『遙か~4』のキャストが聖地パシフィコに集結! 『ネオロマンス♥フェスタ遙か”八葉”祭』イベントレポート

IMAGE

目指せインスタ映え!? 『遙かなる時空の中で3 Ultimate』のミニドラマとライヴコーナー

イベントの中盤では、『遙かなる時空の中で3 Ultimate』のミニドラマコーナーもありました。冒頭ナレーションでは、兄の様子がおかしいことを心配する梶原 朔(桑島法子さん)が登場。予想外の登場に会場からは歓声が上がりました。
頼朝の邸に呼び出された梶原景時(井上和彦さん)は、源 頼朝(石井康嗣さん)と北条政子(川村万梨阿さん)の指令に冷たい汗をかいていました。2人の所望するものが、いまだに用意できていないからです。それはなんと……ラブラブな「つーしょっとしゃしん」。それを手に入れて自分たちの仲睦まじい様子をもっと周りにアピールしたい! とイチャイチャしながら語るラブラブ夫婦。頼朝においては、こんなキャラだったかな……というくらい政子にデレデレしていました(笑)。さっさと準備をしろと詰め寄られる景時ですが、それが白龍の神子の世界にある「かめら」がないと手に入らないとは……言えません。そこでラブラブに見えるためには「ぽーず」をまずは考えなければいけない、と話題の矛先を変えます。すると今度は景時がその「ぽーず」を考えるはめに。つくづく苦労症な人です……。手をつなぐのはいつもやっていると却下、抱き合う、お姫様抱っこは恥ずかしいので却下、とどれも拒否される中、しまいには源氏夫婦が2人でピースをするという貴重な光景も……。結局話がまとまらないまま夜が明けてしまい、この日は解散に。また明日の早朝に、今度は「かめら」を用意して来るようにと景時に命じて、夫婦はご機嫌で去って行きました。去り際の政子さまの口からは「いんすた映え~」という言葉も(笑)。とにかく「かめら」の代わりに絵師を手配しなければ……と頭を抱える景時。源氏の軍奉行って……本当に大変ですよね。

この『遙かなる時空の中で3 Ultimate』コーナーの締めはライヴコーナー。有川 譲中原茂さん)の「指先に咲く契り」では会場が緑のサイリウムに包まれ、温かな雰囲気に。中原さんのライヴコーナーお馴染みの煽りで会場のボルテージも上がります! 
2曲目は今回のイベントで初披露となった「百鬼繚乱 千終楽」! 平 清盛浅川 悠さん)、北条政子による、平家VS源氏のバトルソングです。この曲、とにかくサビのお2人のハモリが美しい。サビ終わりの源 頼朝のセリフパートでは、舞台上には石井さんが登場! 会場からも大きな歓声が。先ほどのドラマパートを彷彿とさせるほどの夫婦のラブラブっぷりに、孤軍奮迅の清盛は「イチャイチャするなぁー!!」と一喝(笑)。「重盛! 知盛!」と息子達に応援要請をしつつ、「我の味方はおらぬのかー!」と会場に呼び掛け、神子達から清盛に声援が送られるという、非常に賑やかなライヴとなりました。



リアルすぎるエピソード続出! 嘘をついているのは誰!? バラエティコーナー

ネオロマイベントの目玉の1つ、バラエティコーナーでは、司会にお馴染みの久遠 一さん、アシスタントにアンフィニKanさん、ユーキさんが登場。今回のバラエティコーナーは「遙かなるエピソード?! 鬼はだれだ!」というタイトルで、テーマにそったエピソードトークの中から、1人だけ嘘のエピソードを話している人を探せ! というもの。今回のテーマは「感情的に動いて失敗してしまったこと」。トークをするのは高橋直純さん、置鮎龍太郎さん、石井康嗣さん。3人とも穏やかな印象があるので、感情的になることなんてあるのでしょうか……? まずトップバッターの高橋さんは出てくる時点でだいぶ動揺して立ち位置を間違えてしまわれたり、笑いが止まらなかったりと挙動不審……この時点でだいぶ怪しいのですが(笑)エピソードとしては、「意外と短気で、封筒やお菓子の袋などをびりっと破いてしまうので、中身をよく粉砕してしまう」というエピソード。置鮎さんは「いわゆる反抗期に、姉と自分の部屋の押入れの側面の壁を殴って穴を開けてしまった」という思春期あるあるエピソードを淡々と。石井さんは「コンビニでおにぎり100円セールという幟を見ておにぎりとコーヒーを買ったのに、実はキャンペーンが終了していて。指摘したところ、なんの謝罪もない店員さんに流石に腹が立ち思わず『ふざけるなよ……』とつぶやいた瞬間にヤンチャそうな若者とぶつかってしまってその人に言ったみたいになってしまった」というエピソード。つい先日のことだそうですが、臨場感のあるエピソードに、逆に作り込んできた設定では? という疑いの目も。
質疑応答コーナーでは、保志さんがマイペースにその場をかき回します。それに対し浅川さんが「保志くん……楽屋で寝てたから元気だね(笑)」とツッコミ、会場からは大爆笑が起きました。
結果、嘘をついていた鬼は……置鮎さん! 全部が嘘というわけではなく、殴ったのではなく飛び蹴りで穴をあけました! ということだったようです。なるほど、リアリティはあるわけだ……。正解者は浅川さん1人だけということで、会場だけでなく、キャストの皆さんも結構振り回されたバラエティコーナーでした(笑)。



18 件
  

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは