稲葉友、西銘駿、岩永徹也、佐伯大地、三津谷亮、久保田悠来らがハイスペック男子で誘惑!|映画『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』公開記念舞台挨拶

稲葉友、西銘駿、岩永徹也、佐伯大地、三津谷亮、久保田悠来らがハイスペック男子で誘惑!|映画『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』公開記念舞台挨拶
映画『ダウト~嘘つきオトコは誰?~』公開記念舞台挨拶が、10月5日(土)ユナイテッドシネマ豊洲 スクリーン10 で行われ、主演の堀田茜さん、稲葉友さん、西銘駿さん、岩永徹也さん、佐伯大地さん、三津谷亮さん、藤田富さん、水石亜飛夢さん、永山たかしさん、久保田悠来さん、そして永江二朗監督が登壇しました。

キャスト10名&監督で爆笑トーク!

 2015年から配信スタートし、今までにない“謎解き×恋愛ストーリー”が支持され、大ヒットを記録した同名女性向け恋愛アプリゲームを映画化した本作。
彼氏の浮気発覚をきっかけに婚活パーティーに参加したヒロイン・桜井香菜(堀田さん)が、会場で出会ったさまざまなタイプのハイスペックな10名のオトコたちの嘘を見抜きながら、真実の愛を見つけていく様を描く恋愛ミステリー映画となっています。
 ついに本作が公開された感想を映画初主演の堀田さんは「全然実感が湧かないですが、アプリゲームが原作ということで、原作ファンの方の反響や、原作を知らない方からもどんな反響があるか緊張していますが、すごく楽しんでいただける作品と自信を持って言えるので、感想をいろんな方に広めていただきたいなと思います」とアピール。
商社勤務のエリート唯川至役を演じた稲葉さんは「皆さんに見ていただいて、やっと映画になるなと思うので、皆さんに協力いただいて、この映画がさらに広まっていったら嬉しいなと思います」と笑顔を見せた。
 また、お気に入りのシーンを尋ねられた稲葉さんは、「香菜が母親と電話をするシーン。方言がとっても上手だなと思いながら見ていました」と話すと、人気パティシエ・樫冬也役を演じた三津谷さんも同シーンを挙げ「茜ちゃんが方言を喋るのがすごく好きで、僕は青森出身なので“見でで、いながを思い出すんですよ”」と青森弁で絶賛。新進気鋭の売れっ子クリエイター・玄野梓役を演じた西銘さんは「稲葉くんが男の人たちと一緒にぞろぞろと着いてくるシーン、わかります?」と珍回答。堀田さんは「どこ!?」とツッコミながら笑っていました。人気作家・加賀美和巳役を演じた久保田さんは「僕は堀田さんとがっつりと相撲を取れたところですね。さば折りで負けて、自ら土俵から降りたシーンですね」と嘘をついて会場を沸かせると、稲葉さんから「またダウトしてやがるな!」と痛烈なツッコミを受け、堀田さんも「ダウトー!」とダウトポーズで久保田を指差しました。
 本作では、香菜が“嘘をつかない人”を条件に運命の人を探していくことにちなみ、自身がパートナーに求める“これだけは譲れない条件”を尋ねられると、稲葉さんは「家族と仲良くできる人。そういう人は必然的に全部が良さそうなので」と話し、西銘さんは「柔らかい人。声とか雰囲気とかすべて柔らかい人がいいです。あんまり筋肉質な人もアレですから(笑)」とコメント。香菜の勤務先の取引先のIT企業社長・間宮春一役を演じた岩永さんは「信じてくれる人が好きです。“嘘をつかないで”というのはネガティブなお願いだと思うんですよ。それよりも僕は信じてくれる人が好きで、こっちが言ったことを“世界中の人が嘘って思っても私だけは信じるよ”って人が好き」とコメントすると、堀田さんは「なんかいいこと言ってる…」と岩永さんの発言にしみじみ同意していました。
10 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは