井澤勇貴、和田雅成らがインド&ラテンで愛を歌う!? F6、2ndライブツアー詳細レポート!(写真20点)

掲載/更新 0
井澤勇貴、和田雅成らがインド&ラテンで愛を歌う!? F6、2ndライブツアー詳細レポート!(写真20点)
舞台『おそ松さんon STAGE』で人気のF6が、2月22日(土)幕張メッセイベントホールにて2ndライブツアー「FANTASTIC ECSTACY」(3都市10公演)の初日公演を行いました! 前回の1stライブツアー「Satisfaction」から1年半ぶり、2回目のライブツアーとなった今回、初公演には5000人のファンが詰めかけました!

おそ松&カラ松、チョロ松&一松、十四松&トド松のデュオ曲も♪

おそ松(井澤勇貴さん)、カラ松(和田雅成さん)、チョロ松(小野健斗さん)、一松(安里勇哉さん)、十四松(和合真一さん)、トド松(中山優貴さん)の6名が、宇宙をイメージさせるステージセット中央のせりから登場すると、観客からの割れんばかりの歓声が会場を包み込み、F6の代表曲とも言える「Foever 6ock You」から幕が上がりました。
人気曲「Magic Night Satisfaction」、おそ松&カラ松の「WILD☆JUSTICE」、チョロ松&一松の「ビューティームーン・ミステリアス」、十四松&トド松の「SWEET CUTE RAP-SODY」などデュオ曲を挟みつつ、「ここからはみんなと一緒に歌を歌いたいと思います」という、おそ松の宣言から始まったのは、ミュージカルナンバーの「いつか夢でチャックメイト」。本来はトト子が歌う部分を会場のファンが代わりに歌うという演出で会場は一体感に包まれます。
ライブ中盤には、事前に募集されていたファンからの質問にF6が答えるコーナーが。

「F6がバイトをするなら何をする?」に対しては、トド松「カフェ経営者」、十四松「パチンコ屋」、一松「牧師」、チョロ松「ちゃんこ屋さん」、カラ松・おそ松「ケバブ屋の店員」などの回答が上がります。「このツアーで誰が一番パワーアップしたか?」という質問には、それぞれが「自分!」と答えると笑いが起こります。
さらに「前回のライブで話題になった冥界の番犬・ケルベロスについて、一松にミステリアスクールな川柳で答えてほしい!」という質問には、一松から「いつ見ても すぐ横にいる ケルベロス」という川柳が披露されました。

F6が2チームに分かれて歌う新曲は、インドとラテン!?

今回のツアーでは、舞台『おそ松さんon STAGE』シリーズや、前回のツアーで披露された楽曲に加えて、舞台『おそ松さんon STAGE ~SIX MEN‘S SHOW TIME3~』で6つ子が披露した「JOBLESS!!!!!!」という楽曲をF6ver.にアレンジした「CASHLESS!!!!!!」、

今回のライブツアーのタイトルでもある「FantaStIc X-tasy」、そして「NAKED KINGDOM」の3曲に加えて、F6が2組に分かれて歌った「アモーレ・ムーチョ!」「マツゥ~ダンシング・マハラジャ・ナイト~」の計5曲の新曲が初披露。
39 件

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません