名作ゲーム『FF6』ケフカが問う哲学的な言葉。いま私たちが生きていく意味とは

掲載/更新 1
名作ゲーム『FF6』ケフカが問う哲学的な言葉。いま私たちが生きていく意味とは
『ファイナルファンタジー』シリーズ6作目『FF6』に登場するケフカが発した哲学的な名言。なぜ私たちは生きるのか、セリフを通して小川満鈴さんがその意味を考えていきます。
IMAGE
幼いころから大人なるになるまで、ずっと私たちの身近にある漫画やアニメ。
キャラクターが発した台詞が心から離れない、という経験をした人は多いのではないでしょうか。

作品の“名言”を振り返る本シリーズ。
今回は1994年4月2日にスクウェア(現・スクウェア・エニックス)より発売された大ヒットゲーム『ファイナルファンタジーVI』から心に響いたフレーズをご紹介します。
セーラームーンを筆頭に、90年代コンテンツを愛する小川満鈴さんに影響を与えた言葉とは?

※特性上、作品の内容に触れています。

『ファイナルファンタジー6 アドバンス 公式コンプリートガイド』

『ファイナルファンタジー6 アドバンス 公式コンプリートガイド』(スクウェア・エニックス )より

滅ぶとわかっていながらなぜ作る?死ぬとわかっていながらなぜ生きようとする?
これはFF6のラスボス、「ケフカ」のセリフです。

ちょっと厨二病っぽい感じもありますが、突き詰めますと人間はいつかは必ず滅びますし、例えば寿命だってあります。今勤めている会社だっていつかはなくなりますし、お店だってなくなります。
でも、それでも目の前のことを懸命にがんばる「しかない」のが人間です。

なんだか哲学のようで、結構重いテーマですが、命を絶ってしまう人やすぐに何かを諦めてしまう人に逆に伝えたいと思いました。

“ケフカ”のギャップが怖かった

今回は名作RPG『ファイナルファンタジー』シリーズの中から、ナンバリングタイトルでございます『FF6』の中から私が心に残ったセリフをご紹介させていただきたいのですが、素直に言いますと、実はFFは1、2、4、5、6、7、9しかプレイしていません……そこは申し訳ありません……。

『FF6』は私の中で結構衝撃的な作品でして、なんと言いますか、全体的にすごくダークな雰囲気が漂っているんですよね……。オープニングもなんだか怖いし、ナルシェの雪山の中を歩く魔導アーマーの不気味さも怖くて、そしてFF6のタイトルが浮かび上がってくる時のファーファーという音楽も怖すぎる……(これ伝わっているかしら?)。
20 件

この記事のタグ

Comment

2021-11-09べっち

私も多感な時期にFF6をプレイしました。
当時の世相を反映してか、使用されている楽曲も相まって物悲しく不安定な心になる雰囲気を覚えています。

設定によると、ケフカは魔導実験によって思考と感情を狂わされてしまったとの事です。
全てにおいて虚無としか理解出来ない状況にあっては、人は絶望を感じるしか無いのかもしれません。

とは言え、人間は与えられた命を全うする義務もあると思います。
自ら命を断つ人を救う方法など解るハズも無いですが、あなたと同じく中2心をくすぐられたのでコメントさせて頂きました。

長文失礼しました。