”うたの☆プリンスさまっ♪ 7th Special Anniversary"『うた☆プリ』の軌跡を辿る2日間

”うたの☆プリンスさまっ♪ 7th Special Anniversary"『うた☆プリ』の軌跡を辿る2日間
2017年9月9、10日に開催されたイベント『うたの☆プリンスさまっ♪ 7th Special Anniversary』 。会場内に展示されたパネルやポスターの多さに、”7年”という年月の長さを感じます。そんな『うた☆プリ』の軌跡と奇蹟を辿るイベントレポートをお送りします。

『うた☆プリ』プロジェクト始動から7年!

2017年9月9日、10日に、"うたの☆プリンスさまっ♪ 7th Special Anniversary" のイベントが開催されました。

2010年6月24日にリリースされた『うたの☆プリンスさまっ♪』から7年の年月が経ったとは思えないくらい、今でも新鮮な気持ちで『うたの☆プリンスさまっ♪』シリーズの展開を楽しみにしている方は多いのではないでしょうか。

メディアミックスのひとつとして2011年に『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%』がTVアニメ化され、動くアイドル候補生たちが日本中のファンのハートを鷲掴みにしたのも記憶に新しいように思うのですが、そのTVシリーズも既に4作まで放送されており、劇場版の制作も発表されています。会場内に展示された告知ポスターの多さに”7年”という年月を新たに感じました。

そんな『うた☆プリ』の軌跡と奇蹟をイベントレポートでお届けいたします。




アイドルが踊るミュージックビデオが披露!!

『うたの☆プリンスさまっ♪ 7th Special Anniversary』

2017年8月4日に公式サイトにて発表された『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』のテーマソングCD。ついに! ついに!! ファンが待ちに待っていたミュージックビデオプロジェクトが解禁されました。今までアニメの中でアイドルたちが踊ることはあっても、プロモーションビデオとして、彼らが踊る姿を目にすることはありませんでした。

今までなぜ出ないのかが不思議だったこともあり、この7年目という記念すべき年を迎えて、初めてプロモーションビデオ製作に踏み切った理由はとても気になりますが、とても期待が膨らみますね。今回のアニバーサリーイベントでイベントオリジナルサイズが上映されていましたが、ご覧なられたファンたちの叫びはきっと彼らにも届いていることでしょう。

ST☆RISH(一十木音也(CV:寺島拓篤)、聖川真斗(CV:鈴村健一)、四ノ宮那月(CV:谷山紀章)、一ノ瀬トキヤ(CV:宮野真守)、神宮寺レン(CV::諏訪部順一)、来栖 翔(CV:下野 紘)、愛島セシル(鳥海浩輔))の『Shining☆Romance』は、”デートのエスコート”がテーマ。とってもロマンチックなシチュエーションで、青空の下彼らとデートすることを想像すると今からドキドキしてしまいます。

対するQUARTET NIGHT(寿 嶺二(CV:森久保祥太郎)、黒崎蘭丸(CV:鈴木達央)、美風 藍(CV:蒼井翔太)、カミュ(CV:前野智昭))の『FORCE LIVE』は4人の絆と惹かれ合う力をテーマにした、クールな楽曲となっており、4人が魅せる華麗なダンスが魅力的です。


『Shining☆Romance』と『FORCE LIVE』は共に8月28日にリリースされたスマートフォン向けリズムアクションゲーム『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』のテーマ曲となっていることもあって、両曲のタイトルを合わせると、ゲームのタイトル『Shining Live』になっているんです! 今からミュージックビデオの完成版が待ち遠しいですね!




スペシャルトークショー① 上松さん「『うた☆プリ』は愛でできている 愛には愛で返す」

2017年9月9日に行われたスペシャルトークショーでは、一十木音也役の寺島拓篤さん、原作・音楽プロデューサー上松範康(Elements Garden)さんに加え、MCに岩井勇気(ハライチ)さんが登壇されました。

上松さんが「一番最初のイベントでは僕と宮野真守君の二人だけで、プリンスホテルの貴賓室で制作発表会を行ったんですよ」とお話され、50名ほどのお客様の前でキャラの説明や、ゲームの概念等を説明したことを振り返られました。

