『ネオロマンス♥フェスタ 金色のコルダ ~15th Anniversary~』イベントレポート――15年分の”絆(コルダ)”のカタチ

『ネオロマンス♥フェスタ 金色のコルダ ~15th Anniversary~』イベントレポート――15年分の”絆(コルダ)”のカタチ

2018年9月15日(土)、16日(日)、パシフィコ横浜国立大ホールにて『ネオロマンス♥フェスタ 金色のコルダ ~15th Anniversary~』が行われました。2003年の『金色のコルダ』発売から15年、今回のイベントでは、キャラクターソングの歌唱や朗読ドラマは勿論、15年分の思い出を振り返るトークコーナーも充実していました。こちらでは『コルダ3』『コルダ4』をフィーチャーした9月15日昼公演のレポートをお届けします♪

イベント初登場のキャラクターに大歓声! 各部長の熱い一言

オープニングを飾ったのは、『金色のコルダ3』星奏学院テーマソング『STELLA SOL STELLA』! ピアノとヴァイオリンの生演奏も相まって、星奏らしい、さわやかな夏を感じさせます。

キャスト紹介では、今回イベント初参加となるサンセシル女学院の円城寺冴香役、峯 香織さんと、関東芸術大付属高等学校の円城寺阿蘭役、千葉進歩さんのお2人がまずステージに呼びこまれます! 「私たち姉弟は甘くないぞ!」という峯さんのしびれる一言に会場からは黄色い悲鳴が上がりました。

天音、神南、至誠館とライバル校も含めた各学校の個性が際立つ『コルダ3』。「絶望を前にひれ伏すがいい!」と語る部長・冥加玲士率いる天音学園は、キャストがそれぞれ冥加役の日野 聡さんにハイタッチをしたりお辞儀をしたり、文字通りひれ伏したりと、イベント冒頭から”劇団天音”の本領を発揮します(笑)。

「派手に行こうぜ!」と会場を盛り上げるのは神南高校の部長・東金千秋役の谷山紀章さん。対して、「全力を尽くしましょう!」と笑顔を向けるのは、至誠館高校の部長・八木沢雪広役の伊藤健太郎さんです。

「目標は全国制覇だ」とさらりと語るのは星奏学院の部長・如月 律役の小西克幸さん。ヒロイン・小日向かなで役の高木礼子さんを中心に、各校が並び立ち、火花を散らす熱いオープニングとなりました。

キャラクターソング・クラシック楽曲とリンクする朗読ドラマ

イベントの大きな目玉は、キャラクターソング、生演奏とリンクした朗読ドラマです。

前半のドラマは如月律、如月響也福山 潤さんをフィーチャーした『兄弟の想い』。週末合奏団の宣伝のため、東金が外部音楽イベントのオーディションに参加を申し込んできた、と事後報告。ヴァイオリンの律と響也、トランペットの八木沢と火積司郎(森田成一さん)が競うことになります。前向きな律に対し、兄に対する劣等感から断固拒否する響也。同じ2年生の火積は「逃げるつもりか?」と響也に詰め寄ります。

頑なな響也でしたが、榊 大地(内田夕夜さん)水嶋悠人(水橋かおりさん)、さらに須永 巧(武内駿輔さん)の言葉から、律が自分をライバルと認めてくれていること、そして自分以上に努力しているかなでの存在を思い出し、今一度、律と向き合うことを決めます。
「俺は1人のヴァイオリニストとしてお前と戦いたい」とまっすぐに語る律に、響也はオーディションに参加することを決意します。
ドラマの後に披露されたのは如月兄弟のデュエット新曲『BELOVED』。イベント限定CD「ネオロマンス♥フェスタ 金色のコルダ ~15th Anniversary~」に収録されたこの新曲は、イントロにクラシック楽曲『チャルダッシュ』のメロディが使われており、まさに今回のドラマとリンクした楽曲でした。

イベントの度に様々な手法でファンを楽しませてくれる内田夕夜さんは榊 大地の独占欲を強く感じさせる大人な楽曲『君のすべてを』を熱唱。スポットライトを大地の愛犬“モモ”に見立てて、“モモ”を駆けまわらせたり、追いかけっこをしたりという演出で、今回も会場を沸かせました。

後半のドラマは、円城寺姉弟をフィーチャーした『再戦のとき』。  
冴香は冥加玲士と戦ったセミファイナルで、彼のトラウマの楽曲『ソルヴェイグの歌』を演奏することで冥加を倒そうとしたことを悔いていると、かなでに吐露します。そこでかなでは、正々堂々再戦しよう! と円城寺姉弟を冥加のもとに連れて行くことに。  

冥加と戦うならば俺たちを倒してからだ! と前哨戦を持ちかけてくるのは天音学園室内楽部の七海宗介(増田ゆきさん)氷渡貴史(三浦祥朗さん)。その勝負方法は演奏……ではなく、なんとジャンケン!? 本当にその場での一発勝負だったようで、七海に勝った阿蘭に対し、冴香は氷渡に負けてしまい、「リハーサルでは勝ったのに……」と本当に悔しそう(笑)。しかし、戦うだけ戦って、その場を通してくれる2人なのでした。  

学園の温室で待ち構えていたのは、天宮 静(宮野真守さん)と冥加玲士。暇を持て余した天宮はアドリブで冥加にジャンケン勝負を持ちかけ、会場を笑わせます。
リベンジマッチを持ちかけてきた冴香にあえて『ソルヴェイグの歌』で競うことを提案する冥加。自らのトラウマを乗り越えた冥加は、毅然として愛器・シュトゥルムを構えるのでした。  

ドラマに続けてヴァイオリンの加賀谷綾太郎さんとピアノの田中和音さんによる『ソルヴェイグの歌』が演奏され、客席もドラマの余韻に浸りながら、胸が締めつけられるような美しい音色に聴き入っていました。

『コルダ2』のあのキャラクターが大暴走!? 名(迷?)場面を再現!

『あのシーンをもう1度!名場面再現コーナー復刻版』では、ファンの皆さまから事前募集した「金色のコルダ」シリーズの思い出の名シーンを、キャストがその場でアフレコして再現してくれました。

まず再現されたのは『星奏学院祭5』より、響也、天宮が東金に指導されながら、ファンサービスの練習をするシーン。「覚悟しろよ、レディ達……(泣)」と羞恥心と戦う響也、「最高の気分を味あわせてあげるよー(棒)」と感情の起伏のない天宮に、東金役の谷山紀章さんは“金色のハリセン”を取り出し、「なめてんのかい!」と思わず関西弁でキレてしまいます。当時と同じ“ハリセン”の登場に、会場からも驚きと笑いが起きました!

続いては、『金色のコルダ3 Another Sky feat.函館天音学園』より、トーノ(前野智昭さん)がヒロインの腕時計を魔法で直してくれるシーン。「素敵な女の子のためなら、男はみんな魔法を使えるものなんだ」と明るく笑って見せるトーノですが、会場からはすすり泣く声も……。何故彼が魔法を使えるのか、そもそもトーノは何者なのか。その真相はゲームにて! ということで多くは語れず、もどかしそうな前野さんでした。

最後は、『コルダ3』のコミカライズ『菩提樹寮(リンデンホール)のアリア』より、小学生の東金、土岐、八木沢が『コルダ2』のキャラクター達と出会う未音声化の名シーンが披露されました。小学生の東金を峯さん、土岐を増田さん、八木沢を水橋さんが演じる特別バージョンです!

峯さんの勝気な東金、増田さんのはんなりした土岐が見どころ……のはずでしたが、『コルダ2』のヒロイン・日野香穂子(高木礼子さん)の登場に、香穂子を崇拝する加地 葵(宮野真守さん)「日野さん!日野さん日野さん日野さーーーん!」と大暴走! 加地役の宮野さんはマイクスタンドからマイクを取って、香穂子役の高木さんに駆け寄ります。水橋さんは「千秋のバカ!」というセリフを思わずアドリブで「加地君のバカ!」と叫んでしまい、綺麗なオチがついてしまいました(笑)。

個性あふれる『コルダ3』キャラソンコーナー

ネオロマンスイベント恒例のキャラクターソングコーナーも、今回は『コルダ3』オンリー。

新曲『1/2(ワンハーフ)』を歌いあげた七海宗介役の増田ゆきさん。楽しいこともつらいことも「はんぶんこ」しましょう、という優しい七海らしい、ほっこりする楽曲でした。三浦祥朗さんは氷渡のキャラクターソング『KEEP or LOSE』を披露し、同じ天音のチェリストでありながら、七海とは対照的なダークな世界観を演出します。

続いてはトーノのキャラクターソング『It’s Magical』。トークコーナーでは、トーノのキャラクターを掴めた瞬間を、この曲の歌詞を見た時だと語った前野さん。実際にトーノの気持ちを噛みしめるように歌いあげ、「俺と出会ってくれてありがとう」と儚げな笑顔をみせました。

ダンスも取り入れた宮野さんならではの圧巻のパフォーマンスで魅せたのは、天宮 静のキャラクターソング『Laboratory Love』「さぁ、恋の実験をしよう」という締めの台詞まで、完璧に世界観を作り上げていました。

最後はアニメ『金色のコルダBlue♪Sky』のオープニングテーマ、Maestro Fields『WINGS TO FLY』で会場が1つに! 真剣にぶつかり合うからこそ恋が生まれる、という“『コルダ3』らしさ”を実感する熱い1曲でした。

19 件
イケメン編集部の日常コメディーマンガ「毎日が沼!」隔週金曜更新

スタッフいちおし

編集者一覧

小日向ハル
二階堂宗一郎
結城まひろ
佐伯圭介
白鳥雅
用語集 気になる用語をCHECK!!