黒羽麻璃央・崎山つばさ登壇! 映画『広告会社、男子寮のおかずくん 劇場版』完成披露上映会

掲載/更新 0
黒羽麻璃央・崎山つばさ登壇! 映画『広告会社、男子寮のおかずくん 劇場版』完成披露上映会
映画『広告会社、男子寮のおかずくん 劇場版』完成披露上映会が6月2日、東京・有楽町のよみうりホールで行われ、主演の黒羽麻璃央さん、共演の崎山つばささん、小林且弥さん、大山真志さん、三原光尋監督が登壇しました。

主演・黒羽麻璃央さん「続編はアジアで!」と野望も

映画『広告会社、男子寮のおかずくん 劇場版』完成披露上映会が6月2日、東京・有楽町のよみうりホールで行われ、主演の黒羽麻璃央さん、共演の崎山つばささん、小林且弥さん、大山真志さん、三原光尋監督が登壇しました。

本作は、料理男子コミックとして人気の、『広告会社、男子寮のおかずくん』を、三原監督が実写ドラマ化に続き実写映画化したもの。

入社3年目の夏、ライバルの大手広告会社から勝ち取った新プロジェクトにより、“広告”の理想とシビアな現実に直面してしまうおかずくんの奮闘を描きます。また、1週間の疲れを癒すため、社員男子寮で毎週金曜に晩ごはんを持ち寄る「ハナキン持ち寄りごはん会」も必見となっています。
 ドラマ化に引き続き、劇場版が決まった際の心境を尋ねられると、仕事に奮闘する広告会社の若手営業で主人公の西尾和(にしおかず)を演じた黒羽さんは、
「ドラマ版のほうもたくさんの方に見ていただいて、愛をいただきました。とてもチームワークのいい座組で作品を作れていたので、映画もできるというのが素直に嬉しくて、ハードなスケジュールではありましたが、疲れた体を撮影の食事のシーンで栄養を摂るみたいな感じで、日々楽しくやらせていただきました」と笑顔を見せ、おかずくんの同期でマーケティングチームの東良啓介を演じた崎山さんは
まだ美味しいごはんが食べられるんだって嬉しく思いました。本当にドラマのときから美味しくて、お弁当も用意してくださっているんですが、お弁当も食べつつ、シーンのご飯も食べられるし、食に困らずに、食費を浮かせることができました」とコメントして会場の笑いを誘いました。

 また、江の島で撮影したシーンでは、4人の仲のよさがもっとも表れているそうで、撮影エピソードを聞かれると、11月の海に投げ込まれたという黒羽さんは「事件ですよ、事件!」と苦笑しつつも、「一発勝負みたいなところもあったんですけれども、最終日に撮影したので、今までやってきた『おかずくん』の世界観もあって、僕らも青春という感じでした。全員(海に)入ってからは子どもに戻ったかのような気持ちで演じていました」とふり返り、崎山さんは「そのあとに支度部屋でみんなでシャワーを浴びて、なんかそれがすごくいいなと思いました」と笑わせると、黒羽さんは「裸の付き合いをしました。生まれたままの姿を4人は拝見しています(笑)」と付け足し、さらに会場は笑いに包まれました。

 さらに、同シーンで印象に残っていることを聞かれた三原監督は「みんなが仲良しだったというのが1番よかったことかなと思います。映画を撮影するというお仕事で集まってくれているプロの俳優さんたちなんですが、本当に仲がよかったので、監督としてあまり演出をしなくても、4人が自分の役を知って友だち同士の感覚になってくれていて、結局、“何食べますか?”という話ばかりしていました」と打ち明けていました。
また、“幸せな広告を作る”を夢に仕事を頑張っている本作のキャラにちなみ、自身にとっての“今の夢”を質問された黒羽さんは、
「今回は江の島に行ったんですけど、次はアジアですね。料理があるところならどこでも行けますから」と野望を明かすと、おかずくんの先輩のアートディレクター北一平を演じる小林さんは「『おかずくん in ハワイ』!」と提案。これに賛同した黒羽さんは「半分冗談で、半分狙っているんですけど、原作も続いていますし、可能性が無限大にある作品ですので、いろいろ広がっていくのが夢のひとつかなと思います」と目を輝かせていました。

