黒羽麻璃央・崎山つばさ登壇! 映画『広告会社、男子寮のおかずくん 劇場版』完成披露上映会

黒羽麻璃央・崎山つばさ登壇! 映画『広告会社、男子寮のおかずくん 劇場版』完成披露上映会
映画『広告会社、男子寮のおかずくん 劇場版』完成披露上映会が6月2日、東京・有楽町のよみうりホールで行われ、主演の黒羽麻璃央さん、共演の崎山つばささん、小林且弥さん、大山真志さん、三原光尋監督が登壇しました。

主演・黒羽麻璃央さん「続編はアジアで!」と野望も

映画『広告会社、男子寮のおかずくん 劇場版』完成披露上映会が6月2日、東京・有楽町のよみうりホールで行われ、主演の黒羽麻璃央さん、共演の崎山つばささん、小林且弥さん、大山真志さん、三原光尋監督が登壇しました。

本作は、料理男子コミックとして人気の、『広告会社、男子寮のおかずくん』を、三原監督が実写ドラマ化に続き実写映画化したもの。

入社3年目の夏、ライバルの大手広告会社から勝ち取った新プロジェクトにより、“広告”の理想とシビアな現実に直面してしまうおかずくんの奮闘を描きます。また、1週間の疲れを癒すため、社員男子寮で毎週金曜に晩ごはんを持ち寄る「ハナキン持ち寄りごはん会」も必見となっています。
 ドラマ化に引き続き、劇場版が決まった際の心境を尋ねられると、仕事に奮闘する広告会社の若手営業で主人公の西尾和(にしおかず)を演じた黒羽さんは、
「ドラマ版のほうもたくさんの方に見ていただいて、愛をいただきました。とてもチームワークのいい座組で作品を作れていたので、映画もできるというのが素直に嬉しくて、ハードなスケジュールではありましたが、疲れた体を撮影の食事のシーンで栄養を摂るみたいな感じで、日々楽しくやらせていただきました」と笑顔を見せ、おかずくんの同期でマーケティングチームの東良啓介を演じた崎山さんは
まだ美味しいごはんが食べられるんだって嬉しく思いました。本当にドラマのときから美味しくて、お弁当も用意してくださっているんですが、お弁当も食べつつ、シーンのご飯も食べられるし、食に困らずに、食費を浮かせることができました」とコメントして会場の笑いを誘いました。

 また、江の島で撮影したシーンでは、4人の仲のよさがもっとも表れているそうで、撮影エピソードを聞かれると、11月の海に投げ込まれたという黒羽さんは「事件ですよ、事件!」と苦笑しつつも、「一発勝負みたいなところもあったんですけれども、最終日に撮影したので、今までやってきた『おかずくん』の世界観もあって、僕らも青春という感じでした。全員(海に)入ってからは子どもに戻ったかのような気持ちで演じていました」とふり返り、崎山さんは「そのあとに支度部屋でみんなでシャワーを浴びて、なんかそれがすごくいいなと思いました」と笑わせると、黒羽さんは「裸の付き合いをしました。生まれたままの姿を4人は拝見しています(笑)」と付け足し、さらに会場は笑いに包まれました。

 さらに、同シーンで印象に残っていることを聞かれた三原監督は「みんなが仲良しだったというのが1番よかったことかなと思います。映画を撮影するというお仕事で集まってくれているプロの俳優さんたちなんですが、本当に仲がよかったので、監督としてあまり演出をしなくても、4人が自分の役を知って友だち同士の感覚になってくれていて、結局、“何食べますか?”という話ばかりしていました」と打ち明けていました。
11 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは