鈴木拡樹「霊に間違われたことがあって(笑)」|アニメ『どろろ』先行上映会レポート!

鈴木拡樹「霊に間違われたことがあって(笑)」|アニメ『どろろ』先行上映会レポート!
手塚治虫原作『どろろ』が2019年にTVアニメ&舞台化、両作品ともに主演・百鬼丸役には鈴木拡樹さんが決定! 2019年1月7日(月)からの放送開始に先がけて、TVアニメ『どろろ』の先行上映会が12月15日(土)に東京・TOHOシネマズ日比谷にて開催されました。アニメ本編の第1話・第2話が上映されるとともに、アニメキャストから百鬼丸役の鈴木拡樹さん、どろろ役の鈴木梨央さんがトークショーへ登場! その様子をレポートします☆
※この先のトークレポートでは、アニメ第2話までの内容を含みます。ご注意ください!

どろろ

自己紹介で「無口を売りにしています」!?

手塚治虫原作の『どろろ』とは、忌み子として生まれ、両腕に刀を仕込む全身作り物の男に育った“百鬼丸”と、幼い盗賊“どろろ”を主人公に、妖怪との戦いが描かれる物語。

2019年、新たにTVアニメ&舞台化されよみがえる今作では、2.5次元俳優として大人気の鈴木拡樹さんが、アニメ・舞台と両作品にて主役・百鬼丸を務めることが話題を呼んでいます。

どろろ1

百鬼丸役・鈴木拡樹さん

そのアニメ版より第1話・第2話が先行上映された今回のイベントでは、アニメ好きで知られるお笑い芸人・天津向さんがMCを担当。アニメ上映を終えると、まずは向さんが登場しますが……「しゃべらないんかい!」という第一声でのツッコミに、客席は大笑い。というのも主演・鈴木拡樹さん演じる百鬼丸は、物語序盤では話すことができず、この日上映された第1話・第2話ではセリフがゼロ!

原作に描かれているモノローグやテレパシーのように言葉を伝える力もなく、今回のアニメ版では、百鬼丸としての鈴木拡樹さんの声は今後をお楽しみに、ということ。そのためキャストの2人も登壇するなり、百鬼丸役・鈴木拡樹さんは「鈴木拡樹です、無口を売りにしています (笑)」と自己紹介して客席を笑わせます。

どろろ2

(左)どろろ役・鈴木梨央さん、(右)百鬼丸役・鈴木拡樹さん

百鬼丸役の鈴木拡樹さん、どろろ役の鈴木梨央さんと、登壇キャストが“W鈴木”だったため、冒頭ではMC・向さんからの「鈴木さん」という呼びかけに、2人が揃って返事を返してしまう場面も。そのため「拡樹さん」「梨央ちゃん」と呼び合うことになり、和やかな雰囲気の中でトークコーナーはスタートします。

百鬼丸は人を勇気づける力を持ったキャラクター

作品についての話題では、鈴木拡樹さんは百鬼丸について「不幸な生い立ちなんですが、それでも戦国の世を強く生きている。強く生きている人を見るとこちらも勇気づけられますし、そういうパワーを持ったキャラクターだなと思います」と紹介。

また原作と比べて今回のアニメ版では「1話まるまるセリフがないじゃないか、という話だったんですが、その変更点もあった上で、最初の百鬼丸は人形のような存在なんです。ストーリーが進むにつれて人間に近づいていく姿が、原作を超えて、皆さんを勇気づける力に変わるといいなと思います」と語ってくれます。

どろろ4

38 件

Comment

コメントはまだありません

この記事のタグ