当時、上松さんはレン様を意識されていて、黒いベストを着てコス風で登壇されたそうで、そのコメントには会場からは歓声が。

また、スタッフの方々(の作品にかける)愛も格別で、グランドプリンスホテル高輪の貴賓室で行われた制作発表会には、全員のご招待はできなかったけど、招待状を手折して送られたというお話や、紺野プロデューサーが「命をかけてやります!」と聖川真斗ばりの武士の目で「絶対に(このプロジェクトを)やりきる!」という気持ちを(上松さんが)強く感じられたというエピソード、そして何よりも「スタッフの”愛”をお客様の一人ひとりに届けたいというその気持ちが今でもずっと続いているんです」という上松さんのコメントに、会場は感動の嵐でした。

寺島さんも「音ゲーが独特で、すごく難しかった記憶、ゲーム毎に特性があるので、それが『うた☆プリ』の個性だなって思う。(『うた☆プリ』が)出た当初は、アイドル物が少なかったので、先駆け的なものだと思っています。キャラクターにまっすぐ向き合う気持ちは変わらないけど、当時はもっとがむしゃらだった、キャラと自分が一緒に育っていくという気持ちを体験しました」と当時を振り返られていました。
そんな寺島さんに、上松さんは「音也は寺島くんしかいないと思っている」とのコメント。

寺島さんが「やっていくうちに成長してると思うし、一十木音也と役者寺島が向き合って、音也が独り歩きしているようにも思う」と一十木音也という役について語れば、上松さんは「この前のライブとか、寺島くんが音也にしか見えなかった。音也の魂が入ってきて喋ってくれてるんだなって」と、5月に行われた『マジLOVELIVE 6th STAGE』について語られました。

『うたの☆プリンスさまっ♪ 7th Special Anniversary』

岩井さんが「いつも(ライブの抽選に)僕外れるんです、ナマで一度も見られたことがないんです」と告白すると、寺島さんが「屋外で20万人ライブとかやればいい」と会場をわかせました。「まさかメットライフドームでライブができるなんて! 最初聞いた時腰を抜かすかと思った、何なの『うた☆プリ』って! って思った」と、上松さん。

岩井さんからの「プロジェクト始動当初から、このような状態を想像されていましたか?」という質問に上松さんは「アイドルたちがお客様の前で手を振っているのは想像ついたけど、ドームはその時想像していなかった、回数を重ねてから(そう思うようになった)」と、『うた☆プリ』の成長を嬉しく思う姿も。

また、「タイトルに星や音符を入れると決まったけど、通販サイトで星や音符が使えないということで動揺したり、星を入れる表記ができないことがあったので、小売店の注文も大変だったのでは」と、当時の苦労も。確かに、サイトでは“☆”や“♪”は表現できませんよね……。

そして、『うたの☆プリンスさまっ♪』というタイトルが決まり、ゲームの発売前にCDリリースがあった2010年当時のことは、「オーディションソングとして発売したものをトップアーティストのように展開してくれて嬉しかった、まだ(世に)でていないゲームの曲を仕入れてくれる、本来はゲームあってこそのCDだけど、この作品は音楽あってこそなので、その思い入れが伝わってくれて嬉しかった」と、まさに愛には愛で返されているエピソードをお話されました。




スペシャルトークショー② 上松さん「“七海春歌”は天才であり、アイドルたちの気持ちの代弁者でもある」

上松さんは主人公である”七海春歌”については”天才”と述べた上で、彼女が一番大事にしている「プリンスたちが何を伝えたいか」ということを代弁。
上松さん「もちろんキャラもちゃんと応えてくれるし、音也は代表して出てきて、ST☆RISHの歌などに意見をくれたりするし、トキヤはストイックだから、目で訴えて「私の一番高いキーで歌わせてください」って言ってくる(笑)。だから作曲する時にはプレッシャーがない、彼らに問いかけていれば答えはあるし、春歌はそれを汲み取って曲にしているだけ」と、まさにご自身に“七海春歌”が降臨されているかのようなエピソードを披露。

寺島さんはご自身の役柄である一十木音也については、「音也は邪気がないというか、裏がないというか、隠れてた部分はでてきたけど、隠してたわけじゃない、全部本当で嘘がない。一貫性があって、まさに名前の通りで、そういう人間はとても好きですね」と語ります。

『うたの☆プリンスさまっ♪ 7th Special Anniversary』

25 件

Comment

コメントはまだありません

この記事のタグ