 同じ質問に、「野球選手」と答えて笑わせた崎山さんは「まだ諦めていなくて、小学校の文集で“野球選手になりたい”って書いたんですよ。まだドラフト会議はソワソワしてます(笑)」と冗談を言うと、小林さんは「(黒羽と崎山が出演しているミュージカル)『刀剣乱舞』に出たいです」とコメント。すると、この日一番の歓声と拍手が会場から沸き起こり、経理部の南郷正を演じる大山さんも「俺も言っておこう。『刀剣乱舞』に出たい(笑)」と同調していました。

 さらに、劇中でおかずくんが理想と現実の狭間で奮闘していることにちなみ、自身が理想と現実の狭間に立たされたとき、どのように乗り越えるか聞かれると、黒羽さんは
「落ち込むときはとことん落ち込んでいいと思っていて、そういうときに僕は周りの方に支えてもらって生きてきたので、そういった意味では周りとの関係性を大事にしておいたほうがいいんだなと思います」と真面目なコメントを。
漫画やアニメやゲームが好きという崎山さんは「いわゆる2次元と3次元の間、2.5次元!」と微笑んで拍手を浴びつつ、「そういうものを見て頑張ろうという気持ちになるし、元気をもらえるので、自分の好きなことやものに助けられることが多いですね」とコメントしました。
続けて小林さんは「30半ばをすぎてから理想と現実を逆に受け入れようと思っていて、そんなにそのギャップに苦しむことなく、仕事だったらきた仕事をそのまま思い切りバットを振ることをですかね」と大人な回答を。
大山さんは「落ち込んだときはひたすら食に走りますね。美味しいものを食べて次の日、切り替えて頑張ります。最近ハマったのは自分が作ったウニのクリームパスタです」と演じたキャラクターに合った答えをして会場を笑わせていました。

 映画「広告会社、男子寮のおかずくん 劇場版」は7月12日(金)よりシネマート新宿ほか全国公開。

作品情報

【ストーリー】
ミナト広告会社で働き、社員男子寮に入居している西尾(黒羽麻璃央)・東良(崎山つばさ)・北(小林且弥)・南郷(大山真志)の4人は、クセのあるクライアントに悩まされながらも、“幸せな広告を作るため”お仕事にまっしぐら。 ライバルの電報社からコンペで勝ち取った「江の島グルメ協会」からの新プロジェクトは、未だ広告に掲載されたことのない店舗紹介を求められる江の島グルメのタウン誌制作だった。 仕事に行き詰まっていたおかずくんに、江の島出身の東良が、高校の先輩・中野美夏(逢沢りな)の父・中野友和(田中要次)がオーナーでシェフをつとめるイタリアンレストランを紹介する。 絶品ペスカトーレを口にしたおかずくんは、タウン誌への掲載を依頼するがお店から追い出されてしまう。 入社3年目の夏に直面する、“広告”の理想とシビアな現実の行方はいかに! 1週間の疲れを癒すため、毎週金曜に晩ごはんを持ち寄る「ハナキン持ち寄りごはん会 」も必見。

出演:黒羽麻璃央 崎山つばさ 小林且弥 大山真志 逢沢りな 田中要次
原作:オトクニ(クロフネコミックス・リブレ刊)
監督:三原光尋
脚本:金杉弘子
音楽:MOKU
主題歌:「真夏のファンタスティックボーイ」(LUV K RAFT)
制作:ビデオプランニング/配給:バップ/製作委員会(バップ、ビデオプランニング、ネクスト、テレビ神奈川、テレビ埼玉、KBS京都、九州朝日放送、日本BS放送)
2019年/日本/カラー/ビスタ/5.1ch/71分
www.tvk-yokohama.com/okazukun/
©オトクニ/libre 2018 ©「広告会社、男子寮のおかずくん」製作委員会
11 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません