前山剛久 独占インタビュー 1st写真集『Dream of me.』

前山剛久 独占インタビュー 1st写真集『Dream of me.』
コダワリを見せたストーリー性のある前山剛久さんの初写真集。「僕の夢でもあり、そして皆さんが作り上げてくれた僕だからこそ出せた『Dream of me.』という作品だと思っています」と、前ちゃんらしさ溢れる、優しさと熱量で話してくださいました。

テーマは”夢”|何色にも染まる白パジャマ姿からセルフプロデュース

――待望の写真集ですね、まずは感想を。

前山剛久さん(以下、前山) 今年、ファースト写真集を出せたことは本当にいいタイミングだったと感じています。
20歳くらいの若い時期ではなく、自分が経験してきたいろんなことを踏まえつつ、意見を交換し、提案しながら出せた今がベストでした。そんな実感が沸いてきています。

――セルフプロデュースということですが、いろんな意見をスタッフの方とお話しされたと思います。

前山 自分が写真集を作ることがあれば、セルフプロデュースで出したいと思っていました。写真集のコンセプトや、ページ数、洋服のイメージ等、たくさんのことをスタッフさんと話し合い、“夢”というテーマから、俳優として様々な部分をセルフプロデュースするというのが自分の中でしっくりきたんです。
白のパジャマ姿の自分が眠りに入って、いろんな自分に出会うというところを入り口として考えました。
――白のパジャマ姿からストーリーが始まるんですね。

前山 はい。白は何にでも染まる色で、一番フラットな自分ということで白から始めたかったんです。
そして白の自分が黒い衣装に変化することで、自分が憧れだった音楽の部分をイメージすると共に、明るい面もあれば、暗い面もあるという二面性を表現したくてこの対比の部分はこだわりました。
パジャマが汚れていく写真は、人生は綺麗なことだけではなく汚れていくこともあるというメッセージ等も入れつつ(笑)。
細かい部分では、写真集のカバー裏の部分にもオフショットを入れるなど、最後まで飽きないような作りにしています。いろいろと細かい部分も発見してくださると、とても嬉しいです。

――写真から前山さんの歴史を感じ取れますし、未来を感じることもできます。

前山 最後の夕暮れのショットは、撮影している時に提案していただいたシーンで、“未来に託す”という言葉を聞いた時に、僕もとてもいい案だと思いました。どこか前向きな自分、もっと役者として演技や表現の幅を広げていきたいという未来の気持ちです。
19 件

RECOMMEND

この記事のタグ

Comment

コメントはまだありません

編集者一覧

  • 小日向ハル
  • 二階堂宗一郎
  • 結城まひろ
  • 佐伯圭介
  • 白鳥雅
  • 乙女企画とは