荒牧慶彦さんバースデーイベントレポート!インタビュー&フォトセッション公開

荒牧慶彦さんバースデーイベントレポート!インタビュー&フォトセッション公開

俳優・荒牧慶彦さんのバースデーイベント『まきば会Vol.7、8バースデースペシャル』が2018年2月10日(土)、2月17日(土)にそれぞれ京都・東京で開催されました。今回は『まきば会Vol.8バースデースペシャル in Tokyo』1部とイベント後のインタビュー、フォトセッションのレポートをお送りします。

『まきば会Vol.8バースデースペシャル in Tokyo』開幕!

まきば会Vol.7、8バースデースペシャル/1

2.5次元舞台で活躍中の俳優・荒牧慶彦さんのバースデーイベント『まきば会Vol.8バースデースペシャル in Tokyo』が開幕。
2月5日(月)に誕生日を迎えた荒牧慶彦さんが、MCを担当する俳優・岸本卓也さんと会場のファンたちの大きな拍手で迎えられます。
オープニングトークでは28歳になった荒牧さんの変わらない童顔っぷりに、時を止める魔法をかけられたのではないかと疑惑が。それに対し荒牧さんは「僕、保育園の先生に素朴な顔だねって言われたことあります(笑)」と、幼い頃の出来事を語りました。


まきば会Vol.7、8バースデースペシャル/2

オープニングトークが終わると、荒牧さんの5年間を振り返るコーナーへ。
ミュージカル『テニスの王子様』ミュージカル『忍たま乱太郎』、映画やドラマなど、思い出に花が咲きます。沖田総司役を演じていたミュージカル『薄桜鬼』の話題で荒牧さんは、「最新作楽しみです! でも、まーしー(和田雅成さん)を殴りたかった!(笑)」と、最新作への期待と、今作では出演できない悔しさを聞かせてくれました。
舞台『K -Lost Small World-』で伏見猿比古の父・伏見仁希を演じていた荒牧さんと共演した岸本さんが、特徴的な笑い方”ギャハハ”を荒牧さんが本番前に隅っこで練習していたことを暴露。そのことについて荒牧さんは、脚本・演出の未満健一さんに無理しなくて良いと言われたが、どうしても表現したかったとコメント。「練習の成果もあって、良い”ギャハハ“が出せたと思う。ステージで”ギャハハ”言うのめっっちゃ気持ちよかった……!」と笑顔で話しました。
舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜では同じ事務所の先輩・富田翔さんと共演したことに対し、「俺の翔さんを見てくれ!」と、興奮を隠せない様子。仲の良さを感じさせます。

話題は次第に現在に近づき、ついに2018年2月6日へ。その日は鈴木拡樹さんに、「まっきー誕生日おめでとう! ささやかながらだけど、これで温まって。」と、すれ違いざまに”おしるこ”を頂いたとのこと。ですが荒牧さんは和菓子系が苦手で、今も家で大事に飾っていると教えてくれました。


荒牧慶彦さん/フォトセッション1

ゲームが大好きな荒牧さんのために、ステージ上でゲームをプレイするコーナーへ移ります。ゲームは荒牧さんが『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』のメンバーと休憩中プレイし、”マリカー皇帝”と称されるほど得意としている『マリオーカート8デラックス』。岸本さんVS荒牧さんの一本勝負となります。
荒牧さんは悠々と一位を独走する中、「植ちゃん(植田圭輔さん)も早い! でも僕が一番早い!」と熱弁。その後はオンラインで開催されている大会に出場し、流石は自他共認める”あんステのマリカー皇帝”、見事一位を掻っ攫っていきました。


荒牧慶彦さん/フォトセッション2

白熱のゲームコーナーの後は、和楽器バンドの楽曲『オキノタユウ」が流れ初め、荒牧さんの剣舞が披露されます。正確で素早い剣さばきと、しなやかな美しい舞が会場にいるファンの視線を釘付けに。荒牧さんは「和楽器バンドさんが大好きで、いつか剣舞を披露する時に使わせて欲しいとお願いしたんです」と、当時のことを語ります。

剣舞で圧倒された後、ファンとの交流を兼ねた企画、”荒牧慶彦のバースデー記念テスト”の答え合わせを行い、イベントは閉幕しました。


27歳から28歳へ。荒牧慶彦さんへインタビュー

イベント終了後、numan編集部による独占インタビューとフォトセッションを行いました。

26 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!