小松準弥インタビュー! 舞台『デルフィニア戦記~獅子王と妃将軍~』

小松準弥インタビュー! 舞台『デルフィニア戦記~獅子王と妃将軍~』
6月19日に初日を控える舞台『デルフィニア戦記~獅子王と妃将軍~』。numanではヴァンツァー役を演じる小松準弥さんにインタビューを実施、舞台への意気込みやキャラクターに対する気持ちを語っていただきました!
IMAGE
シリーズ累計で335 万部を突破し、第1 巻の刊行から25 年が過ぎた今でも新作が発表される作家・茅田砂胡の代表作『デルフィニア戦記』
舞台は初演から演出・脚本を児玉明子さんが担当し、その壮大なスケールとクオリティーの高さで評判を博しています。

6月19日に初日を控えた第三弾の「獅子王と妃将軍」が公演間近に迫り、東京ドームシティ シアターGロッソでの稽古の中、numanは、第二弾に引き続きヴァンツァー役を演じる小松準弥さんにインタビューを実施しました。

小松準弥「この作品、本当に面白いんです!!」舞台『デルフィニア戦記~獅子王と妃将軍~』インタビュー numan3

▲小松準弥さん

ヴァンツァーは本当に孤独な人。彼の内面に動いている気持ちを演じたい

――上演を直前に控え、稽古を重ねたヴァンツァー役への今の想いを伺えますか?
小松準弥 ヴァンツァーはファロット一族に所属している人間で、ファロット一族に属している人たちはみんな闇を抱えているんです。
その中でも特にヴァンツァーは死ぬべきときに死ねなかった人なので、自分の命に何の意味があるのか? という思いをずっと抱いています。だからこそ同じように死ねなかったシェラ(林翔太)にとても興味を持っていて、シェラを追い詰めていくという役なんです。

 ヴァンツァーは自分の感情をはっきりと表現しない人で、もしかしたらお客様には、“この人は何を思っているのだろう?”という感じに見えるかもしれません。
でも僕はそれでいいと思っていて、その分、板の上で起こっていることに対する彼の心の動きを表現することを重視したいです。

ヴァンツァーは本当に孤独な人だと稽古を重ねていくたびに僕は感じています。シェラはどんどん変わっていくのに、ヴァンツァーは呪縛に縛られたままですからね。
ヴァンツァーの孤独な部分もきちんと感じていただけるよう、前作よりももっと彼の内面を繊細な部分まで生身の体を通して、しっかり伝えていきたいと思っています。
14 件
aichu

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは