広告をスキップ

美しい…!女装を披露した2.5次元俳優たち。鈴木拡樹、太田基裕etc.

常日頃から舞台・雑誌・SNSなどのあらゆる場所で、さまざまな姿を見せてくれる2.5次元俳優たち。どんな姿もステキですが、中でも“女装”は特別感も相まってテンションが上がってしまいますよね。

そこで今回は2.5次元俳優が披露した“女装姿”を振り返っていきましょう。

DVD『三人どころじゃない吉三』

DVD『三人どころじゃない吉三』

妖艶な美女なら太田基裕。ボンテージ風の衣装も

2.5次元俳優界で妖艶な美女を演じさせたら右に出る者がいない俳優といえば、太田基裕さんではないでしょうか。

「もっくん」の愛称で親しまれる太田さんは、『ミュージカル 刀剣乱舞』の千子村正役や『舞台 弱虫ペダル』の今泉俊輔役などで知られる人物。最近では『舞台 呪術廻戦』の真人役でも話題になりました。

そんな太田さんは女性役を含めた全キャラクターを男性が演じるオールメイル舞台『演劇調異譚「xxxHOLiC」』シリーズで、願いを叶えてくれる不思議な<ミセ>の店主・壱原侑子に抜擢されました。

 

侑子は長い黒髪が特徴のミステリアスで妖艶な美女で、実写ドラマでは杏さん・実写映画では柴咲コウさんが演じています。

また『マグダラなマリア』という舞台シリーズでも、金髪で胸の大きな凛々しい女性高官・アンナ役を熱演。作中ではキャミソール型のボンテージのような姿や、メイド服姿を披露しています。

ネット上でも「もっくんが美人すぎて脳みそがバグる」「化粧でごまかしてないし華奢でもないのに美女なのすごすぎ」と、太田さんの演じる美女にみとれてしまうファンは多いようです。

鈴木拡樹は艶やかな着物姿がハマる。

2.5次元俳優の第一人者ともいわれる鈴木拡樹さんも、過去の作品で女装姿を披露したことが。鈴木さんの場合は女性キャラクターではなく、“女装している男性”役が多いのが特徴です。

例えば『ミュージカル 薄桜鬼 沖田総司篇』では、桜色の着物が似合う美女だが実は主人公の双子の兄である南雲薫を演じました。

恋愛アドベンチャーゲーム『VitaminX』を原作とした舞台では、一見ツインテール美少女な少年・風門寺悟郎を演じています。

また『三人どころじゃない吉三』という舞台では、女の格好をして盗みを働くお嬢吉三役を好演。現代風にアレンジが加えられた、艶やかな和服姿の鈴木さんを見ることができますよ。

竹中凌平、高橋健介、鳥越裕貴らは殺し屋からギャルまで!

ほかにも『あんさんぶるスターズ! THE STAGE』明星スバル役で知られる竹中凌平さんは、『舞台 博多豚骨ラーメンズ』で女装の殺し屋役に。

『アイ☆チュウ ザ・ステージ』では設楽銀河さん・前嶋曜さん・今牧輝琉さんが、3人組の男の娘アイドル・POP'N STARに扮しています。POP'N STARは舞台で歌って踊るシーンもあり、ファンから「ゲームから本当にポプスタが飛び出してきたみたい!」と大好評のよう。

また女装姿が見られるのは、作品の中だけではありません。2.5次元俳優によるYouTubeチャンネル「ぼくたちのあそびば」では、鳥越裕貴さん・高橋健介さん・ゆうたろうさん・井阪郁巳さんがゲストに大平峻也さんを招いて女装姿を披露。

動画では大平さんが不思議の国のアリス風、鳥越さんが雑誌「egg」系ギャル、高橋さんがウエディングドレス姿、ゆうたろうさんがロリメイド姿、井阪さんが長身モデル系美女と、バリエーション豊かな女装姿を楽しめます。

また「ぼくたちのあそびば」の別動画では、舞台で女装する際の苦労話も。ゲストで登場していた長江崚行さんは、女装する役を演じた際に減量制限をおこなっていたと発言。米ではなく玄米を食べるなどの減量で、1カ月で7kgも絞ったそうです。

探してみると、意外とさまざまな場面で見ることができる2.5次元俳優の女装姿。好みの女装姿を探してみるのも楽しいかもしれませんよ。

IMAGE

numan編集部

声優、アニメ、舞台、ゲームまで!オタク女子のための推し活応援メディア

オタ腐★幾星霜