3 Majesty × X.I.P. LIVE -5th Anniversary Tour- 開幕!|5周年への感謝を込めた感動のスペシャルステージをレポート!

3 Majesty × X.I.P. LIVE -5th Anniversary Tour- 開幕!|5周年への感謝を込めた感動のスペシャルステージをレポート!

2018年3月3日(土)、DMM VRシアターにて、『3 Majesty × X.I.P. LIVE -5th Anniversary Tour-』が開幕! 恋愛レストランゲーム『ときめきレストラン☆☆☆』(略称:ときレス)に登場する2つのアイドルグループ、3 Majesty(スリーマジェスティ)とX.I.P.(エグジップ)のデビュー5周年を記念したスペシャルライブは、なんとライブ中に"撮影タイム"が設けられ、アイドルたちの勇姿をカメラに収めることが可能。興奮とトキメキのたっぷり詰まったツアー初日の模様をレポートします!

3 Majesty × X.I.P. LIVE -5th Anniversary Tour- 開幕!|5周年への感謝を込めた感動のスペシャルステージをレポート!

3 MajestyX.I.P.のデビュー5周年を記念するアニバーサリーツアーである『3 Majesty × X.I.P. LIVE -5th Anniversary Tour-』 (以下、5周年記念ライブ)。

両グループが出演するJoint公演の他に、それぞれのグループによる単独公演もこのツアーの見どころの一つです。
ツアーの幕開けは、3 Majesty単独公演から始まりました。

5年間の軌跡に涙があふれる……3 Majesty公演

まず1曲めは、『Go my way』。
PSVita『ときめきレストラン☆☆☆Project TRISTARS(トライスターズ)』(以下、Project TRISTARS)のエンディングテーマでもあり、先日発売された2ndアルバムにも収録されている新曲の初披露に、客席は一気にテンションがあがります。

MCでは、「5周年記念ツアーにようこそ」と3 Majestyのリーダー、ツカサ霧島 司)が挨拶をする一方で、カイト辻 魁斗)は「3 Majesty公演なんだな……」 と感慨深げ。
「おめでとうって言ってほしい」というシン音羽慎之介)のリクエストには、もちろん満場一致で\おめでとうー!/と応えます。

中盤はソロコーナー。
カイトのソロ曲では、キュートな振付に客席から歓声が上がります。

続くMCでは、段取りどおり進行しようとするカイトに対し年上組二人がなかなかステージに出てこない……(笑)。
「カイトがどうするかなぁって思って」といたずらな年上組二人にむくれるカイト。
そんな他愛ないやり取りも、この5年間のグループの絆を感じさせます。

最新5thシングルに収録されている『We go together』をはじめ、『運命のLady』他おなじみの楽曲が披露される中、ラストのアンコール曲は、デビュー曲をアレンジした『Show Up! ─Remix Ver.─』!

すこしテンポダウンさせたメロディと彼らの余韻たっぷりのボーカル。この5年間の積み重ねてきた経験に裏打ちされた余裕すら感じさせる1曲は聴き応え満点です。

ツカサ「みんなの応援でここに立っていられる」

シン「みんなとライブができて嬉しかった」

カイト「3 Majestyはまだまだ進化できる。これからもヨロシクな!」

と一人一人の挨拶の後、全員での「ありがとう、プリンセス」

これまでとこれから、の感謝の気持ちがたくさん詰まった最後の言葉には、客席のあちこちからすすり泣きも聞こえました。

5年間の軌跡に涙があふれる……3 Majesty公演

5年間の軌跡に涙があふれる……3 Majesty公演②

熱量溢れるパフォーマンスに心奪われる……X.I.P.公演

続いてX.I.P.単独公演。
こちらも1曲めは『Project TRISTARS』のエンディングテーマ、新曲の『Race of Ace』。

「最高のライブ、ココにいる全員で楽しもうぜ!」
とX.I.P.リーダー、キョウヤ伊達京也)のアオリに、客席もペンライトと歓声で応えます。

ソロコーナーでは、間奏での
トオル(神崎 透)「愛してやっても、いーけど?」

キョウヤ「オレだけのモノにしてもいいよな?」

ケント(不破剣人)「お前は俺だけ。信じとけ」

と、三者三様の甘い台詞に、客席からは黄色い悲鳴が。
かと思えば、MCでは「この先のツアーでやってみたいこと」というテーマに「B級グルメの屋台を出す!」と答えたキョウヤに対し「もっとでっけーこと言えよな!」とすかさず突っ込むトオル(笑)。

相変わらずフリーダムでユーモラスな彼らのやりとりは、まさにX.I.P.ならでは。
そしてアンコール曲は、3 Majestyと同じくデビュー曲のアレンジ『CHEAT DANCER ―Remix ver.―』! 
バンドアレンジで厚みを増したサウンドに、X.I.P.のダンスパフォーマンスが加わって、さらにアツい、アツ~い1曲になっていました。

ちなみにこの曲、振付にもギター演奏が取り入れられており、楽器演奏したら盛り上がるかもとのことで、やってみたい楽器をあげることに。ケントはドラム、キョウヤはベース、トオルはギタボ(ギターボーカル)という、さもありなん、と頷けるセレクト。

最後は、「X.I.P.はでかくなったけど、まだまだ足りない。もっと上を目指さなきゃな。一緒にビクトリーロード、走ってこうぜ!」
とのキョウヤの言葉に、客席からもひときわ大きな歓声と拍手が贈られました。

熱量溢れるパフォーマンスに心奪われる……X.I.P.公演

熱量溢れるパフォーマンスに心奪われる……X.I.P.公演②

6人6様で勢揃い! この5年間を漢字一文字で表すと?……Joint①公演

Joint公演での注目はもちろん、3 Majesty とX.I.P.のユニットの垣根を超えた”DUET CROSS”です! 
3 Majestyのシン(音羽慎之介)と、X.I.P.のケント(不破剣人)という、 雰囲気も性格も真逆な二人による『空色DREAM』。

ツカサ(霧島 司)とキョウヤ(伊達京也)というリーダー同士のパフォーマンス対決に魅了される『Maze of Love』。

そして、各ユニットの弟的存在の二人、カイト(辻 魁斗)とトオル(神崎 透)による『SWEET JEALOUSY』。
個性が異なるコラボレーションの魅力は、6人のMCによってさらに高まっていきます。
この彼らの絡みも、Joint公演ならでは!

『空色DREAM』の後では、舞台に残ったケントが「おい、霧島!」と、かな~り大雑把にツカサを呼び込むと、ツカサは肩をすくめつつ登場。

42 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!