ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 3rd LIVE@オダイバ《韻踏闘技大會》|熱狂と絶叫のオリジナルレポート

ヒプノシスマイク-Division Rap Battle- 3rd LIVE@オダイバ《韻踏闘技大會》|熱狂と絶叫のオリジナルレポート
2018年11月17日、Zepp Diver Cityにて、男性声優12人によるラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』(以下、『ヒプマイ』)の3rd LIVEが開催されました。 出演は、木村昴、速水奨、白井悠介、斉藤壮馬をはじめとした豪華キャスト11名。8月に開催された2nd LIVEに引き続き、今回も超絶盛り上がった熱いライブの模様をレポートします! ギャラリーとセットリストも公開!

オダイバでブチ上がれ! 3rd LIVE開幕!

前回8月に開催された2nd LIVE同様、木村昴さん(山田一郎役)の”ラップ前説”から3rd LIVEは始まりました。

会場は隙間もないくらいに人・人・人でぎっしり埋まり、各ディビジョンカラーのリングライトが煌めきます。
オープニングでは2nd LIVEの映像が流される中、出演者が一人ずつステージ上に登場しました。
シンジュク・ディビジョン”麻天狼”は、伊東健人さん(観音坂独歩役)、木島隆一さん(伊弉冉一二三役)、速水奨さん(神宮寺寂雷役)の3人。

今回は全員揃ったシブヤ・ディビジョン”Fling Posse”
白井悠介さん(飴村乱数役)に続いて、前回はビデオ出演だった斉藤壮馬さん(夢野幻太郎役)の登場には客席からひときわ大きな歓声が湧きました。そして野津山幸宏さん(有栖川帝統役)が登場し、3人で肩を組んでポーズする姿はPosse(志を一つにする仲間)らしさを感じさせます。

残念ながらリーダー不在のヨコハマ・ディビジョン”MAD TRIGGER CREW”は、神尾晋一郎さん(毒島メイソン理鶯役)と駒田航さん(入間銃兎役)の2人が登場。

そして最後はイケブクロ・ディビジョン”Buster Bros!!!”
天﨑滉平さん(山田三郎役)、石谷春貴さん(山田二郎役)に続いて、この人を置いてヒプマイは語れない、木村昴さん(山田一郎役)がステージに登場するや、怒涛の1曲めは『ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-』
続いて有無を言わさない2曲めは『ヒプノシスマイク -Division Battle Anthem-』
これぞヒプマイ!のアツい2曲の披露に客席は一気に盛り上がります。
その熱気と勢いはものすごく、出演者から少し後ろに下がるように注意が飛ぶほどでした。

ヒプノシスマイク 3rd LIVE@オダイバ《韻踏闘技大會》numan(ヌーマン)1

ヒプノシスマイク 3rd LIVE@オダイバ numan(ヌーマン)2

左馬刻様は仙台で××? 爆笑と絶叫のヨコハマ!

続いては今回欠席となった浅沼晋太郎さん(碧棺左馬刻役)からのビデオメッセージが流れました。
『碧棺左馬刻様』と張り紙のされた楽屋風のドアを開けるとそこには怒り心頭の左馬刻様が。
「おい、聞いてねえぞ。俺が出られねぇ闘技大会なんざありえねぇだろ!(怒)」とカメラをぶち壊します!
……そして画面には「しばらくお待ち下さい」のテロップと4匹の馬のイラストが(笑)。
やがて画面は一転、「ま、全部嘘ですけどね♪」と幻太郎の名台詞をパクり(笑)、浅沼晋太郎さんが登場。
このくだり、まるでコントのようで客席も爆笑していました。
何やら左馬刻は杜の都仙台で若い衆が問題を起こしたということでケジメをつけに行った模様です(笑)。
左馬刻が不在なのは非常に残念だけれども、その分銃兎と理鶯が盛り上げてくれるだろうと、意気込みをラップで語ります。
そして、その呼び込みに応えるように、MAD TRIGGER CREWの2人がステージに登場!各ソロ曲の披露が続きます。

理鶯(神尾さん)の『What's My Name?』に続いて銃兎(駒田さん)『ベイサイド・スモーキングブルース』。
「銃兎、お前の番だ」と声をかける理鶯に「やれやれ」と煙草をくゆらせる銃兎。その姿に客席から歓声が上がります。
客席のボルテージはますますヒートアップ、どんどんと前に押し寄せてくる勢い(モッシュ状態)のようで、客席に向かい、安全のため後ろに下がってくれとお願いする駒田さん。
「下がってくれてありがとう。横浜の皆、守ってやってくれよ皆を!」と駒田さんが言えば、
「よく出来たな」と神尾さんがイケボで絶妙に締め、そのイケボに客席からは悲鳴が上がりました。

ヒプノシスマイク 3rd LIVE@オダイバ numan(ヌーマン)3

MAD TRIGGER CREW

Posseが揃ったシブヤは無敵!? シンジュクはアゲアゲ↑↑、絆のイケブクロ

カラフルなロリポップを片手に登場したのは”Fling Posse”の3人。
幻太郎役の斉藤壮馬さんを迎えて全員が揃ったシブヤ・ディビジョンは、乱数(白井さん)のソロ曲『drops』から! 3人がステージを所狭しと駆け回り、客席を魅了します。
帝統(野津山さん)の『3$EVEN』を挟み、LIVEでは初披露となる幻太郎(斉藤さん)の『シナリオライアー』では、斉藤さんが片手にハードカバーの本を開いて持ち、まるで朗読するかのようにリリックを紡ぎます
そして曲の最後、
「ま、全部、嘘なんだけどね?」
と、幻太郎のお馴染みの台詞と共にくるりと客席に向けられた本のページは……なんと白紙!!!
まさに作家で嘘つきの幻太郎らしい演出に客席からはまたも悲鳴があがるのでした。

”麻天狼”は、待ってました!の一二三(木島さん)の『シャンパンゴールド』から。ミラーボールが煌めき、ノリの良い楽曲とシャンパンコールでアゲアゲのテンションから一転、独歩(伊東さん)は静かにセットに座り込み、『チグリジア』が始まります。
そして寂雷(速水さん)の『迷宮壁』。白衣のような白のロングコートを身にまとった寂雷先生がピンスポットを浴びてステージに立つ姿は、思わず合掌したくなるほどの神々しさ……。

「お前らまだ盛り上がれるんだろうな!」と登場したのは”Buster Bros!!!”。
一郎(木村さん)の『俺が一郎』では、「サイコー! 最後まで声出してくれよな!」と木村さんが客席を盛り上げ、二郎(石谷さん)の『センセンフコク』では、「Let's get started "war"」と客席全員で熱くコール!
ラストの三郎(天﨑さん)『New star』では、三郎が「そのアツイ想いを右手に乗せて僕たちに伝えてください! そうでしょ? 一兄、二郎?」と呼びかけ、その呼びかけに二郎と一郎が「間違いないっしょ」「そりゃそうだ」とこちらも力強く応え、三兄弟の絆を感じさせてくれました。

ヒプノシスマイク 3rd LIVE@オダイバ numan(ヌーマン)4

Fling Posse

ヒプノシスマイク 3rd LIVE@オダイバ numan(ヌーマン)5

麻天狼

ヒプノシスマイク 3rd LIVE@オダイバ numan(ヌーマン)6

Buster Bros!!!

39 件

Comment

コメントはまだありません

この記事のタグ