さん・八代さんが所属するVadLipも本格参戦ということで、イベントではVadLip初のオリジナル楽曲「King of Voxxx」のショートver.のMVが先行公開されました。
しかし公開されたMVには、何故か小野さん演じる侃の姿がありません
小野さんも「これは完成版ではなく5人バージョン。僕も頑張って録ったから、早く6人バージョンを聴きたい!」とコメント。侃が不在の理由については、「アオペラ5」で明らかになるとか……?
また、「アオペラ5」では初めてVadLip全員が参加するドラマや絡みも生まれたということで、関係性やメンバーについて尋ねる木村さんに、「個性的というか、みんな才能があるからバラバラ(笑)」と話す小野さん。八代さんが「仲はいいんですけど、一生まとまらないし、一生自分の話してたりとか……」と言うと、すかさず「え、これ(キャラクターじゃなくて)キャストの話?」と突っ込む木村さん。それには思わず八代さんも「え、まさかの当て書き?(笑)」と驚きますが、「個性を絶対に失わない集団だと思います」と一言。

それを受け、小野さんも「侃も一歩引いてそうに見えて全然尖がっているので、本当にそれぞれのキャラクターの個性が立っているグループだと思いますね」と感想を述べました。
⇒次ページ
もっと知りたい! 広報部員による質問コーナー
47 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません